流し台の下から臭いが…

流し台の下の扉を開けると排水の臭いがすることがあります。

排水管と流し台の排水ホースの接続部に隙間がある、もしくは生じてしまったから。

その実態は下の画像のように臭いを止めるためのテープが劣化して柔軟性を失い、テープが硬くなり隙間が出来たのです。

こう言う場合は防臭キャップがあります。

床下から立ち上がっている塩ビ管にキッチリとはまって、排水ホースにもピタッとハマる優れものです。

まずは劣化して硬くなったビニールテープを取り去ります。

その後排水管を触ってみるとこのビニール管もカッチカッチ!

しかも塩ビ管に挿入している長さも短い。

排水管を仕入れに行ってからの工事となりました。

新しい排水管(くるっと丸まっている方)と手前の古い排水管(硬くなって柔軟性は全くありません)。

塩ビ管と排水管を接続している黒いゴムが防臭キャップです。

これで臭いを防いでくれます。

料理中に限らず排水の臭いがするとやっぱり嫌なものですからねぇ。

臭いストップ、完了です。

通気弁(排水のお話)

排水管。

殆どの方が意識したことのない排水管のお話なのですが、手を洗った水、キッチンで使った水、トイレの水、お風呂のお湯が流れ出ていく為にある管。

なんだか回りくどい言い方ですが、我慢してお読み下さい。

お風呂、キッチン、洗面所、洗濯機などから出る排水を雑排水と言い、トイレからの排水を汚水と呼んでいます。

排水は道路の下などの管を通って浄水場に送られ、川に放流されます。

最近の戸建てでは雑排水と汚水は分けていますが少し古いマンションなどは雑排水と汚水が建物の中で合流してから敷地外の排水管に流れていく場合もあります。

ペットボトルを逆さまにして中身を素早く出そうとしてもなかなか出ない…

これは中に空気が入らないのでなかなか出ない。

しかし水を出す時に口と反対の方向に穴を開けるとあっさりと出ます。

空気が入り中が負圧にならないから(外と同じ気圧になる為)スッと出る。

このなかなか出ないのと同じ現象がたまにあります。

簡単に言えば一番高い位置で通気をすれば排水はスムーズになりますが、その高い位置を塞いでいる場合があります。

上は通気弁をつける前

下は通気弁を付けた後(この通気弁は空気を配管の中に送り込む機能がありますが配管の空気が逆流することはありません)

何故そうなったのかは工事が悪いか設計が悪いかのどちらかでしょう。

スムーズに流れない場合、どこかで空気を取り込もうとする力が働いて、例えばトイレを流すとお風呂場でゴボゴボと音がするとか、キッチンで音がするとかがあります。

その後悪臭があったりするとこれは排水管に問題があると考えられます。

封水(※)が切れてしまうからです。

こんな場合は通気弁を取り付けると解消するケースが多いです。

普段気にしてない何気ない設備に不具合があると何がどうなってるのだろう?と心配になるとは思いますがこう言う場合は必ず専門業者に依頼した方が良いです。

知識と経験が豊富な業者に頼みましょう。

※封水とは(トラップとも言われます)排水管の一部分に水が残るように作られたS型やお椀ような型のもので水が張ってあることで虫や臭いを部屋に上げない為の装置のこと。