テレワーク、書斎のレイアウトを考えてみる

テレワークの時の書斎のレイアウト、どうすれば良い?

色々な家庭事情があるでしょうから一概には言えませんが、今日は理想のレイアウトを。

テレワーク用の書斎だから狭くてもOK

例えば洋室を本棚などで間仕切りをして小さくても良いのでデスクを置く、と言うのも良いのではないでしょうか?

洋室を2つに区切って使うと言うレイアウトです。

リビングだと家族が集まって来るので少し使いづらいかも知れませんね。

これが理想的なテレワーク用の書斎

大建工業さんが綺麗なレイアウトを見せてくれました。

大建工業のテレワークプラン

できればこんな書斎で仕事をしたいものです。

書斎のある方もない方もコロナの時代です。

自宅での仕事の仕方を考えなければならない時代ですね。

簡単なプラン

私が考えるプランはテレワークは一時的なものとして、パーテーションをデスクの周りに置いて仕切られた空間を作りそこで仕事をすると言うものです。

しかし私たちが考えると大工などの工事が出てくることしかあまり考えられない、と思っていたら1人用のテントがあるんですね。

参考にしてください。

こんなものに頼らなくても良い時代に戻りたいです。

リフォームでテレワーク用の書斎を作るなら

洋室にもう一つの扉を設置し真ん中に普通の部屋と同じように間仕切り壁を造作します。

コンセントが片方にしかない場合は壁設置の前に配線工事をしておきます。

単に部屋が半分になってしまうと言うものです。

間仕切り壁を造作する時、窓がどちら側にあるかで片方が真っ暗になることもあります。

天井にある照明用の引掛シーリングも1つでしょうから、分岐するか別の照明器具を取り付けるか、

など本格的にやると工事が多くなるのは確かですが、しっかりした物になります。

(賃貸物件では大家さんの許可がないとできません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です