水道管のリフォーム

かなり古いマンションでリフォーム工事をする場合、たまに言われることがあるのが「階下への漏水の事を考えて給水管などを新しくして下さい」です。

確かに鉄管の場合、錆びてしまうと管から水漏れが起きる可能性が高くなります。

特に接続部が原因となる事が多いです。

実際老朽化による水漏れ事故は必ず起きます。

劣化してしまったら事故を起こす前に新しくすべきです。

しかし、予算もあるでしょう。

なかなか配管の交換は進んでいないのが実情のようです。

配管だけをリニューアルする事は不可能で、実際の工事は床を剥がして配管を入れ替えるのでフローリングの工事を伴います。

一番良いのは空き部屋になった時にフローリングを張り替える時に同時進行で配管を新しくする方法。

住みながら工事をする場合でも床の工事と一緒にやるのが安価に抑える方法です。

配管もあなたの財産の一部です。

漏水事故を起こす前にリニューアルしましょう。

配管工事をする場合床は全部張り替えなければならないでしょうか?

配管部分のみを張り替えるようにすればコストも抑えられます。