クリナップのコルティ

キッチンの種類は多いです。

1社で数種類のシリーズを持っています。

今回ご紹介するのは、クリナップの『コルティ』です。

キッチンの巾に制約がある場合、今までブログでお知らせしてきた『ラクエラ』では対応していないのです。

巾1500mmのサイズになるとコルティが受け持っているサイズです。

他社にも1500mmのキッチンはありますが、キッチンの老舗メーカーのクリナップで紹介します。

横浜、港北のショールームに行って来ましたのでご覧下さい。

巾は小さくても機能は必要にして十分です。

画像はコンロがIHヒーター、天板(カウンタートップ)はステンレス製ですが、人造大理石も選べます。

レンジフードは最近流行のスリム型です。(スリム型が設置できない場合もあります)

扉のデザインは画像の通りです。

クリナップにはこの他ステンレスのみで作られており、サビ知らずのキッチンと言えるものがあります。

ショールームはキッチンの選定には欠かせない場所です。

高さ、デザインなど目で確かめてくださいね。

性格で選ぶキッチン(引き出し型か扉型か)

キッチンの下の収納には大きく分けて2種類ありますよね。

扉のタイプと引き出しのタイプ。

最近は引き出しタイプをメーカーも推しています。

その訳をクリナップのラクエラで見てみようと思います。

従来型だとベースキャビネットの収納は扉で、収納量は多いように思えますが、意外にデッドスペースが多いことにお気づきでしょうか?

このデッドスペースが気になるか気にならないかと言う性格からキッチン選びを考えてみましょう。

【タイプ1=整理整頓が無意識にできる】

例えば背の高い瓶類を奥に置き、手前に鍋などを置けば奥に何があるか見えますが、上部の空間は棚がないので、何も置けず無駄な空間ができてしまいます。それでも、100均やホームセンターで整理できるボックスや棚をうまくはめ込み無駄をなくすことが苦も無くできるタイプ。完璧主義タイプですね。

【タイプ2=整理は出来るが何がどこにあるかわからなくなる】

空間を埋めようと奥からキッチリ積み上げていけば前述の無駄なスペースはなくなりますが、奥の一番下に何をしまったか(何をなおしたか=関西以西の方の為に付け加えました・・・私も九州出身なので今でもたまに「なおす」と言ってしまいます・・・)が見えないので、手前を全部引っ張り出して必要な物を取り出してまたしまう(なおす)ことができるタイプの方。やれば出来るタイプですね。

【タイプ3=そのままにして見なかったことにする整理が苦手】

整理はしてもそのままにしておくタイプ。もしくはどんどん手前に積みあがっていくタイプの方。私もどちらかと言うとこのタイプになりますが、取り出す事どころか、見ることさえもしない事が多い方。無頓着タイプですね。

さて、あなたはどのタイプだったでしょうか?

タイプ1の完璧主義タイプの方は扉型の収納でも問題なく整理整頓ができますので、むしろ引き出し型の方が自分の力を発揮できず不満が溜まるかも知れませんね。そんな方は是非扉型を選んでください。いやいや、それでも整頓が楽に出来る方が良いと言う方は引き出し型をお勧めします。

タイプ2とタイプ3の方は是非、引き出し型を選んでください。今までよりも使いやすくなりますよ。

ただ、タイプ3の方は年に1回は「断捨離」が必要かもしれませんね。

 

では扉型と引き出し型を比べてみましょう。

まず、扉タイプはこんな感じ(画像はクリナップ「ラクエラ」ちなみに画像の商品定価は495,800です(キッチンパネルは含まず))。

そして収納スタイルはこのようになります。(棚を置かないので上部はデッドスペースになっています)タイプ1の方は整理魂に火が付きそうですね。テトリスのようにいろいろな形の箱をはめ込んで整理したくなるのではないでしょうか?(私は無理ですが・・・)

では次に同じくクリナップの「ラクエラ」の引き出しタイプを見てみましょう。

空間を無駄なく使うことができますので、扉型よりも多くの収納が可能です。

上図のように引き出しの中も2段になっていて背の高い瓶なども入り、計量スプーンや箸などは上の引き出しに収納できますし、足元のつま先が入り込む部分まで収納スペースになっていますので、収納率は高くなっています。

