キッチン手元灯

築年数が20年程経過するとやはり照明器具も劣化してきます。

蛍光灯管を新しいものにしても点灯しない。

たまにグロー球の交換を忘れている方もいらっしゃるようですが、それでは点灯しません。

しかし今回はグロー球も交換したのに点灯しないので器具本体の劣化。

キッチンの手元灯も今やLEDしか製造されていません。

画像は交換後のものです。(既存の器具の画像はありません)

一般的にはキッチンの手元灯はヒモでON、OFFをしていたので壁にあるようなスイッチはありません。

LEDになってもやはりヒモ式が必要です。

少しアナログチックですが、仕方がありません。

今回の機種は

PanasonicのLGB52097LE1

定価は12,800円(税抜)です。

現在のLED手元灯は蛍光管のように球を交換することはなく、器具本体にLEDが内蔵されていますので点灯しなくなったら本体ごと交換になります。

その代わりと言ってはなんですが、40,000時間の寿命があるのでかなり長い時間保つと思います。

単純計算ですが1日4時間点灯したとして1年間で1460時間。

10年使ったとして14,600時間。

20年で30,000時間弱。

蛍光管の交換はせずにこの位の時間の余裕があると言うことになります。

飽くまでも計算上であり、劣化の進み具合によるので必ずしもこの限りではありません。