浴室の鏡をキレイに保つ方法

浴室の鏡はかなり早く汚れが付着しますよね。

水垢と呼ばれる汚れが付着します。

ただ単に水やお湯だけが付くならまだしも、石鹸カス、人の垢などが混ざって付着するのです。

鏡を常にキレイにしておくためには、自動車のワイパーのような物で(以前IKEAで売っていたと記憶していますが…)お風呂が終わったら最後に水をそのワイパーで切っておくこと、それだけです。

水に含まれる塩素などが乾く時に固まるのです。

これが固まって層になると本当に落としきれません。

ダイアモンドパッドと呼ばれる水垢取りがあります。これで、ある程度は落ちますが、しつこい汚れは落としきれません。

白く層になった頑固な汚れはダイアモンドパッドのような硬いもので擦らなければ落ちません。

しかし、それほど硬いものなので、鏡本体に擦り傷をつけてしまい、結果汚れが付着しやすくなってしまいます。

結果、鏡を交換するしかないのです。

やはり汚れのない鏡はキレイですね。

新しくなったら、例のワイパーで水を切っておきましょう。

鏡の交換

浴室の鏡の交換をしました。

水垢が付着したまま放置したのでいわゆるウロコがあります。

 

この水垢はなかなかしぶとく、普通の薬剤では落とし切れません。

劇薬を使えば落ちるのですが、劇薬だけに、水垢は落とせても鏡本体にヤケが生じたりで勘所がないと大失敗してしまうので普通のクリーニング業者は塩酸の希釈したものを使います。

でも殆ど効果はありません。

そこで研磨をするのですがこの鏡一枚を綺麗にするのに1時間以上かかります。

その人件費を考えると新しくした方が安く且つ新品になります。

古い鏡の廃棄処分費を入れても交換の方が安いです。

以前は劇薬を使って水垢を落としていましたが、ダメになった時のことを考えると今では新しい物に交換することをお勧めしています。