洗濯機を新しくした後蛇口から水が漏れる

洗濯機を新しくすると電気屋さんが運んで設置までしてくれます。

交換した後蛇口から水が漏れ始める事があります。

洗濯機と蛇口からのホースは洗濯機を設置した後、全く動かさないと思います。

10年15年そのままだとホースも硬くなり逆にホースの形を変えることするできなくなります。

ホースがそのままだと蛇口もまず動かさない。

水道水はカルキを含んでいますのでこれが毎日微力ながら固まっていきます。

蛇口のパッキンはゴムで柔軟性があるので水漏れを起こさないのですがゴムも10年15年使うとカチカチになります。

しかしカチカチになると少し縮むので隙間が出来るはず。

パッキンのゴムが縮んでも、硬くなってもカルキが隙間に入って固形化するのでそういう意味で水漏れが起きません。

しかし洗濯機の入れ替えの時蛇口を触ったりホースをつなぎなおしたりするその時に栓の役割を果たしていたカルキが割れて水漏れが発生します。

結局のところ経年劣化です。

パッキンを交換しても数ヶ月後にはまた水漏れが始まる事が多いです。

新しい蛇口に交換する事をお勧めします。

水漏れはマンションの場合階下の人に迷惑が掛かりますし、自分の家だからと放置するとカビが生えてしまったり建材を腐食させたりします。

これを修復する費用や階下の方からのクレームなどの心理的ダメージを考えると蛇口交換をして水漏れを防ぐ方が費用は格段に安価です。

新しい蛇口は万が一洗濯機ホースが外れても水が止まるので安心して使えます。

ペットなどがじゃれてホースを外しても長期留守にしていて外れても水があふれることはありません。

洗濯機交換するなら同時に蛇口交換もした方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です