子供の足音がうるさい2

足音が聞こえると言うのは固体振動だとお話ししました。

走る、歩く音が振動となって床から壁、床から下の階の天井へと伝わります。

解決策としては床の振動を切り離すしかありません。

つまり戸建ての場合隣のおうちの足音は一切聞こえません。

それは床を踏み鳴らした時の振動が伝わらないからです。

しかし、集合住宅では壁、天井、床が密接に繋がっている。

つまり構造体(骨組み)があるからどうしても振動が伝わるのです。

そこで床に防音の床材を使って伝わる振動の割合を減らすことが一つの解決策でもあります。

ところがこの床材を使わない場合で騒音を受ける側で対策を立てようとすると部屋の中を丸々防音にしなければならないのです。

分譲マンションの場合は防音が義務付けられており、必ず床に防音を施します。

フローリングの下に吸音材を貼ったフローリングか、置き床(二重床)でコンクリートの床に振動が伝わりにくいように防振ゴムで防ぎます。

騒音対策は騒音を出す側で対策しない限り受け側で対策すると莫大な費用が掛かります事をお伝えしておきます。

子供の足音がうるさい

ネットのリフォームの悩みか何かで読んだのですが、隣もしくは階上の子供の足音で悩んでいるようでした。

対策として窓サッシの内側にもう1組のサッシ(二重サッシ=例えばインプラスなど)を取り付けた。

もう一つは換気ダクトに防音器を取り付けたようです。

しかしこれは防音をわかっていない人の対策です。

上記の2つの対策は空気振動の防音対策なのです。

本来は個体振動への対策をしない限り騒音は無くなりません。

しかもかなり難しいです。

個体振動は騒音を受ける側で対策するとかなり高額な工事代になります。

個体振動ですから、仮に隣からだとすると床の振動が床、壁、天井に伝わってくるのである部屋全体をすっぽりと防音材で囲まなければならないのです。

実は騒音を出す側の部屋の床を防振タイプに変える事が一番安価な対策です。

騒音を受ける側で対策するとなると床を防音、壁も防音、天井そして扉にも防音を施さなくてはならないのです。

音楽でもそうですが、バイオリン、フルートなどを防音するより、ドラムスやピアノなど床に振動が伝わるものの防音が難しいのです。

音楽スタジオに行くと分かると思いますが、防音室の中で叩いているドラムスの音は外にかなりの音量で聞こえます。

つまりスタジオの防音室でさえ聞こえる固体振動音を「無」にすることは不可能で、どれ位まで音量を落とす事ができるかが基本的な考え方です。

騒音を出す側の人は近隣に注意を払わないと思わぬトラブルになるので十分にご注意下さい。

防音室の扉2

防音室の扉は高ければ高いほど良いか?

前回「目的」と「環境」を考慮しましょう、とお伝えしましたので説明を致します。

目的

例えばピアノを防音する場合とフルートを防音する場合では周波数帯域が異なります。

ピアノの帯域は27.5Hzから4186Hzです。

これに対してフルートは250Hz~2000Hzです。

圧倒的にピアノの周波数帯域が広いですね。

ピアノは・・・

  • 周波数帯域が広い
  • ピアノは床に楽器が接している
  • 響板が内蔵されより大きな音が出せる(ダイナミックレンジも広い)
  • 一度に出せる音が多い(和音に限らず)
  • 鍵盤を叩くように発音することもあり床に振動が伝わる
  • 発音した音の方向性がある

ピアノを演奏するなら固体振動も含めて防音性能を高めなければなりませんがフルートなどの木管楽器ならそれほどの性能は必要ありません。

  • どれくらいの音量なのか
  • ダイナミックレンジは
  • 空気振動だけか
  • 固体振動を伴うか
  • 何人で使うか

これが防音の目的です

環境

  • 木造住宅なのか鉄筋コンクリート造か
  • 繁華街か住宅街か
  • 集合住宅か一軒家か
  • 防音室の隣に部屋や廊下はあるか(緩衝空間の有無)

