床のキシミ音

床鳴りはなくせるか

床鳴りの解消を依頼されることがあります。

はじめに申し上げますが、全ての床鳴りは解消できます。

ただし安く修復できる場合もあれば、かなりの費用がかさむ場合もあります。

床鳴りの仕組み

では床鳴りはどう言う仕組みで発生するのかを考えてみます。

一番多いのは釘が錆びて細くなりピストン運動をする事でギシギシと音がするケース。

もう一つは張り合わせた板同士が擦れて音がするケース。

大きくはこの2つが原因ですが、もちろんこれ以外にもあります。

足下のすぐ下ではなく根太がシーソー運動をして壁側の根太を止めている釘がやはりピストン運動する場合や根太が壁側の何かしらの材と擦れる場合などがそれです。

どこが鳴っているのか/原因調査

今回はクッションフロア(CF)を剥がすことが出来るので調査は可能です。

板に打ち付けられている釘を1本1本引き抜き確かめます。

抜いた釘

釘を抜く度に歩いて「キシミ音」を確かめ、ダメだったら次に釘を抜きまた確かめます。

復旧工事

これで床鳴りがなくなれば、板と根太を今度は木ネジで留めます。

パテ処理をしてCFを貼れば終わりです。(ただし、しばらくして、それまでは音がしなかった別の釘が鳴り始めることもあります・・・これが厄介です)

今回のケースは全ての釘を抜いたのでバールを叩き込む時に板の割れが多く、新しい板に張り替えました。

今回の工事では念の為、大工さんに根太の補強と掛かる大引きまで確認してもらいました。

調査時間はどれ位かかるの?

今回の面積は約4㎡でしたので、一日で終わります。

床鳴りの修復工事は「ついで」では出来ません

床鳴りは「ついでに床鳴りもお願いします」と言われることがありますが、「ついで」では修復できないと考えて頂けると幸いです。

費用はどれくらいかかるの?

このようにCFの場合は比較的安価で済みます。

フローリングやその下の下地を全て張り替えるとなるとかなりの費用になることもあります。

結論:キシミ音は費用対効果を考えましょう

必ず事前に費用の概算をお伝えします。

工事をするか否かは、費用に対しての効果があるとお考えになるか

費用の割には効果がないなど、お考えになって判断して頂ければと思います。

例えば1か所のキシミ音を消すのにフローリング全部を張り替えるとなると下地から入れ替えて100万円近く掛かることもあります。

こういう場合は我慢して頂くことも選択肢の一つです。

また、例えば設備のリフォームをする時に併せてキシミ音の修復もするなどの副次的な工事として考えれば費用も安くなることもあります。

床鳴り、キシミ音の調査も受け付けております。

質問やご相談はお気軽にご連絡下さい。

電話:0448611126

メールは mt@kaiketsu-kobo.com

解決工房((有)ユーズ)田辺まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です