劣化した巾木

巾木劣化を隠す(リペア)

築20年を経過するとどうしても劣化が進んでしまいます。

以下の画像は「巾木」と言います。

「巾木」は壁の一番下に付けられた厚さ1センチ、高さ6センチの文字通りの巾の木です。

※一例:大建工業の巾木はこちら(少し下にスクロールすると出てきます)

画像のように継ぎ目の所が剥がれてしまっています。

これを新しくすれば全てがキレイになります(当然ですが)。

しかし20年経過すると同じ色の巾木はありません。

その他

建具(扉や扉枠)と新しい巾木の色が変わってしまう巾木を切ったりするさぎよ場所が必要同じサイズの巾木がない

建具のリフォームの時には巾木も新しい物になってしまいますので、その時まで巾木はリペアなどで使い続けるのも一つの方法です。

これなら劣化した跡はなくなります。

リペアはプチリフォームには欠かせないアイテムです。

特に賃貸物件の原状回復では必要な作業項目になると思います。

ただし、故意過失ではない限り借主側に請求する事は難しいようです。

リペアに関する質問はこちらへどうぞ

原状回復工事

賃貸物件の退去の際の立会いをしてきました。

1Kと言うタイプです。

丁寧に使用されていたようなのですが、壁紙の汚れは気になります。

水回りは清掃もこまめにされていたようでそれほど気にならない程度です。

エアコンはこの暑さですので、使用感はかなりありますし、エアコン内部を見てみるとやはり黒いカビが多く、ONにした時に臭いが気になりますので、クリーニングは必須です。

押入れ内の底板に剥がれたようなキズがありました。故意過失にあたると判断しこの板の張替えはしなくてはなりません。

最近は退去立会いを不動産はやらなくなってきていますね。

賃借人契約時は手数料が入るからやるけど、出る時は手数料が入らないからやらない、と言うことでしょうか?会社によって考え方が違うので一概には言えませんが。

原状回復に加えて経年劣化する箇所もありますので、これは新たに入居された方が不具合なく使えるようにしなければなりません。経年劣化による修理費用などは大家さんの負担になります。

賃貸物件の原状回復は得意分野ですが、最近はデザインも重要なポイントになっています。

ただ単に内装をやりかえるだけでは次の賃借人が入らない時代でもあります。

私たちは展示会などに行って情報収集に努めていますので、お気軽にご相談下さい。