古い水道管をリフォーム

マンションの床の下には配管が埋まっていますが皆さん見たことありますか?

多分殆どの方が見たことないと思います。

古いマンション(例えば築40年位とか)では水道管が鉄管の事が多いです。

鉄管ですからサビが出ます。

サビが進行すると管が腐食していき漏水の原因になるのですが、誰も気にしていません。

気にしているかも知れませんが見えないので気にしないようにしているのかも知れませんね。

問題なければ良いのですが、水漏れ事故を起こすと階下の人との関係が少し気まずくなります。

今はポリブデン管になっており、サビる事はありません。

今は最強の水道管です。

では床の下を見てみましょう。

床を切ったので木屑が散らかっていますが切った所は管が見えています。

一番左側はガス管ですが、一番右のLに曲がったのが給水管です。

割とカーブして2本1組になっているのは追い焚き専用の管です。我々はペアチューブと読んでいます。

緩やかなカーブのはずですが一部折れています。

古いペアチューブなので銅管です。

銅管は折れるともろくなるので、今回新しいポリ管にします。

今日は配管のみで古い管を使っていますが水道メーターから切り替えるので一気に切り替えます。

台所、お風呂、洗面、洗濯機、トイレなども新しい管に繋ぎ変えた後ポリ管に切り替えるのです。

古い管はそのままにします。

いわゆる埋め殺しです。

配管を新しくして漏水の不安をなくすと同時に資産価値も上がるはずです。

配管の工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

水道管のリフォーム

かなり古いマンションでリフォーム工事をする場合、たまに言われることがあるのが「階下への漏水の事を考えて給水管などを新しくして下さい」です。

確かに鉄管の場合、錆びてしまうと管から水漏れが起きる可能性が高くなります。

特に接続部が原因となる事が多いです。

実際老朽化による水漏れ事故は必ず起きます。

劣化してしまったら事故を起こす前に新しくすべきです。

しかし、予算もあるでしょう。

なかなか配管の交換は進んでいないのが実情のようです。

配管だけをリニューアルする事は不可能で、実際の工事は床を剥がして配管を入れ替えるのでフローリングの工事を伴います。

一番良いのは空き部屋になった時にフローリングを張り替える時に同時進行で配管を新しくする方法。

住みながら工事をする場合でも床の工事と一緒にやるのが安価に抑える方法です。

配管もあなたの財産の一部です。

漏水事故を起こす前にリニューアルしましょう。

配管工事をする場合床は全部張り替えなければならないでしょうか?

配管部分のみを張り替えるようにすればコストも抑えられます。