ユニットバス工事をしていたら雨漏り箇所が見つかった!

お風呂のリフォームをした時に雨漏りの跡が見つかりました。

ユニットバスの解体後で発覚しました。

どうやら外から入っている線のあたりに水漏れの跡がくっきりと残っています。

その他、ジワっとしみた跡が見受けられます。

内壁は合板ですが、一部分は紙のようにペラペラになっています。

外壁はレンガ調のタイルで仕上がっていますがここから浸入したのか、配線や配管の貫通部分から雨が浸入したのかはなんとも言えません。

サイディングではなく、凸凹したタイル張りなので目地の部分は分かりにくいことと、電気の引き込み線や各種配管もあり、さらに雨樋の指示金具も刺さっています。

こうした状況もあり非常に雨漏り箇所が見つけにくいです。

施主様に報告しました。

直ぐに雨漏りの修復工事をした方が良いと思ったのですが、どうやら既に雨漏りはご存知のようでした。

何度か修復をしたそうです。

その時の原因はベランダあたりとのこと。

しかし画像を見るとその他からも雨漏りがあるようです。

12月も半ばなので年内に大きな工事は行わないようにして外壁の雨漏りしそうな部分を外からシール工事することにしました。

概算となりますが見積りを提出して了解を得てから工事を行うことに。

雨漏りで一番怖いのが構造体が腐食することで、柱、梁、土台などは死守したいです。

構造体を交換するのはかなり大掛かりな工事になるからです。

ではどのような工事をすべきか。

現時点で言えるのは雨に日に再度確認をさせてもらうのが一番良いと思います。

ある程度目星をつけたら外壁を解体し原因を直して修復するしかないように思います。

雨漏りは調査と修復の繰り返しで複数の原因を突き止めていかなければならないので根気が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です