床上浸水後の消毒

2019年10月の台風19号で床上浸水に

床上45センチの浸水のお宅の壁と床を解体しました。

解体したお部屋はオーディオルーム兼リビング。

水を吸う建材が多い

音を遮る為に壁は石膏ボード2枚張り。

床はカーペット敷で、その下には断熱材が2枚の板にサンドイッチされる状態で組み込まれています。

断熱座、石膏ボード、カーペット、など水を吸収する建材が多いです。

石膏ボードは全部解体するのが本来は良いも思いますが、それなりに費用はかさみます。

費用を抑えて工事を

出来るだけ使える部材は使うと言う方針で工事を行います。

国や自治体から支給される復興助成金は電化製品買い替えや建物の修理費からすると微々たるものになってしまいます。

そこで、床から90cmから下の石膏ボード、断熱材、床板、床の断熱材、更には床下の防湿ビニールを解体撤去することにしました。

壁の後は床。(格子状の木組みは根太です)

消毒工事

水道水ではなく川の氾濫の水を含んでいた為、かなり雑菌が繁殖しています。

除菌の為に消毒工事を行い、その後乾燥させます。

やはり浸水被害の復旧工事は簡単ではないと痛感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です