住まいのお悩み解決!相談するなら解決工房へ 〜住まいのお悩みはご相談ください〜

カーテンに関する記事一覧


カーテン

ビニール幕は飛沫感染予防で多く使われていますが、タチカワブラインドからビニールのロールスクリーンが出ました。ビニール幕を上げたり下げたりできるので、必要でない時は上げておけば気にならない。

カーテン

歩行者や隣の建物からの視線が気になる場合、レースのカーテンで良い物があります。外から中は見えない。しかし中から外は見える。ただし、昼間でも外からの光が少し入りにくくなりますので、若干暗くなります。ミラー調のレースカーテン。今回紹介するのはサンゲツです。

カーテン

正面付けのカーテンレールの場合、夜明けの頃カーテレールの上から光が漏れます。それを防ぐにはカーテンボックスが一番ですが、工事をせずに光漏れを防ぐものもあります。ただ、最低限の機能として考えれば光を防ぐ方法はあります。割と簡単にできますし、安く仕上がります。 その方法とは?

カーテン

カーテンレールを固定しているネジの所が割れてしまっている場合は、是非ネジの位置を変えましょう。そのまま使い続けると毎日カーテンを開けたり閉めたりする時に負荷が掛かって外れてしまいますし正常に固定されているネジの所に倍以上の負荷が掛かってそのネジの所も割れてしまいます。そうなるまえに少しの手間でネジの位置を変えましょう。

カーテン 間仕切

窓にはカーテンと固定観念のある方もいらっしゃるかもしれません。ブラインド、ロールスクリーンなどがあります。ブラインドは視線をシャットアウトして光だけ取り入れることも出来ます。ロールスクリーンは真っ平の生地なので壁に同化しやすいと思います。生活に合わせてインテリアを選びましょう。