木管楽器の防音について

楽器を趣味でやっている方も多いかと思います。

ピアノとドラムに関してはかなり本格的な防音設備が必要になります。

トランペットなどの金管楽器もそれなりの設備が必要です。

ただ、木管楽器に関しては例えばサッシの内側にもう一重のサッシ(例えばインプラス)を設置するとそれ程音漏れが少なくなります。

もちろん、室内の扉が襖だと論外ですが、一般的な重さのある扉ならそれほど音漏れもひどくはないと考えられます。

最初のドラムスやピアノは音に加えて振動も問題になります。

ドラムスは叩く楽器なので、その振動が床を伝わって階下や隣室にその音が伝わる。

その為振動に対する防音装置が必要になります。

今回のテーマは木管楽器の防音です。

楽器をやっている方なら分かると思いますが、意外と楽器の音は大きいのです。

気になって練習ができない。

そんな人がいると思います。

実は私もその一人です。

私はフルートとチェロですが、家では殆ど練習はしません、と言うか出来ません。

近所からの文句があるかもしれないと思うと気がひけるのです。

フルートの音程度なら何でもないと思うかもしれませんが、これがなかなか通るのです。

で、また練習と言うのは曲を最初から最後までを通すだけではなく、出来ない所を集中的に何度も何度も繰り返して練習します。

これは聞こえてくる方にしてみれば騒音でしかないのです。

オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクソフォン、弦楽器なら窓を2重サッシにすることである程度解消します。

防音と言うと全く音が漏れないかのように思われるかもしれませんが、それは考え方が違います。

どれだけ漏れる音を小さくするかによってそのグレードが違ってきます。

鉄筋コンクリート造と木造では音が漏れる程度は鉄筋コンクリート造の方が漏れにくいのです。

つまりマンションの方が音漏れがし辛いです。

ただし、コンクリートの壁の向こう側は他所の家。

木造住宅ではお隣はどれ位の距離があるかによって防音の考え方も違ってきます。

また古い住宅だと壁が薄いので音漏れは大きくなりますので、二重サッシだけでは不十分の場合もあります。

「インプラス」「プラマード」など後付けの出来る二重サッシがありますので、まずはここから進めていけば良いと思います。

もう少し防音性能を上げるなら壁や天井を厚くする。つまり石膏ボードを上から張ることで防音性のは上がります。

同時に扉も防音用扉に交換するなどが挙げられます。

まずは二重サッシの取り付けをお勧めします。

 

防音(断熱塗料3)

ガイナの特徴のうちの1つに防音があります。

これは決して防音用の塗料と言うことではありませんが、結果防音効果も併せ持っています。

また、遠赤外線を発生させるのですがこれはまた後日。

さて、防音の効果について動画を御覧ください。

遮熱塗料、断熱塗料は他社でもあります。ただし「ガイナ」の断熱の考え方とは違い太陽光を反射させる方式です。

ガイナは塗膜の中に断熱の素材を含んでいるので基本的な考え方が違います。

なお、詳しい事は特許でもありますので、言及できませんし、私にもわかりません。ただ、JAXAの技術であることから、他社は真似できないのもガイナの優位なところです。

さて、防音効果があることがお分かり頂けるでしょうか。

この実験は自分でもやって見ましたが同じ結果でした。

この塗膜の中にはかなりの技術が詰め込まれていますし、実際、他の塗料の塗膜よりも厚いことは事実です。

ネガティブな話として良く言われるのが塗膜が厚いので屋根の隙間に塗料が入り込む、そしてその塗膜が悪さをして毛細管現象を引き起こし雨漏りを起こす、と言うことを実は私も数人の塗装職人から聞いていましたので、質問を浴びせました。

すると、確かに厚塗りではある為施工手順を間違えると前述の毛細管現象で雨漏りが起きてしまう可能性もありますが、施工手順をきちんと守って行えば雨漏りは起き得ないことです。

断熱塗料は各社競争していますので、それぞれが自社の優位性を唱えそれぞれが他社のマイナス点を探してアナウンスする状況があるようです。

話を戻します。

防音(消音ではありません)の考え方としては振動を伝える介在物質を限りなくなくすことです。

できれば真空の空間が間に入れば音は伝わりません。

真空の箱があったとすると、真空の中は音は伝わりませんが、真空にする箱が振動を伝える役目をするので、結果防音効果は下がります。

真空を作るのは現実的ではないので、間に空気層を作れば振動の伝わり方はかなり軽減されます。

似たような原理がガイナの塗膜内の発泡セラミックで起きています。つまり空気層があるから、断熱もするし、結果防音効果も生じると言うことです。

大きな工場の折板屋根ではガイナを塗装することで雨音が小さくなったと言う報告や一般住宅の外壁や屋根に塗装することで近所の騒音の聞こえ方が小さくなったと言う報告もあります。

