トイレの水つまりで26万円!?

テレビ朝日の「モーニングショー」の内容です。

トイレが詰まって便器の中の水があふれそうになったのでネットで業者を探して基本料金が安かったので来てもらった。

すると26万円請求された、とのこと。

被害を語る女性は仕事があったのでフィアンセに託したのですが、フィアンセは不信感を持ちながらも26万円を支払った。

工事の前に大体いくら位なのか、聞いたのだが、「便器を外して中をみないと分からない」の一点張り。

どんどん工事を進めて行った為工事前には値段の告知はなかったようです。

実はこの支払いの後大喧嘩したそうで破断になりかけたと言うエピソードを語っていたようです。

しかし悪いのはこの業者の方です。

26万円と言う価格は最新の便器に交換し、しかもウォシュレットも割と良いものを装備でき、工事費も入れて、さらにクロスなどの内装も貼替える位の価格です。

業者は「便器を外してみないと分からない」と言ったこの言葉は私たちでも言うことです。

リフォームや修理は予想できないことがあり、簡単に価格を言うことはできないのです。

昨日のブログのように原因が壁内で目視できない事がある為「さっきは○○円って言ったでしょ?」と言われるのが嫌、と言うよりも『騙した』ととられるのが精神的にダメージが大きいのです。

モーニングショーではこの事件の他、69歳の男性が100万円を超える請求をされたと言う事例が報告されていました。

なお、トイレの水漏れの修復工事では内容にもよりますが、目安として3万円前後が一般的だと思います。

26万円と言うと9倍ですからねぇ。

一番注意しなければならないのは「焦り」です。

集合住宅にお住まいの方は周囲に水漏れを起こしてはいけない、迷惑をかけては申し訳ないと言う気持ちがあると高くても仕方がないと言う気持ちになる。

トイレが使えなくなると困る、と言う気持ちが働き早く工事を終わらせようとする為事前に金額を聞かないで工事を進めてしまうのです。

落ち着いて行動しましょう。

おかしいな?この金額って普通?と思うような事があったらご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です