トイレリフォームの注意点

トイレ(便器)を新しくリフォームする時便器には大まかに2つのタイプがあります。

一つはリフォームを前提としたリフォーム用便器。(TOTOはこちら、LIXILはこちら

もう一つは新築などのようにトイレの部屋を組んだ後に新しく便器を取り付けるタイプ。

便器は排水管の位置が実にバラバラでした。

何故そんなに違うのかは定かではありませんが、昔はリフォームを意識せず製造されていたので便器に合わせて排水管を水道業者が配管工事をしていたのです。

最近になって便器奥側の壁から200mmの位置に統一されてきています。

リフォーム用便器は様々な排水管の位置に合わせられるように設計されていますが!すべての便器に合うわけではありません。

排水管に合わなければ床を解体して排水管の位置を移動させなければならず工事が増えます。

下の画像のように配水管位置が一番奥側にある場合リフォーム用便器が使えないので配水管の移動(床の解体含む)工事を必要になってしまいます。

リフォーム便器は床の解体も排水管の移動も必要ないので、工事が少なくなる。

つまりリフォーム費用が安くなることと、工事の時間(日程)短縮にメリットがあるのです。

便器のリフォームの時は既設の便器排水管位置を確認することでリフォーム用便器が使えるか、使えない場合は排水管の移設が必要になるかを確認しなければ見積書は作成できないのです。

今の便器は節水型です。

以前の便器は1回あたり13リットル。(1975年以前の便器は20リットル)

今の節水型便器は4リットル前後になっています。

老朽化で水漏れを起こさないうちにリフォームをお考えになってはいかがでしょうか?

便器やリフォームに関するご質問はこちら

便器の汚れをつきにくくするには!?(プレミスト)

恐縮ですが、大便をした後便器に大便が付着していることがあります。

そのままにしておくと便が固くこびりついて後で掃除が面倒くさくなってしまいます。

何故、付きやすいかと言うと便器が乾燥している為で、逆に言えば便器の表面に水があればクッション材となって便がつきにくくなります。

早い話、大便の前に一回水を流せば便はつきにくくなります。

ただし、最近はエコの観点から節水トイレが多くなってきています。

それなのに、さらに1回多く水を流すと水道代も気になってきます。

つまり大便をする度に2回水を流さなくてはならないと言うことは古い便器だと1回につき13リットル使用します(概ね1993年までに製造されたTOTOの便器)。

1回の大便で2回流すと26リットル使用します。

現在は4.8リットルか3.8リットルになっていますのでかなり節水効果があります。

事前に流す水の量として13リットルは多いです。

ペットボトルなどに入れておいてそれを便器に撒くようにすれば節水もできます。

そこで登場するのがウォシュレットです。

ウォシュレットは便座に座ると自動で便器に「ミスト」(霧状の水)を吹きかけてくれます。

現在(2020年)から最廉価版のウォシュレットSBタイプまで座るとミストを噴射してくれます。

このミストのことを「プレミスト」と言います。

水の量はかなり少ないですが、水の膜を張るには十分です。

買い替えの時期の方は是非新しいウォシュレットがお勧めです。

ウォシュレットについてご質問があればお気軽にどうぞ。

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム、アジアンテイストで完了しました。

最初の画像がビフォーです。

 

ネオレストを設置し、トイレットペーパーホルダー、リモコンを設置して完成です。

壁はアジアの雰囲気を出す為黄色で竹や草木のイメージを出しつつ、床は少し和風テイストのフロアタイルを貼りました。

正面の収納は高さも程良くし、取り出しがしやすいように配慮。

また、上部空間を空けることによって広さを演出しました。