コロナ禍における空室管理

一都三県に自粛宣言が出されるようです。

賃貸物件の空室率も高くなると思います。

そこで大家さんや管理者の方に知っておいて頂きたい事があります。

空室は最低ひと月に1回は水の補給をしましょう。

水の補給とは何か?

それはキッチン、お風呂、洗面化粧台、洗濯機防水パン、そしてトイレです。

水が蒸発してしまうからです。

水が蒸発すると悪臭が部屋に充満するばかりではありません。

今のコロナ禍の時代は下水道からコロナの菌が悪臭とともに上がってくる可能性が高いからです。

コロナの菌は、菌保持者の排泄物から下水に流れていきます。

それがトイレの蒸発した便器から部屋に入り込んで来るのです。

トイレは通常水が溜まっています。

しかし、この水が干上がってしまうと水で堰き止めていた臭い、虫、そして菌が上がってくるのです。

この水溜りのことを封水と言います。

つまり水で封じているのです。

この仕組みはこちらで説明していますのでご覧下さい。

コロナ対策の一環として是非水を切らさないようにして下さい。

トイレに水が溜まっているのはなぜ?

便器に水が溜まっているのはなぜか、考えたことありますか?

便器の水溜りがあると代弁をした時水が跳ね返ってくる時があり気持ち悪い。

水溜りはない方が良いと子供の頃は思っていました。

しかしこの水溜りには深い訳があるのです。

それは2つ。

1つは封水と言う機能です。

水が溜まることで排水の嫌な臭いがせき止められます。

臭いもそうですが虫が上がってくるのも防ぎます。

実はこの水溜りキッチンにも洗面にも洗濯機防水パンにもあるのです。

水溜りの方式は違うもののいずれも臭いや虫をせき止める為に設けられる水溜り(封水)です。

ただ、この水溜りに大きな硬い物が入ると詰まってしまいます。

なぜ詰まりが起きるかと言うとS字にカーブしているからある程度の長さの物は流れて行かないのです。

と、こんな説明をするよりも一目瞭然の動画がありましたので是非ご覧ください。

なお、ウンチの絵もあるので抵抗がある方はご遠慮ください。

静止画で説明した書物を読むよりも良く分かります。

如何でしたか?

便器の水の流れが分かったと思います。

ついでにもう一つ言っておきたいことがあります。

最近の便器は水を流す量が6リットル程度になっています。

変な言い方ですが大きなウンチや大量のウンチをした時は2回流す方が私は良いと思います。

便器の排水はこの画像は床の方に流れて行きますが、縦管に接続して横に流れて行く種類の便器もありますが、これについては動画には説明がありません。

今日は便器の水溜りがなぜあるかについての説明でした。

タンクの下から水漏れがあることがありますが、タンクのひび割れが原因かタンクから便器に流れる接続部からの水漏れが原因の場合があります。

そんなことが起きている場合は是非ご相談下さい。

トイレリフォームの注意点

トイレ(便器)を新しくリフォームする時便器には大まかに2つのタイプがあります。

一つはリフォームを前提としたリフォーム用便器。(TOTOはこちら、LIXILはこちら

もう一つは新築などのようにトイレの部屋を組んだ後に新しく便器を取り付けるタイプ。

便器は排水管の位置が実にバラバラでした。

何故そんなに違うのかは定かではありませんが、昔はリフォームを意識せず製造されていたので便器に合わせて排水管を水道業者が配管工事をしていたのです。

最近になって便器奥側の壁から200mmの位置に統一されてきています。

リフォーム用便器は様々な排水管の位置に合わせられるように設計されていますが!すべての便器に合うわけではありません。

排水管に合わなければ床を解体して排水管の位置を移動させなければならず工事が増えます。

下の画像のように配水管位置が一番奥側にある場合リフォーム用便器が使えないので配水管の移動(床の解体含む)工事を必要になってしまいます。

リフォーム便器は床の解体も排水管の移動も必要ないので、工事が少なくなる。

つまりリフォーム費用が安くなることと、工事の時間(日程)短縮にメリットがあるのです。

便器のリフォームの時は既設の便器排水管位置を確認することでリフォーム用便器が使えるか、使えない場合は排水管の移設が必要になるかを確認しなければ見積書は作成できないのです。

今の便器は節水型です。

以前の便器は1回あたり13リットル。(1975年以前の便器は20リットル)

今の節水型便器は4リットル前後になっています。

老朽化で水漏れを起こさないうちにリフォームをお考えになってはいかがでしょうか?

便器やリフォームに関するご質問はこちら

便器の汚れをつきにくくするには!?(プレミスト)

恐縮ですが、大便をした後便器に大便が付着していることがあります。

そのままにしておくと便が固くこびりついて後で掃除が面倒くさくなってしまいます。

何故、付きやすいかと言うと便器が乾燥している為で、逆に言えば便器の表面に水があればクッション材となって便がつきにくくなります。

早い話、大便の前に一回水を流せば便はつきにくくなります。

ただし、最近はエコの観点から節水トイレが多くなってきています。

それなのに、さらに1回多く水を流すと水道代も気になってきます。

つまり大便をする度に2回水を流さなくてはならないと言うことは古い便器だと1回につき13リットル使用します(概ね1993年までに製造されたTOTOの便器)。

1回の大便で2回流すと26リットル使用します。

現在は4.8リットルか3.8リットルになっていますのでかなり節水効果があります。

事前に流す水の量として13リットルは多いです。

ペットボトルなどに入れておいてそれを便器に撒くようにすれば節水もできます。

そこで登場するのがウォシュレットです。

ウォシュレットは便座に座ると自動で便器に「ミスト」(霧状の水)を吹きかけてくれます。

現在(2020年)から最廉価版のウォシュレットSBタイプまで座るとミストを噴射してくれます。

このミストのことを「プレミスト」と言います。

水の量はかなり少ないですが、水の膜を張るには十分です。

買い替えの時期の方は是非新しいウォシュレットがお勧めです。

ウォシュレットについてご質問があればお気軽にどうぞ。

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム、アジアンテイストで完了しました。

最初の画像がビフォーです。

 

ネオレストを設置し、トイレットペーパーホルダー、リモコンを設置して完成です。

壁はアジアの雰囲気を出す為黄色で竹や草木のイメージを出しつつ、床は少し和風テイストのフロアタイルを貼りました。

正面の収納は高さも程良くし、取り出しがしやすいように配慮。

また、上部空間を空けることによって広さを演出しました。