洗濯機防水パンのL形の部品

エルボ(洗濯機のエル型の排水部品)のお話

エルボなんてあってもなくてもどちらでも良いと思っている方はいませんか?

洗濯機の排水の時これがないと排水ホースが外れてしまいます。

洗濯機が一気に排水する時の圧力は上水に比べるとかなり低いのですが、それでも圧力はかなりのもの。

エルボに洗濯機の排水ホースを接続しますがエルボが排水の穴から外れてしまいます。

洗濯機の水の量は40リットル前後はあるでしょうから、外れたホースが暴れてしまうと床がビショビショになってしまいます。

洗濯パンの中に撒き散らす分にはダメージがありませんが、洗濯パンの外に出てしまうとダメージは大きいです。

最悪下の階に水漏れ事故を起こしてしまいます。

(下の画像は適合していないエルボなので、取り付けできません。今までどうやって使っていたのかよく分かりません)

メーカーの指定部品なら全く問題ありません。

メーカーが違ったり、同じメーカーでも年代別で部品形状が違う場合があります。

エルボの直径なども少しづつ違うので例えばホームセンターでユルユルのエルボを買ってきても無駄になってしまいます。

洗濯機パンのメーカーや品番を確認してそのメーカーから取り寄せるようにしましょう。

どんなメーカーがあるでしょうか?

意外と色々なメーカーがあるのですね。

排水部品が見つからない場合、かなり年数が経過している場合は洗濯機防水パンを新しくする方が結果安上がりで安心です。

特に30年以上経過している防水パンの部品は供給していないものもありますのでリフォームをお勧めします。

ご質問はこちらまでお願い致します。

洗濯機パンのエルボ

良く見受けられるのが賃貸物件で退去の後、洗濯機パンにあるはずのエルボがなくなっていることです。

エルボとは洗濯機の排水をパンの排水ホースを差し込むL型の排水部品です。

引越しの時にホースと一緒に持っていってしまうのです。

このエルボ、普段気に留めていないので重要だと思ってない方も多くいらっしゃると思います。

エルボがないと排水ホースが接続できないのです。

エルボがないなら直接穴に差し込めば良いんじゃない?

それはかなり認識が甘いです。

洗濯機の排水量はかなりあるので、適当に差し込むと水の勢いで穴から簡単に外れてしまいます。

外れるだけならまだしもホースが暴れるので床もビショビショになってしまいます。

気がつかなければ下の階に水漏れしてしまう位です。

INAXとかTOTOは型番などからエルボを探し出せますが、あまり聞いた事がないメーカーだと部品提供がない場合もあります。

必ず適したエルボを使いましょう。

メーカーによって適合しない形状のものがあることを覚えておいてください。

ホームセンターで形状も直径も分からず買うのはやめた方が良いと思います。

直径、形状、できれば洗濯機パンのメーカーと型番を確認して購入をしてください。

洗濯機の排水の時ホースが外れて漏水を起こさないようにお気をつけ下さい。