お風呂の鏡の錆(さび)

お風呂の鏡も長く使用すると徐々に錆が浮き出てきたりします。

画像に映っているのは私ですが、鏡の下の隅っこに「錆」が出ています。

端っこだけではなく、これは真ん中にも出てしまう事も多々あります。

調べてみると、鏡はガラスの裏側に2枚の幕があるようです。

銀膜と同膜。

銀が姿を写してその外側の銅膜で反対側からの光をシャットアウトして鏡を見やすくしているらしい。

そして、鏡の錆の正体は銀膜や銅膜が腐食して各所に茶色が出てくるのです。

(詳しい説明をしているページがありました)

鏡を選ぶ時、湿気の多い場所で使う時は「防錆加工」の鏡にするべきです。

さて、話を戻します。

上の画像のような収納の中の鏡でも交換出来るケースもあります。

鏡の錆だけでお風呂をリフォームする事もないとは思いますが、鏡が交換出来る事は知っておいた方が良いです。

気をつけなければいけないのは、古い鏡を撤去する時に割らないようにします。

お風呂で割れると裸で入るの場所なので割れた破片は100%片付けないと危ないです。

鏡の交換に関するお問い合わせはこちらへどうぞ

浴室の鏡をキレイに保つ方法

浴室の鏡はかなり早く汚れが付着しますよね。

水垢と呼ばれる汚れが付着します。

ただ単に水やお湯だけが付くならまだしも、石鹸カス、人の垢などが混ざって付着するのです。

鏡を常にキレイにしておくためには、自動車のワイパーのような物で(以前IKEAで売っていたと記憶していますが…)お風呂が終わったら最後に水をそのワイパーで切っておくこと、それだけです。

水に含まれる塩素などが乾く時に固まるのです。

これが固まって層になると本当に落としきれません。

ダイアモンドパッドと呼ばれる水垢取りがあります。これで、ある程度は落ちますが、しつこい汚れは落としきれません。

白く層になった頑固な汚れはダイアモンドパッドのような硬いもので擦らなければ落ちません。

しかし、それほど硬いものなので、鏡本体に擦り傷をつけてしまい、結果汚れが付着しやすくなってしまいます。

結果、鏡を交換するしかないのです。

やはり汚れのない鏡はキレイですね。

新しくなったら、例のワイパーで水を切っておきましょう。

鏡の交換

浴室の鏡の交換をしました。

水垢が付着したまま放置したのでいわゆるウロコがあります。

 

この水垢はなかなかしぶとく、普通の薬剤では落とし切れません。

劇薬を使えば落ちるのですが、劇薬だけに、水垢は落とせても鏡本体にヤケが生じたりで勘所がないと大失敗してしまうので普通のクリーニング業者は塩酸の希釈したものを使います。

でも殆ど効果はありません。

そこで研磨をするのですがこの鏡一枚を綺麗にするのに1時間以上かかります。

その人件費を考えると新しくした方が安く且つ新品になります。

古い鏡の廃棄処分費を入れても交換の方が安いです。

以前は劇薬を使って水垢を落としていましたが、ダメになった時のことを考えると今では新しい物に交換することをお勧めしています。