防音室を考える時に環境によっても透過音の許容レベルが違いますので「目的」と「環境」を考慮した扉選びをすべきだと思います。

何が何でも鉄扉が良いとも言えないのはそんな事情も考慮する必要があるのです。

ただし、目的や環境を考慮して予算内に収まらないことも多々あります。

扉の種類

鉄扉

低周波数域から高周波数域を見てみるとG45は低周波数域の透過音減衰に優れていますのでまさにピアノや金管楽器に適しています。

Sシリーズはかなり優秀で全体的に高レベルな減衰です。

-35dB~-40dBと優秀ですし、遮音性能参考値を示すグラフもかなり良い数値だと思います。

これもピアノには適していると思います。

AシリーズはSシリーズに比べると減衰率が低いようです。

-30dB~-35dBと防音としては一般的だと思います。

しかしサックスフォンなど割と大きな音が出るものでも大丈夫ではないでしょうか。

カラオケ店に採用されているドアです。-25dB~-30dBと割と外に漏れ出る音が多いと思います。でも木管楽器で部屋の中に防音室と言う箱を設営するなら問題ないかと思います。

結論:現場の環境と予算と相談しながら決める

防音室は床や壁、そして天井にも防音を施さなくては防音出来ません。

壁などの箱が防音レベルが低いのにドアのみ高性能でも防音効果は期待できません。

逆に箱は防音性能が高いのにドアの性能が低くても漏れは大きくなります。

必ずしも鉄扉が良いとは限らないと言ったのそう言う訳です。

他の方法としては扉を二重にすると言う方法もありますのでぜひお問合せ下さい。問い合わせは無料ですから。

お問合せはお気軽に

電話:044-861-11126

解決工房 田辺まで

防音室の扉

開口部の問題

防音室は壁、天井、床、そして出入口である開口部の4点。

もっと大きく分けると防音室と言う「箱」と出入するための「開口部」の二つに分けられます。

音が漏れやすい開口部である扉は防音室にとって重要な建材です。

防音性能

防音と言っても無音になる訳ではありません。

どれくらい外に漏れる音を小さくするかと言うのが防音性能の概念です。

音源から壁や扉を透過する音量を20dB下げるか40dB下げるかで防音する材料や方法が違うことは理解して頂けると思います。

性能が上がるほど価格も上がります。(これは仕方がないことです)

壁、天井、床を防音しても出入口で音が抜けて出ていくのですから出入り口の扉は重要なポイントになります。(扉がないと防音室に出入り出来ませんから)

防音ドアの性能と価格

大建工業の防音ドアを例にとって見てみます。4種類のシリーズがあります

上記は3種類でこれに鉄製の扉が加わり4つのシリーズです。

扉の性能が「遮音性能参考値」で示されていますが、鉄製の扉「SF G45」は低音の125Hz付近の遮音性能が30dBと良い数値を示しています。

鉄扉が一番高いから良い!?

鉄扉が一番高価で「SF G45」は100万円を超えています。

それなら一番良いもの、つまり鉄扉が良いかと言うとそうとも言えません.

例えばフルートの音を防音しようとする場合と、ピアノやドラムスを防音しようとする場合では防音の考え方が異なってくるからです。

結論:防音する「目的」や「環境」を考慮して扉を選ぶ

次回は「目的」や「環境」に応じた選び方を考えて、どれを選択すれば良いかを考察してみたいと思います。

※ 弊社は防音専門会社「幸昭」さんと協力関係にあります

お問合せはお気軽に

電話:044-861-1126

解決工房 田辺まで

ローコスト防音室(フルート用)4

今回使った吸音材は?

前回もお話ししたように「安く!」と思い最初は段ボールを使用したのですが、かなりの容積がないと吸音材としての役目を果たさないので、段ボールは断念しました。

何を使ったかと言うとニードルフェルトです。

内装材のカーペット敷の下に敷いて吸音をする材料です。

厚さ1cm幅が90cm長さが20mで1巻です。

厚さが1cmなので二重にしても2cmで効果も出ますので吸音材としても有効です。

前回図面に示した通りの厚さですので、段ボールのようにかさばりません。

市販されている防音室はいくらくらい?

YAMAHAのアビテックスだと0.8畳の床面積でDr-35が58万円。

Dr-40になると83万円です。

これは非常に安い価格であり、部屋に入るもう一つの部屋なので、かなり狭さは否めませんが防音ユニットから漏れた音はその部屋の壁である程度まで減衰します。

では今回の防音室のコストは?

石膏ボードが10枚とニードルフェルトで約1万5千円ほどです。(道具やコーキング剤や金物など雑多な物は除く)

ただし、どこに配置するか、どこが音が抜けやすいかなどを調査する時間と実際に工事をするので2日間費やしました。

本格的に防音をすると何が必要?

