キッチンのタイルの目地の汚れが気になる

キッチンの前にはタイル張りの壁があります。

これは不燃材で火に強い燃えない素材です。

また、タイルは磁器なので、擦っても傷はつきません。

しかし、タイル目地のこびり付いた油汚れはなかなか取れません。

目地材は白いモルタルのような物なのですが、油が付着した後コンロの熱で油が固着します。

するとこの目地は綺麗にならないのです。

熱で固着する前ならかなり綺麗になるとは思います。

最近ではタイルではなくキッチンパネルに取って代わっています。

目地がなく鏡面のパネルが多く、洗剤を使えば油が除去できます。

目地のお掃除から解放されるのです。

油が固着した目地の汚れは取れませんが、目地材を一旦削ぎ落としてまた目地材を入れ直せば良いとは思いますが、私も実験したことがあるのですが、目地材のみを削ぎ落とすのはほぼ無理だと思います。

目地のみを削ぎ落としたいのですが、タイルまで傷つけてしまうので、結果状況はひどくなります。

また、今あるかどうかはわかりませんが目地の上から白い塗料を塗ることもやってみたことはありますが、はみ出したり、油の汚れの上は塗料がはじいてしまい綺麗にはなりませんでした。

これからはキッチンパネルにする方がかえってコストがかかりません。

タイル職人も高齢になり廃業する人も増え、その割には若い人はいないので、結局タイルを施工してくれる人はあまりいません。

結論としては、目地を綺麗にするには限界があると言うことを認識しておいた方が良いと思います。

キッチンパネル

キッチンパネルをご存知ですか?

キッチンを交換する時に必ず出てくる建材です。

下の写真のピンク色の部分は磁器タイルです。

一辺が10センチの正方形のタイルが並んでいます。

キッチンですので、火を使います。

必ず不燃の材料で壁を保護しなければなりません。

磁器タイルは火が点きませんので不燃材です。

ただし、タイルには目地があります。

目地は磁器タイルより凹んでいます。

そこに油が溜まっていくのです。

まめに掃除をして油を取り除いていれば全く問題ありませんが、掃除が苦手な人は掃除をする間隔が長くなってしまい、そのうちに油が除去し辛くなってしまいます。

油が熱で硬くなっていくとかなり強い洗剤でなければ落とせなくなります。

さらに放置をしておくと油が層になり上層部が垂れ始めます。

そうなると掃除が苦手な人はさらに放置してしまうのです。

ましてやタイルの表面のようにツルツルではなくザラザラした目地に油の層が出来てしまうとなかなか取れないのです。

さらにそのままにしておくと目地が油の酸化と共に変色してきます。

こうなるともう掃除のプロでも落とせなくなるのです。

そんな訳で最近はキッチンパネルにするのです。

キッチンパネルは表面がツルツルで、目地はありません。

スポンジなど柔らかい素材で全体を綺麗にできるのです。

もっともやはりお掃除が苦手で油を層にした場合はプロに依頼すれば変色はないので、綺麗になります。

上の写真はキッチンパネルを貼る前です。

貼るのが意外と難しいのです。

少したわんで置いているのがキッチンパネルですがこれでも加工(カット)していますが、天井までの高さに合わせているので天井に傷つけないように運ばなければなりません。

壁は石膏ボード(不燃材)です。

その上にキッチンパネル(やはり不燃材)を貼ります。

熱に強く汚れを落としやすいのでお手入れが楽なこと、前のピンクのタイルも悪くはないのですが、なんと言っても明るくなります。

キッチンパネルにするもう一つの理由。

古い流し台などを撤去しタイルがそのままだとします。

新しいキッチンを入れるとタイルとキッチンの間に隙間が出来てしまいます。

では古いタイルと同じタイルで隙間を埋めれば良いと思うかもしれません。

タイルの種類が少なく同じ種類はもはや手に入らなくなっている。

タイル職人が減ったことで人件費が高くなる。

などの理由から、キッチンパネルに貼り替えることをお勧めしています。

明るく使いやすいキッチンになりました。

キッチンパネルが明るさを引き立てています。

キッチンのプチリフォーム

リフォームと言っても大仰なものではありません。

レンジフードから異音が出る(つまり故障してしまった)ことと、タイル張りをキッチンパネルにする、と言う2点です。

レンジフードは浅型、深型、シロッコファン、ターボファンなど種類がいろいろとあります。

レンジフードのみを替える場合は排気管の位置によって自ずと同じ既存と同じ形式にならざるを得ないのです。

吊り戸棚の高さが50cmの場合、レンジフードのトータルの高さが50cmになり、本体の厚み(高さ)が20cmあるとダクトを配置する空間のクリアランスは30cm。

しかし、ダクトを接続する為のジョイントが本体にある為ダクトの有効寸法は20cm以下になります。

ダクトの径はΦ150ですので、殆ど振り回せない状況にあります。(細かい話はこれくらいにします)

