収納折戸が下がってきたら危険です

折戸が外れ掛かると危険です

折戸の芯棒が曲がってしまいました。

この建物で新築時に特注した折戸です。

建具屋さんがそれぞれのお部屋に合わせて製作したもの。

本来は扉自体がもっと上に位置すべきなのですが調整が出来ない為心棒が受け材から外れそうな位置まで下がり、さらに曲がって外れる寸前までいってしまったのです。

もし芯棒が外れたら折戸が突然倒れて怪我をする恐れもあります。

交換をすることに

怪我をする可能性もあるので調整が出来ないので交換することにしました。

新しい折戸を設置するので解体撤去しました。

大建工業の収納折戸

大建工業の収納折戸を設置しました。

古い建具には枠がありませんでしたが既製品(寸法は特注です)なので枠はあり、三方枠と四方枠から選べます。

既存の建具や扉枠などは同じデザインの木目調で統一されていましたが、新しい折戸に同じ木目柄はありません。

白系の木目にしました。

20年経過すると家の中も少しづつ劣化してしまいます。

一度に全ての建具を入れ替えれば理想的ですが、なかなかそうはいきません。

ご予算に応じて提案をしております。

何なりとお気軽にお問い合わせください。

電話:044-861-1126

解決工房 田辺まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です