分電盤火災に注意

先程、沖縄の首里城で火災がありました。

昨日時点で電気のショートが原因ではないとの調査が上がっています。

しかし、専門家によると電気による火災ではもう一つ注意しなければならない箇所があると言う。

東京では年間4000件の火災のうち1/4は電気系トラブルが原因。

この中には電気のショート以外にも火災を引き起こす原因があるようです。

分電盤の中のブレーカーと配線との接続をしているネジの緩みにより熱を持ち、発火すると言う例も少なからずあると、元麻布消防署長の坂口隆夫氏は警鐘を鳴らす。(テレビ朝日のグッドモーニングより)

(上の画像は東京消防庁ホームページから)

是非この際にチェックをして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です