住まいのお悩み!解決工房へ! 〜住まいのお悩みご相談ください〜

ガスコンロが「ボンッ」と音がして消えかかる時の対策

コンロ リフォーム 暮らし


ガスコンロがボンッと音がして消えたり消えかかったりする時の対策

ガスコンロが途中でボンッと音がして消えたり消えかかったりする症状が出た時の2つの対策

  • 部品交換をする
  • 本体を交換する

ガスコンロがボンッと音がするのはどんな状態でしょうか

以下の画像を観てください。

部品交換をする

交換して10年以下の場合は部品を交換するかメーカーに修理を依頼することができます。

しかし20年以上経過したコンロは自動消化装置もありませんし、部品交換はできません。

部品の製造義務は本体の製造を終了して10年間と決められているからです。

ガスコンロを新しく交換

20年以上経過したコンロは、ボンッと音がする状態になると修理ができませんので本体を交換しましょう。

2008年に製造も販売も自動消化機能が付いていないコンロは販売が禁止されました。

自動消化装置のないコンロは少なくとも12年以上経過している計算になります。

12年経過していたら修理はなかなかできないと思います。

 

結論「10年を超えたコンロは交換が必要」

製造から10年がメーカーが推奨する交換時期です。

それ以上は部品が供給されていれば修理可能ですが、部品供給が打ち切られてしまうと新しいコンロに交換するしか方法がありません。


コンロの使用期限についてハーマンが説明しています。

ちなみにPanasonicの部品調達期間についてはこちらに記されています。