扉が閉まらなくなったら蝶番を確認せよ

扉が閉まらない原因は蝶番

扉枠と扉の隙間が均一ですか?

扉の上が枠に当たっていたり床に当たっていて「開かない」「閉まらない」のではありませんか?

蝶番を新しくする

全く同じ型の蝶番に交換するのが手っ取り早い修理方法です。

1mmとかそれ以下でこするように当たる場合は紙やプラスティックの薄い板を蝶番と枠の間に挟んで調整することもできます。

調整できる蝶番もある

比較的新しい開扉は蝶番に調整できるネジがあります。(大建工業、パナソニック、ノダなど)

取扱説明書を見て調整しましょう。

ラッチが受け側に掛からない

レバーを上げ下げすると出たり引っ込んだりする上から見ると三角の形(もしくは台形)をしている物を「ラッチ」と言います。

これが枠にある受け側の凹みと合っていない場合いくら扉を押し込んでもダメな場合があります。

  1. ラッチと受けの高さが違う
  2. いくら押し込んでもラッチが受けまで到達しない

1. ラッチの高さが違う場合は蝶番の高さを合わせるようにしなければならないので、調整できない場合は蝶番の位置を移動するしかありません。

2. いくら押し込んでもダメな場合は受け側に「調整ネジ」がある場合はネジを回して前後に動かすことができます。調整ができない場合は受け側を外して鉄ヤスリで削るしかありません(これ結構地道な作業でステンレス製の場合、30分で1mm削れれば良い方です)

これら簡単にやっているようですがかなり経験が必要です。(もちろんスンナリできる場合と1時間以上奮闘する場合もあります)

最後に一番厄介なのが上の2.のラッチを押し込んでも掛からないケースで扉自体が反ってしまっている場合。

これは扉本体を交換が必要です。

おそらく全く同じ形状の物はないと思いますので、似たような色や柄やデザインを選ぶしかありません。

以上のように扉の調整はちょっと難しいです。

出張費や技術費などが掛かります。

建具屋さんに依頼するとかなり高いと思います(1回の出張で3万円位になる場合もあります)。

最後に扉が枠に当たったり床をこすったりするのにそのまま使い続けると結構お高い修理代が必要になるので早めに修理しましょう。

閉まらなくなったキッチンの扉

キッチンの開き扉。

スライド蝶番の劣化でキチンと閉まらなくなってしまいました。

このスライド蝶番は、扉をある程度まで閉めると最後はバネの力でパタンと閉まってくれるのですが、蝶番の劣化でご覧の通りです。

タカラスタンダード製のキッチンです。

実は以前同型のキッチンを解体した時部品を保存しておいたのです。

保存しておいたスライド蝶番に交換しました。

何故保存したかと言うといつもお世話になっている大家さんの物件のキッチンと同型だったからです。

いつの日か役に立つ日が来るだろと思っていましたがついにその日が来ました。

このような細かいことは他社(特に大手さん)ではあまりやらないでしょう。

私たちのような零細企業は信頼頂いているからこそそれに応えたいと思うのです。

本来ならこの蝶番の劣化だけでキッチン全体をリフォーム(数十万円)しなければならないかも知れません。

しかしやり方によっては数千円で収めることが出来ます。

リフォーム会社としては利益の上がらない事をやるのは弊社の心意気と思って頂ければ幸いです。

施主様と我々施工者との信頼関係が深まるように努力しています。

皆様もお付き合いのある工務店さんやリフォーム会社が細かに動いてくれる会社とお付き合いする方が長い目で見ると価値があると思いますよ。

古いキッチンの蝶番

40年以上前のマンションのキッチンの扉がブラブラになってしまった。

40年以上経過すれば劣化は仕方のないことだと思います。

蝶番が外れています。

しかもネジの跡がグズグズになっていてどうしようか考えました…

しかも蝶番の受けがあった所に何やらビスが1本打ち込んでいる。

受けを補強しようとして誰かが蝶番の受けを下からビスを打っています。

そこで私は蝶番を一旦外して分解しました。

蝶番の受け台をビスで固定しているはずですがビスがキチンと締まらないので長いビスに変えてしっかりと固定し直し。

幸いにも蝶番自体は劣化が少ないので再利用。

もっとも40年も前の蝶番なので代替品もありません。

分解した蝶番を戻して受けと扉に取り付け直して完了です。

とは言え、あちらこちらに欠けている部品や劣化が見受けられますので、交換の時期だと思います。

キッチン扉が閉まりづらくなった【蝶番の話】

キッチンの扉が開閉がしづらくなることがあります。

蝶番が劣化した時にこの症状は発生します。劣化の原因は「さび」が主だと思いますが、キッチンなので油の粒子が付着して固まった時も固くなることがあります。

画像はスライド蝶番と言います。

扉の上下、傾きなど微調整ができ、ネジをゆるめると蝶番が前後左右にスライドする事から「スライド蝶番」と呼ばれています。

では実際にどのような状況になっているか観てみましょう。

本来はスライド蝶番の中にバネが入っていてある程度まで扉を閉めるとバネの力でパチンと閉めてくれます。

中途半端に開いている状態がないのが特徴です。

蝶番のメーカーと型番が分かれば交換できます。

新しい蝶番に交換すると…

蝶番にメーカー名が刻んでいます。

LAMP、とかATOMなどが有名です。

ATOMスライド蝶番
LAMP(スガツネ工業)

蝶番がダメになった時の対処法

  1. キッチンメーカーにキッチンのシリーズ名と型番を控えておいて問い合わせる
  2. 1.で手に入らなかった場合は蝶番を取り外してメーカーを調べる
  3. メーカーのホームページで同じものがないか確認しwebサイトで判明しない場合はメーカーに問い合わせる
  4. それでもダメな場合は似たものを探してその扉分全部の蝶番(1個〜多くて3個)を全て替える

それでもダメな場合は扉を外したままにするか、キッチンを交換するしか手がなくなってしまいます。

蝶番は日常ほとんど意識することなく毎日使用しているはずです。

しかし、蝶番1個がダメになると、その調査時間はかなり掛かります。

正直な話、私たちでも半日以上時間をかけないと探せない場合もあり、場合によっては半日、一日と時間をかけても結果入手不可能と言うこともあり得ます。

意外に苦労する修理なのです。

1枚の扉がダメになるとキッチン全部を交換することも視野に入れて検討が必要です。