IHコンロ、電磁波の人体への影響

電磁波が人体に及ぼす影響について考えてみたいと思います。

IHクッキングヒーターかガスコンロにするか悩んでいる方へ参考として読んで頂ければ幸です。

目に見えない体に悪影響のあるものの一つとして電磁波があります。

電子レンジやIHクッキングヒーターなどはその最たるものです。

電子レンジは鉄の箱の中で電磁波が出ますので、外部に漏れる電磁波はIHに比べると少ないかもしれません。

電子レンジは今や欠かせないキッチン家電の一つですね。

電子レンジに比べるとIHは上向きに電磁波が発せられます。

そこに蓋をするように鍋やフライパンを置くと電磁波は鍋とIHの隙間から電磁波は調理している人に向かうのです。

そこで、電磁波について調べてみると総務省のホームページには人体への悪影響はない、と謳っています。

しかし一方で人工的な電磁波は人体に悪影響を及ぼすと言う記述もあります。

私は素直ではないので、国の言うことはあまり信用していません。

と言うのも添加物で海外で禁止されているものが日本では「問題ない」とされていることも多く後に禁止になるともかなりあるからです。

本当はこんなことを言うと自分のビジネスとしてはやりにくくなるのですが、しかし電磁波の問題は深刻だと思っていますので敢えて書いています。(「電磁波 影響」で検索するとトップに総務省のサイトが出てきますが、スクロールしていくと人体の影響についての国とは違う考え方が記載されていますので、是非参考になさって下さい)

特に女性に関しては胎児に影響があると聞いていますので、出来ればIHコンロは避けてガスコンロをお勧めしています。

ガスコンロは今や空焚きの場合消化する機能が義務付けられていますので、火事の心配はかなり小さくなっています。

電磁波はすぐに人体に影響があるものではありませんが、日々浴びることで徐々に影響が及ぶのではないかと考えています。

これを証明は出来ませんが、少なからず悪影響があるものだと思っておりますので、このことを是非知っていただいた方が良いと思いました。

ではIHを取り付けたことがないかと言うと、付けたことはあります。

これはお客様次第で例えばオール電化の場合はガスがないのでガスコンロは取り付けられません。

またご高齢のお母様の事を思い火事にならないためにIHを選ばれる方もいらっしゃいました。

ガスコンロには消火機能がありますとお伝えしたらお母様が一人の時、袖に火が移ったりしたら大変だからと言う事でIHを選んだ方もいらっしゃいました。

ワンルームなどでガスが来ていないマンションではミニキッチンの電気コンロをIHコンロに変えたこともあります。

このようにIHコンロへの交換工事もしております。

IHを全否定しているわけではありませんが可能だったらと避けて欲しいと言う願いでお伝えしています。

 

SonettのIHクッキングヒーターを交換

ミニキッチンのコンロは今は3種類あります。

ガスコンロ、電熱式コンロ、IHのコンロです。

ミニキッチンのコンロの代表格といえば電熱式のコンロです。

IHは最近だと思っていたのですがバブルの頃には既にあったのですね〜

ただ、このSonettのIHはかなりサイズが大きく代替品がありません。

ミニキッチンごと交換するのがベストですがコンロだけの為に全部を取り替えるのはなかなかの費用がかかります。

そこで弊社ではSonettのIHを外した後の大きな開口を現在のIHが収まるための下地を作りました。

下地を作って収めるのにとても苦労しました。

元々のIHがこれです。

しかも2部屋分。

大きな開口をふさいでデコレーションします。

また、不燃材料を使わなくてはならないので色々と考えて次のように仕上げました。

手前にあった操作パネルは不要なのでそちらもカバーをしました。

なかなか難しい工事でしたが何とか完成です。