本格的に防音室を作る場合何が必要かと言うと

  • 二重サッシ(インプラスなど)
  • 吸音材(防音専門の素材)
  • 遮音材(できれば15mm厚の石膏ボード)
  • 防音用換気扇(密閉した室内の空気を入れ替える)
  • 防音ドア
  • 防音用床材

これらの部材だけで100万円は下らないと思いますし、工事費を加えるとすぐに150や200万円位かかってしまうと思います。

もう少し言えば、ピアノの防音を考えると固体振動も防がなくてはならず、部材だけで200万円になるでしょう。

-35dBからさらに-40dBに-5dBのレベルを望むとコストは増えますがさらに-40dBを-45dBにする、5dB下げる為にはかなりのコストと労力が必要だと言うことを覚えておいた方が良いと思います。

ローコスト防音室のメリット

  • 安さ、これ以外なし

デメリット

  • 綿密に設計されていないので性能は劣る
  • 扉は石膏ボードをフスマを差し込むように抜き差しするので面倒臭い
  • 換気がない
  • エアコンもない(夏は地獄)
  • 防音性能の上限が間仕切り壁に準拠する

結論:自作なら安くできる

何しろ安さを追求した結果の防音室ですので、これから夏になると30分も練習できないかも知れません。

4回に渡って「ローコスト防音室」について説明をしましたが如何でしたか?

ご質問、お問い合わせがあればお気軽にご連絡ください。

電話:0448611126

メールは mt@kaiketsu-kobo.com

解決工房((有)ユーズ)田辺まで

ローコスト防音室(フルート用)3

第一に防音すべき箇所

肝心な事を言い忘れていました。

防音防音と言ってもどこを防音するのか?

それは開口部です。

開口部とは「窓」「扉」です。窓と扉を防音することにします。

廊下に直接音が伝わやすい箇所を一番の重点に

図を見るとAは直接廊下に音が抜けるところです。

Bは隣の和室を介しその和室の壁で音が減衰するので、それほど重要ではないです。

Aポイントをどう処理するかですが、以下のようにしました。(断面図)

空気振動を止める

  • 防音室側に吸音材を2重張り
  • 廊下側に石膏ボード9.5mmと12.5mmの二重張り
  • その間には既存の扉
  • 扉と扉枠の間にはコーキング処理をして隙間を埋める

楽器の音を吸音材で吸音し、小さくなった音を外に漏らさないようにコーキングで隙間を埋め、遮音材で止めると言う構造にしました。

次に音を止めたいのはB

一方襖(ふすま)から隣室を通って廊下に抜けるケースでは和室1室の空間を通って壁や扉で音量が減衰して廊下へと伝わるので、Bでは音漏れの状況が違います。

2番目に止めたいのはBなので、②の襖の開口部を防音します。

ここでは石膏ボード12.5mmを主な遮音材にし、中に吸音材を挟み込み防音室側に9.5mmの石膏ボードを配置しました。

同じように③と④のまども同様にしました。

結果

最大値90dBを最大値50dBまで下げることが出来ましたので結果-40dBを達成しました。

次回、吸音材は何を使ったか、価格、そして、ないと困る装備品などをお知らせします。

ローコスト防音室(フルート用)2

どのような間取りのどこを防音室にするか

簡易に防音と言ってもどんな間取りでどんな風に防音対策をしたのか、説明します。

防音と言ってもワンルームマンションや木造の2LDKでは施工方法が違いますし、そもそも設計が変わります。

私の住んでいる家は賃貸物件で、物件の形態は木造のテラスハウスです。

木造2階建ての1区切りが隣り合って並んでいると言うイメージで、区切っているのは(外壁で隔たっているのではなく)内壁ですので、隣戸とはアパートのような感じで隣り合っています。

私が住んでいるのは2LDKの1室、和室をフルートの練習場所にしようと企てました。一つメリットとしては畳は少なからず防音効果があるからです。

間取りをご覧下さい。2階です。階段を上がると各部屋に行ける廊下があります。一番奥の和室をローコスト防音室にします。

現況は・・・

この間取りを見ると分かる通り隣のお宅と内壁で仕切られています。

幸いなことにテレビの音、話し声などは一切聞こえませんので、隣戸との間仕切壁はしっかりと造作されていると思います。

唯一聞こえるのは階段を上がり下がりする時の足音か引き戸の開け閉めの音がかすかにする程度です。つまり固体振動音のみです。

階段や廊下で耳をそばだててもテレビや音楽、話声は一切聞こえません。

階段・廊下で一定以下の騒音であれば隣戸にはそれほど聞こえないと言う事です。

そこで、階段廊下で50dB以下を目標に防音対策をしました。

50dBは例えると静かな事務所、エアコンの室外機レベルです。(お隣から話し声や子供の声さえ聞こえてきませんのでこれ位なら大丈夫でしょう)

