キッチンリフォームで吊り戸棚はいらない

キッチンの吊り戸棚はいらない

最近「吊り戸棚はいらない」と言うお客様がいらっしゃいました。

1物件をはさんで、また「吊り戸棚はいらない」と言うご依頼がありました。

吊り戸棚の必要性

意外と使わないことに今更ながら驚きます。

  • 背が低いので使いづらい
  • 一度しまうと数年間そのまま
  • 「断捨離」の影響で調理器具や食器を減らした

 

手が届かない

いちいち踏み台に乗って物を取るのは面倒くさい、高齢者になると不安定になるので非常に危険です。

私は「ハンドムーブ」と言う高いところの物を手で引き下げる機構の吊り戸棚をすすめたのですが無用でした。

そもそも手が届かないところに物をしまわないのは納得の一言でした。

吊り戸棚のある今までのキッチン

 

一度しまうと数年間そのまま

私は身長が178cmあるので吊り戸棚には手が届きますので、吊り戸棚の下の段の物はよく出し入れします。

ただ上の段には流石に手が届かないので言われてみると「数年間触ったことがない」が正直なところです。

 

断捨離が流行って物を捨てた

断捨離と言う言葉が一般化して不要なものは捨てるとか売るとかして家の中がスッキリした。

ご家族が亡くなって遺品整理をしたので物がなくなった。

合わせて使わない食器や調理道具も整理したら、使い安くなったし、吊り戸棚に入れる物がなくなった。

 

吊り戸棚レスが今後のスタンダードか?

最低限の道具があれば料理はできます。

ただし、家族構成で物が多いご家庭は少しでも収納が多い方が良いですから吊り戸棚が必要になります。

今までは吊り戸棚はセットとしてとらえていましたが、これからは各家庭の生活スタイルによって選択する時代になったのだと思いますが皆さんはどうお考えですか?

吊戸棚をなくしてリフォームしたキッチン

 


ちなみにほとんどのキッチンは吊り戸棚は取り付けても取り付けなくてもどちらでも大丈夫です。必ず選べるシステムなので不要な場合は「いりません」と言えば吊り戸棚分の金額は安くなります。

One Reply to “キッチンリフォームで吊り戸棚はいらない”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です