また、奥に何が入っているか引き出しを出せば見えますのでいちいち物を出し入れする手間が省けます。

正直なところ私も以前は引き出しタイプに疑問点がありました。以前の製品はかなりデッドスペースがありましたからね。

奥までとは言うものの、引き出しの奥行きが短かければ一番奥がデッドスペースになるのではないか?と。

特に、排水管、給水、給湯管があるので、引き出しでも効率が悪いのではないか、と。

サンウェーブの「パタパタくん」のCMを覚えていらっしゃいますか?あの頃から各メーカーがスペースにこだわるようになっていったと記憶しています。

そのせいか、各メーカーも年々改良し、収納効率の良いキッチンを販売しています。

あの頃の商品とはずいぶん変わっています。

先ほども述べましたが、奥の物を取り出すのが億劫な私と同じタイプの方には引き出し型をお勧めします。

扉型で中に棚を設置しても、そのまま数年間眠っていませんか? だとしたら買い換える絶好のチャンスかもしれません。

今回はご自分の性格からキッチン選びを考えてみました。

吊り戸棚(キッチンの選び方)

キッチンの吊り戸棚は割とスルーしてしまう傾向があるような気がしましたので、クリナップの吊り戸棚で説明します。

吊り戸棚の高さについてですが、当然50cmより60cm、60cmよりも70cmの高さの方が収納できます。

しかし、特にマンションはキッチンの天井高が例えば220cmとか210cmの高さの場合もあります。

キッチンの天井が210cmの場合、ベースキャビネットのワークトップの高さ80cmを選ぶとすると、必然的に吊り戸棚の高さは50cmにすることが多いです。

それはワークトップの端のガスコンロからレンジフードまでの距離は80cm以上が消防法によって決まっています。

(天井高)210cm-(ワークトップの高さ)80cm-(コンロからレンジフードまでの最低高)80cm=50cm

必ずしもレンジフードの高さに揃えなければならないと言うことはありません(条件が必要です)が、揃っていた方が綺麗と言う点と調理している時に吊り戸棚に頭が当たりにくいと言う2点があります。

吊り戸棚へのお皿とか鍋などの出し入れはちょっとシンドイですね。

棚が下に電動で下がるタイプや手で引き下げるタイプもあります。

踏み台に乗って出し入れをするよりも、その場で上げ下げして出し入れする方が楽ですよね。

もう一点注意して頂きたいのは頭よりも高い位置にある収納箱です。

地震の時に上から落ちてくるのを防ぐために耐震ラッチ付きをお勧めします。

 

単にオマケのようについてくるからそのまま付けるイメージの強い吊り戸棚をもう一度考えてみましょう。

なお、クリナップの吊り戸棚についてはこちらをご覧下さい

 

ワークトップ高さ(キッチンの選び方)

キッチン選びの時、高さに注意しましょう。

今回はワークトップの高さです。

ワークトップ、天板、カウンタートップ、調理台など呼び名が色々ありますが、まな板を置く所の高さですね。

この高さは背の高い人が前屈みになると腰に負担がかかりますし、背の低い人だと伸び上がらなくてはならない。

新しいキッチンにした後では遅いので、必ずこの高さを吟味して欲しいのです。

主要メーカーのウエブサイトから図とURLを紹介します。(図は各社の画像を貼り付けていますので、見辛い場合は記載のURLからご確認下さい)

まずクリナップ

https://cleanup.jp/kitchen/choice.shtml

次はLIXIL

https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/system/

最後にタカラスタンダード

http://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/contents/cook.html

いずれのメーカーも身長➗2➕5cmの式で高さを算出するように推奨しております。

ただ、私個人的には、ショールームに行ってご自分で高さを実感して頂きたいのです。

包丁で切る、お鍋をかき混ぜる時、奥の調味料や道具が取りやすいか、蛇口の使い勝手などを確認して頂きたいのです。

また、吊り戸棚などに頭が当たらないとか、逆に吊り戸棚の物が取り出しやすいかなどもチェックして頂きたいのですが、この項目はいずれ取り上げます。

この高さ。業者によっては割と軽視する場合もありますので、必ずチェックして下さい。