さらに、明日は遠赤外線の話を致します。

 

断熱塗料

断熱塗料と言うものがあります。

文字通り塗装をすることで断熱効果を期待するものです。

今から10年位前弊社に断熱塗料を営業に来た方がいました。

その時実験をしたのです。

レフ球と言う前面をフォーカスして照らす裸電球に似た形ではありますが球の前面がフラットになったものです。

これはかなりの熱を持つので断熱塗料を塗ったものと普通の塗料を塗ったものの温度変化を確認したのですがそれ程の優位性はみられなかったのです。

つまり、効果が殆どなかったわけです。

この後断熱塗料と言う話を聞いてもそれ程効果はないだろうとこの実験でインプットされたのです。

先日、別の話からまたこの断熱塗料の話が出たので『また断熱塗料のはなしか…』と思っていたので、メーカーを訪問してみませんか?と誘われたのですが断りました。

しかし、その方は一回見てみないと分からないと食い下がるので、押し切られて訪問することに。

今日はその時の報告です。

塗料の名前は『ガイナ』。

訪問先です。

まずはガイナの中身ですが、セラミックの微粒子がかなりの割合で入っています。

そのセラミックの含有比率はは60%とのこと。

ボトルの中に同じ分量のセラミックAとBがあります。

それを同時に持つとその重さの違いが如実に分かります。

例えると同じボトルの同じ目盛りの所に一方は砂糖を、そしてもう一方はビーズを入れたような重さの違いがありました。

何故か?

軽い方は発砲セラミックと言ってセラミックの粒の中に空気が入っている状態。

もう一つ例えるなら片方はゴルフボールそしてもう片方はピンポン球と思って頂ければ分かりやすいかもしれません。

それが塗料の内容物の60%を占めているのです。

薄い塗膜が発砲層になります。

これはJAXAで開発した技術だそうで詳細は秘密です。

そしてこの塗料は(そのものではありませんが)JAXAで打ち上げるロケットの先端部分に塗られています。

大気圏で発生する摩擦熱から守る為の技術なのです。

ただし、ロケットの場合と地上の家との違いがあるのでロケットに塗布する塗料の粘度はかなり高く塗り辛いくらいだそうです。

一般的な断熱塗料とガイナとで熱が通るかどうかを比較してみます(これは10年前に自分でやった実験器具と似ています)

実際に両手を当ててみるとその温度差は如実に現れました。

画像は右側が20年前に塗装した鉄板。左は一般的な断熱塗料。鉄板に塗装したもの。

もう一つの特徴は一般的な断熱塗料、普通の塗料は耐用年数が約10年に対しガイナは20年の耐用年数で、性能が衰えない。

その証拠が画像の右側の20年前の塗装が現在でも熱を通さないのです。

この他、保温や防音の効果もあるのですが、今日はここまで。

防音、断熱に二重サッシ

マンションの最上階にお住いのお客様から夏、暑くて眠れない、と言うご相談がありました。

そのお部屋の一番日当たりの良い部屋はサウナ状態になると言うことで、何か良いアイデアはないでしょうか、と言われたので二重サッシを提案しました。

何しろ、エアコンの効きが悪いと言われるのですが、やはり太陽光の力は凄まじく、部屋の中が本当にサウナのような状態でした。

このサッシの内側に新たにサッシを取り付けます。

古いサッシと内側のサッシの間に空気層ができるため、ある程度は熱を遮断してくれます。

とは言え温度差は極端ではなく数度下がる程度であること、諸条件によって効果も違ってくると言うこともお伝えしています

既存のサッシのクレセントが干渉しない程度のスペースが必要ですので、場合によっては取り付けが出来ないこともあります。

内側のサッシは複層ガラスになっていますので、断熱も期待できます。

1窓の工事自体は1時間もかかりません。

ただ、採寸の日程が必要で、見積書を提出してお客様から承諾をご連絡頂きます。その後メーカーに発注をかけますが納品まで2週間程度掛かることもあります。

このお部屋は寝室のため夜私どもで確認することはできませんが、後日、良く眠れるようになった、とお喜びのお声を頂きましたので、私としても一安心です。

副産物的効果として外からの音も軽減されたことも眠りやすくなった要因だと言われました。

ただし、二重サッシの効果は断熱と防音と種類が違いますので、予めご了承ください。

ちなみに二重サッシは各社から出ています。

LIXILは「インプラス」(これは有名ですよね)YKKapは「プラマード」、旭硝子は「窓窓」などがあります。