無料(ただ)の吸音材

なるべくコストをかけないようにと思い、遮音材は石膏ボード9.5mm、吸音材は段ボール(リフォーム工事で大量に出るので)を使用しました。

何故段ボールにしたかと言うと工事で出た段ボールを車に積んで持ち帰る時車の騒音がかなり下がっている事を以前から感じていたからです。「これは吸音材になるに違いない」と考えたのです。

しかし、測定すると最大で59dB前後までの音量がありました。概ね60dBと言うとトイレの洗浄音、普通の会話、静かな乗用車とあります。

ただ、これでは納得できず、さらに下の最大50dBまで下げたいと思います。可能ならその下の40dB台まで下げようと考えました。

段ボールの限界

段ボールの効果は多少なりともあったものの、やはり二重や三重では限界があるようでやるなら10枚重ね位までしないと効果が出ないようで断念します。

空気振動を極力遮断する

また、隙間もなるべくなくしたいと思い、その辺も考慮することにしました。

何故、隙間をなくのか、と言うと空気振動なので、小さな隙間からも音は伝達するのです。

この対策にはコーキング剤を利用します。

段ボールだとかなりの容積が必要になってしまいます。

今回の結果

ローコストにこだわり過ぎて段ボールをかなり用意したのですが良い結果は得られませんでした。

では吸音材は何にすれば良いだろうか、さらに遮音材の性能を上げるにはどうすれば良いだろうか?

これを次の回にお届けします。

ローコスト防音室(フルート用)

フルートも意外と音量が大きい

私は趣味でフルートを吹くのですが、近所迷惑にならないように普段は貸しスタジオに通っています。

フルートだから音量は小さいから家で吹いても大丈夫じゃない?と金管楽器の人によく言われます。確かにトランペットに及ばないのは分かります。

実際にフルートを練習中に計測すると90dB台、フォルテで吹くと100dBまでになることもありますのでかなりの音量なのです。

ちなみに90dBは地下鉄の車内、100dBは地下鉄構内の騒音レベルです。

練習場所がない

しかし、新型コロナウィルスでの自粛が始まり貸しスタジオも期間限定で閉鎖になってしまいました。

これでは練習する番所がない。何とかならないかな。。。

そこで、簡易的に防音できないかと考えてみました。

一般的に防音室はかなり高価なものです。

ざっと調べるとD-40レベルで約100万円からになります。

YAMAHAのアビテックスの一番リーズナブルなタイプの0.8帖で58万円(運送費、組立費用、消費税は別途)です。(消費税や諸費用を加算すると80万円になります)

簡易的な防音室を作ることに

金額的にもっと安くならないかと考え簡易的な防音の試行を始めます。

もっとも私が目指す防音は木管楽器なので、防音はそれほど難しくはありません。木管楽器なので音量も割と小さめ(トランペットに比べると)で空気振動を遮断すればある程度の効果が出ます。

