内開きのトイレ扉は危険です

トイレの扉の開き方は最近のマンションは必ずと言って良いほど外開きです。

戸建てもおそらく外開きが多いと思います。

私は親の介護をしていたので良く分かりますが、被介護者に限らず病で倒れることも考えておかなければなりません。

トイレの中で倒れた場合、扉が内開きだと倒れた人が邪魔をして扉が開かない。

一刻も早く中の人を助けなければならないのに、扉が開かないので助けられない、と言う状況に陥るのです。

これは命にかかわることです。

洗面脱衣室も同じです。

倒れた場合に扉が開けられない場合は絶対と言って良いほど外開きにすべきです。

外開きがダメなら引き戸(スライドドア)にした方が良いと言えます。

ただし、ここから先は建築士など設計をする人に相談することが一番です。

単に引き戸にすると言っても引き戸を引き込むスペースがないと絵に描いた餅と言うことになります。

この2部屋は家族全員が必ず使う場所ですので家族会議をしてでも人の命がかかっていると考えてもらった方が良いと思います。

最近では開き扉でも折れ戸のような機構を取り入れた扉もありますので、諦めないでください。