壁を取り払うリフォーム

マンションで間仕切り壁を撤去して一つの部屋にします。

向こう側は和室です。手前がリビング。

建具を取り畳も撤去します。手前のリビングの床はクッションフロアでこの後剥がします。

まだ壁、扉の枠や押入れがあります。

壁はなくなり押入れは折戸に変わっています。

まだ壁紙は下地処理の段階です。

壁紙が終わりました。

同じ視点から撮影したものです。

全く違う部屋になりました。

壁がなくなり、和室の形跡が全くなくなり入り口の扉も2mの高さになっています。

建具も床も新しく白系の木目で統一しています。

既存の建具は単色で少し無機質的だったのが木目調で暖かく感じるのではないでしょうか。

以前の和室に行く引き戸の高さも180cmないので私は頭が当たる事もありましたので狭い感じにも感じられました。

和室がなくなるのは畳で横になってくつろぐのが好きな私としては少し寂しく感じます。

今や洋風の生活様式になりましたからソファーを置いて家族団欒などくつろぎのスペースになってくれると工事した者としては嬉しいです。

※建具:大建工業  床:サンゲツ「フロアタイル」  壁:リリカラ

畳の部屋をフローリングに2

畳の部屋をフローリングにの続きです。

大工工事が終わると今度はフロアタイルの工事です。

まずは下地の処理です。

板と板の隙間、ビスの部分にパテを入れ平面を作るのがフロアタイルの下地処理です。

割付を考え基準線を出して貼り始めます。

端に隙間がないように、各フロアタイルに隙間がないように、また接着剤のオープンタイムも気にしながら貼ります。

フローリングよりもキズに強いフロアタイルを貼り終えました。

見た目は全くフローリングのようです。

この床の下地組は置き床で防音規定をクリアしていますので仕上げでフロアタイルを使いました。

マンション規約を無視して貼ると後で全部やり直しになりますのでマンション管理組合の規定はクリアしなければなりません。

フロアタイルは色あせも少ないので長く使って頂けると思います。

和室を洋室に

アパートの一室。

やはり最近流行りの和室を洋室に変身させる工事をしました。

奥は4帖半の和室。

畳をフローリングに、引戸を洋室の引戸にするリフォームです。

畳を取り去り、引戸、枠や敷居も取り払ったところです。

こう言う時に難しいのは床や扉は替えるけれども残りのその他はなるべくそのままにすること。

どうしても枠を撤去する時は壁も一緒にはがれてしまうこと。

ただ、その補修工事を最小限にしたいと常に思っています。

現実はなかなか難しいですが…

工事が終わると…

グレードアップしました。

中から台所方向を撮影すると。

和室の雰囲気は少し残りますが、アパートの工事です。

入居を促進させる為の改修工事ですが、回収するだけでも最低半年はかかってしまうのです。

本格的に改修工事をすると数年は工事代の支払いだけになってしまうのですね。

私達はお客様のご要望を伺いながら最善の方法を模索する毎日なのです。