ドラム式洗濯機にしたら蛇口に当たって設置できない…

一層式洗濯機からドラム式洗濯機に替えると排水ホースの問題が生じるとブログで書きました。

その他にもう一点蛇口の高さの問題があります。

ドラム式洗濯機の高さは大まかに行って1m10cm前後です。

普通の洗濯機の高さが90cm前後なので約20cm高いですね。

一般的に洗濯機水栓(蛇口)の高さは1m15cm

単純にドラム式洗濯機の高さとほぼ同じなので洗濯機スペースが小さいとドラム式洗濯機と蛇口が干渉してしまいます。

となると蛇口の高さも変えなければいけません。

前に排水ホースが潰れるなどの問題点があるので洗濯機パンも新しくした方が良いとお伝えしました。

すると洗濯機パンが10cm高くなりそこに110cmのドラム式洗濯機を乗せると120cmになる計算です。

洗濯機用のホース(蛇口から洗濯機までの耐圧ホースの事)の差し込みなどを考えると130cmはさいていでも必要と言うことになります。

画像ではかさ上げ用の洗濯機パンの上にドラム式洗濯機を乗せたところで120cm。

それを計算して蛇口の付け根(水道管の出し位置)は140cmにしましたがちょうど良い位置にあると思います。

洗濯機がない状態で見ると「ずいぶん高い位置に蛇口があるなぁ」と言う印象を持たれるかも知れせん。

しかし実際使うようになると何の不自然さも感じなくなるのです。

将来ドラム式洗濯機にする場合は購入前に蛇口の位置、洗濯機パンをかさ上げタイプにするなどリフォームが必要だと思います。

蛇口を高くする場合は壁を一部開口して配管をやり直す。

洗濯機パンを新しくする場合は排水管の位置を変える為に床を一部壊さなければなりません。(開口と復旧の大工工事が必要)

壁紙を開口したら壁紙の貼り替え。床を開口したら床のシートの貼替が必要になります。

どんな工事が必要になるのでしょうか?

疑問や質問はこちらまでお願いします。

One Reply to “ドラム式洗濯機にしたら蛇口に当たって設置できない…”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です