簡単に防音について説明しますと「固体振動」と「空気振動」の2つに分けられます。

吸音と遮音を兼ね備えれば良いので、このゴールデンウィーク中に実際に工事をしました。

そのローコスト防音室の効果は

防音した部屋の中で吹いています。最大で92dBです。

その隣室である廊下で騒音計で測ったところ最大で50dBまで減衰していました。

この位まで落ちれば何とか練習もできるかな、と思います。

もちろん正式な防音材を用意する方が万全ですがコストを考え飽くまでも簡易にこだわりました。

どうやって防音対策をしたかについては数回にわたって説明します。

木管楽器の防音について

楽器を趣味でやっている方も多いかと思います。

ピアノとドラムに関してはかなり本格的な防音設備が必要になります。

トランペットなどの金管楽器もそれなりの設備が必要です。

ただ、木管楽器に関しては例えばサッシの内側にもう一重のサッシ(例えばインプラス)を設置するとそれ程音漏れが少なくなります。

もちろん、室内の扉が襖だと論外ですが、一般的な重さのある扉ならそれほど音漏れもひどくはないと考えられます。

最初のドラムスやピアノは音に加えて振動も問題になります。

ドラムスは叩く楽器なので、その振動が床を伝わって階下や隣室にその音が伝わる。

その為振動に対する防音装置が必要になります。

今回のテーマは木管楽器の防音です。

楽器をやっている方なら分かると思いますが、意外と楽器の音は大きいのです。

気になって練習ができない。

そんな人がいると思います。

実は私もその一人です。

私はフルートとチェロですが、家では殆ど練習はしません、と言うか出来ません。

近所からの文句があるかもしれないと思うと気がひけるのです。

フルートの音程度なら何でもないと思うかもしれませんが、これがなかなか通るのです。

で、また練習と言うのは曲を最初から最後までを通すだけではなく、出来ない所を集中的に何度も何度も繰り返して練習します。

これは聞こえてくる方にしてみれば騒音でしかないのです。

オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクソフォン、弦楽器なら窓を2重サッシにすることである程度解消します。

防音と言うと全く音が漏れないかのように思われるかもしれませんが、それは考え方が違います。

どれだけ漏れる音を小さくするかによってそのグレードが違ってきます。

鉄筋コンクリート造と木造では音が漏れる程度は鉄筋コンクリート造の方が漏れにくいのです。

つまりマンションの方が音漏れがし辛いです。

ただし、コンクリートの壁の向こう側は他所の家。

木造住宅ではお隣はどれ位の距離があるかによって防音の考え方も違ってきます。

また古い住宅だと壁が薄いので音漏れは大きくなりますので、二重サッシだけでは不十分の場合もあります。

「インプラス」「プラマード」など後付けの出来る二重サッシがありますので、まずはここから進めていけば良いと思います。

もう少し防音性能を上げるなら壁や天井を厚くする。つまり石膏ボードを上から張ることで防音性のは上がります。

同時に扉も防音用扉に交換するなどが挙げられます。

まずは二重サッシの取り付けをお勧めします。

 

防音(断熱塗料3)

ガイナの特徴のうちの1つに防音があります。

これは決して防音用の塗料と言うことではありませんが、結果防音効果も併せ持っています。

また、遠赤外線を発生させるのですがこれはまた後日。

さて、防音の効果について動画を御覧ください。

遮熱塗料、断熱塗料は他社でもあります。ただし「ガイナ」の断熱の考え方とは違い太陽光を反射させる方式です。

ガイナは塗膜の中に断熱の素材を含んでいるので基本的な考え方が違います。

なお、詳しい事は特許でもありますので、言及できませんし、私にもわかりません。ただ、JAXAの技術であることから、他社は真似できないのもガイナの優位なところです。

さて、防音効果があることがお分かり頂けるでしょうか。

この実験は自分でもやって見ましたが同じ結果でした。

この塗膜の中にはかなりの技術が詰め込まれていますし、実際、他の塗料の塗膜よりも厚いことは事実です。

ネガティブな話として良く言われるのが塗膜が厚いので屋根の隙間に塗料が入り込む、そしてその塗膜が悪さをして毛細管現象を引き起こし雨漏りを起こす、と言うことを実は私も数人の塗装職人から聞いていましたので、質問を浴びせました。

すると、確かに厚塗りではある為施工手順を間違えると前述の毛細管現象で雨漏りが起きてしまう可能性もありますが、施工手順をきちんと守って行えば雨漏りは起き得ないことです。

断熱塗料は各社競争していますので、それぞれが自社の優位性を唱えそれぞれが他社のマイナス点を探してアナウンスする状況があるようです。

話を戻します。

防音(消音ではありません)の考え方としては振動を伝える介在物質を限りなくなくすことです。

できれば真空の空間が間に入れば音は伝わりません。

真空の箱があったとすると、真空の中は音は伝わりませんが、真空にする箱が振動を伝える役目をするので、結果防音効果は下がります。

真空を作るのは現実的ではないので、間に空気層を作れば振動の伝わり方はかなり軽減されます。

似たような原理がガイナの塗膜内の発泡セラミックで起きています。つまり空気層があるから、断熱もするし、結果防音効果も生じると言うことです。

大きな工場の折板屋根ではガイナを塗装することで雨音が小さくなったと言う報告や一般住宅の外壁や屋根に塗装することで近所の騒音の聞こえ方が小さくなったと言う報告もあります。

さらに、明日は遠赤外線の話を致します。