まずは元の状態をごらんください。

レンジフードの幕板を外した後の状態です。

シルバーに見えるのがダクトで不燃材を巻いていてその表面が銀色です。

レンジフードを取り替えるだけなら何と言うこともないのですが、ここにキッチンパネルを貼ります。

レンジフードを取り替えて左の面にキッチンパネルを貼った状態。

水切りがあるので、システムキッチンではありませんが、タイルの状態から比べると明るくなりました。

出来ればシステムキッチンに交換した方がデザインも機能も既存の物とは格段に違うのですが。。。

例えばこの状態からシステムキッチンに交換する場合は、キッチンパネルは解体しなければなりません。

つまりこのキッチンパネルを残したままシステムキッチンには交換できないのです。

既存のキッチンはそのままにしてキッチンパネルをカットして貼っています。

水切りから上はパネルがありますが、水切りを撤去するとパネルはない。

新しいシステムキッチンの天板の位置はもっと低いので、パネルではない部分がむき出しになってしまう。

従って新たにシステムキッチンにする場合はこのキッチンパネルは撤去せざるを得ないのです。

部分的なリフォームは全体をリフォームするよりもコスト高になってしまう傾向があります。

十分検討の上リフォームをした方が良いと思います。

キッチン交換

キッチンのリフォームと言うとかなり勇気のいる大仕事になりそうだと思っている方も多いのではないでしょうか?

でもそれ程気が重いと言うほどでもないのです。

ただ、お料理を作れなくなるのですが、それも1日です。

換気扇の汚れを見てコンロにこびりついた汚れを見て、少し水漏れのある蛇口をひねりながらお料理を作るよりスッキリとしたキッチンで作ると何故か効率的になる筈。

雑然としたキッチンの交換には、不要な物を処分。いわゆる断捨離もやって頂く方が気持ちも切り替えられます。

キッチンに立った時、腰が痛くなる事が多いと言う人は流し台の高さが合っていません。

高さはショールに行って確かめた方が良いでしょう。

さて、交換の前、何もない状態になりました。

こうなると少し寂しい気持ちもありますが、明るい明日に向かうのです。

後ろ向きの気持ちは捨てましょう。

画像はキッチンの交換だけでなく、壁や床の内装も新しくなり、照明や扉が新しくなっているので同じ現場かどうか分かりづらいかも知れませんが同じ場所です。

これだけキレイになると毎日のお料理も楽しくなるとは思いませんか?

ただ、このリフォームにはかなりの変化があり、以前のキッチンにはあった瞬間湯沸かし器がなくなっています。

また、蛇口の取り出し位置も変わっています。以前はシンクが真ん中だったので中程に位置しており、且つ壁から出ていましたが、給水管の位置を変更、給湯や排水管の位置も変更しています。

新しいキッチンはシングルレバー水栓になり、且つシンクのすぐ脇から立ち上がっています。

給湯器は別に設置して、その給湯器からお湯の配管をキッチンまで繋いだのです。

床の張替え工事も行ったので床下に配管出来たのです。

リフォームの難しいところはキッチンの交換だけでなく、給湯器からの配管、ガスの配管、電気配線なども絡んでくるのでキッチン業者に加えて水道業者、ガス業者、大工、電気配線なども絡んでくる事です。

キッチンのリフォーム

キッチンの交換工事をご覧下さい。

コンロは入居者が買ってきて取り付けるタイプです。

水切りと言って流し台より一段高い位置に水栓(蛇口)があります。

壁はタイル貼りです。

これをクリナップのラクエラに交換します。

解体してキッチンパネルを貼ったところです。

もちろん解体はタイルも取り去りボードもなくなります。床を剥がし給水給湯排水管を切り回しして所定位置に立ち上げます。

ガス管も移設します。

電気工事も行います。今回は手元灯用のスイッチも新設しますので、新たに配線をし、壁内で処理します。

クロスも天井は貼り直し、壁も一部は貼替。

ボードを張り直し、床の補修もします。床は補修後CFを貼り替えています。

その後キッチンパネルを貼ります。これが不燃材です。

また、キッチン吊り戸棚のコンロ側は不燃材仕様です。

薄型のレンジフードは最近人気の商品です。

コンロ側は油汚れを考えキッチンパネルを幅いっぱいに使います。

白の木目調の扉でライン取っ手。

水栓は流し台の使いやすい高さになっています。

やはりキッチン専門メーカーなので、引き出しなど使いやすいキッチンになりました。

お手頃な価格で提供できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

レンジフードとキッチンパネル

レンジフードとキッチンパネルのプチリフォームです。

浅型のレンジフードのモーターから異音がするので交換します。

油もコッテリ付着しています。

レンジフードの交換に加えてタイルをキッチンパネルに変更。

まずは既存のレンジフードを撤去します。

レンジフードがなくなりました。

新しいレンジフードを取り付け、左側にキッチンパネルを貼ります。

前面もキッチンパネルを貼ります。

タイルがキッチンパネルになると少し明るくなりますね。

キッチン全体を交換しない場合の部分的なリフォーム工事です。

こんな工事もやっています。