ナショナル製ミニキッチン換気扇の交換2

ナショナルのミニキッチンの換気扇の交換をしました。

以前も同等の交換工事をしました。

換気扇の埋込寸法が295mm×265mmと言う長方形です。

この時代のダクト換気扇は一旦埋め込んだら外れないタイプで、鉄の筐体を一部切断して、曲げて外しました。

ダクトが外れないタイプ。

お風呂の点検口からダクトの方向を確認したところ収納の上を通っているのでこの天井を解体しそこから手を伸ばし換気扇のダクトを外します。

換気扇本体をねじって取り外します。

次は長方形の埋め込みを真四角の240ミリ角にする為下地を作ります。

キッチンの天井なので不燃材のキッチンパネルを表面に貼ることで安全性を確保。

後はこの作業を逆回しで再生するように取り付けていきます。

265ミリと295ミリの穴をキッチンパネルで小さくしたのでつぎはぎになりましたが、カバーである程度は隠れるので普通に使うには問題はないと思います。(この後隙間はコーキング処理をしました)

ミニキッチンを交換する費用から比べるとかなりリーズナブルに再使用できる状況になりました。

工事時間は2時間半。

キッチン交換であれば換気扇の交換だけでこんなに時間がかかることはありません。

キッチン交換する時は天井や壁の一部を解体し、ボードを貼り直す工事やクロスの貼替も必要になります。

今回は費用を抑えるリフォームでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です