フローリングの劣化の修復について

初めてのケースですが、フローリングの面材と言いますか表面が浮いているのが分かりますでしょうか?

フローリングの張り替え、またはこの上から塩ビタイルを貼るのが良いと思います。

今回は諸事情から補修をする事にしました。

何故このようになったのか。

本来フローリングは合板と同じように薄い板を何十枚も重ね合わせて強力な接着剤で且つ強力な圧力でプラスして成形します。

この数十枚の層のうちの接着力が弱まって層が剥がれてしまった。

推測の域を出ませんが水分をこの部分にこぼしてしまい劣化を早めてしまったのではないかと思います。

しかも浮いた側の方が少し弧を描いているので普通の接着剤では付きません。

強力な接着剤を使用して釘で浮かないように止めました。

これだと釘跡が見えるので周りの色と同化するように補修剤を充填しました。

これでほぼ分からなくなったと思います。

ただし、数年経ったら塩ビタイルを貼るのが最善の方法だと思います。

またその時になったらリフォームをご提案します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です