Ihとガスコンロ、どっちがおすすめ?

IHクッキングヒーターとガスコンロどっちがおすすめ?

IHとコンロの特徴的なメリットとデメリットを考えてみます。

IHクッキングヒーター

メリット

  • 火が出ないので火事が起きにくい
  • 高齢者が使う時、袖に火がつくことがない
  • 五徳がないので掃除がしやすい(ほとんど平面)

デメリット

  • 火ではないので煽りができない
  • 使える鍋・フライパンが限定される
  • 停電時は使えない(東日本大震災の時、2019年の台風19号の時など)
  • 電磁波が体に与える影響が気になる

ガスコンロ

メリット

  • 火を使うので「炒め」「焼き」「煮る」なんでもOK
  • 鍋もフライパンもなんでもOK
  • 停電時も使える
  • 電磁波は出ない

デメリット

  • 火を使うので火事の恐れがある
  • 高齢者など不注意で着衣に火がつく恐れがある
  • 吹きこぼしで火が消えガスが充満する恐れがある(2012年製造のコンロより立ち消え自動消化装置がついた)
  • 五徳の掃除が面倒

どちらもそれぞれメリットとデメリットがあります。

環境に応じて選ぶことが大切だと思います。

例えば私も介護をしていた時期があります。

火にかけたお湯を沸かしっぱなしで、高齢の為気づかなくてしばらくそのままになっていました。

ちょうど帰宅した時に私が気がついたのでことなきを得ましたが、空焚きになっていたらと思うとゾッとします。

しかしガスコンロも2012年に自動消化機能が義務化されていますので、現在販売されているコンロは空焚きは無くなっています。

心配な方は現行のガスコンロに交換することをおすすめします。

転ばぬ先の杖

今日もニュース(3/16付)で高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違って70代の夫婦が引かれ死亡する事故が町田市であった。引いたのは71歳の女性。事故が起きる前に自動ブレーキや踏み間違いの制御をする車に乗り換えていたら不幸は起きなかった。

「転ばぬ先の杖」として少し高くても交換することをおすすめします。

火事になったり着衣に火がついたりすることを想定して先手で手を打つのも大事な防御です。

結論

環境に合わせた選定をしましょう。

ご自分の親御さんが高齢になって心配だと言う場合はIHも良い選択だと思います。

逆に妊婦さんなどは電磁波の影響を受けないようにガスコンロをおすすめします。

個人的にはIHはあまり印象がよくありません。

その理由はさまざまな理屈もあるでしょうが、やはり電磁波が剥き出しになっていると考えられると私個人は思うのです。

またガスコンロの火事の心配もかなり低減したのでガスをおすすめします。

IHクッキングヒーターなら火事の心配が少ない

火事を出さないようにする為のIHにするのは良い方法です。

高齢者にとってガスコンロが危ない理由

  • 空焚きをして火事を起こしてしまう
  • 料理をしている時袖に火がついて大火傷をしてしまう

と言う声を聞く事があります。

事実、弊社でも高齢者を抱える方からのご依頼でガスをやめてIHヒーターに交換した事例があります。

どうやら高齢の親御さんは毎食料理を作るようで、空焚きをすることは今のところ大丈夫とのことでしたが、袖に火が燃え移ることを恐れていました。

人命には代えられませんし、火事を出した時の事を考えるとIHは良い選択だと思います。

 

IHで焼き物はできるの?

IHも魚焼きグリルが進化しています。

鍋を置くところはIHは五徳がないのでスッキリ感はIHの方でしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=Bwdh4az5800

 

ただ、ガスコンロもかなり進化しています。

全てのメーカー共に、空焚きすると自動消化の機能は標準装備です。

袖に火が着かないかどうか心配な方はセンサーで火が小さくなるコンロがあります。(※トップ面から11cm以内の高さの異物を感知した時)

パロマのコンロは手を近づけるとセンサーが反応して火を小さくしてくれるAIが備わっているものがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=EmZegRl_oyA

ガスコンロも実は安全性はかなり向上しています。

キッチンで困っていることがあれば

  • 蛇口から水漏れする
  • 換気扇の調子が悪い
  • 扉の閉まりが悪い

など、どうすればキッチンをリーズナブルに延命できるかなどの悩みのある方は「節約しながら延命するキッチンの修理とメンテナンス」を参照してください。

高齢者の火事が怖いIHコンロに

IHクッキングヒーター

介護をしている方にとって恐怖なのが高齢者「火」の取り扱いです。

「火事になったら・・・」と思うとコンロを使ってほしくない。

私は、父親がヤカンの火に気付かず数時間「火」を点けっ放しだったことがあります。

私の帰宅が30分遅かったら火事になっていたかもしれない、と思うと本当に恐ろしいです。

最近のコンロは空焚き防止があるので、安全になっています。

以前、一人暮らしで料理もご自分で作る高齢者がいましたが、お勤めの娘さんからIHにしたいとのご希望がありました。

「火」のコンロだと、袖に火が移った時の事を考えると恐ろしい。

火事にもなる、まかり間違えば「死」に至ることもある。

すぐにIHにしたい、安くあげたい、と言う方

ガスコンロをIHに交換したい、と言う方もいらっしゃると思いますので、簡単に出来る案を一つ。

コンロ用のガス栓を閉めます。

ガスコンロの上に板を置きます。

その上にポータブルIHクッキングヒーターを置いて使えば即座にIHに変更できます。

もし、ガス栓を開けて使うかもしれないと思ったら、ガス会社に連絡をしてコンロが使えないようにプラグ止めをしてもらえばコンロは使えないようにできます。

上記のポータブルIHクッキングヒーターは1400Wあるので他の器具と一緒に使うとブレーカーが落ちる可能性があります。

デメリットとしては

  • コンロの上にIHを置いたら位置が高くなって使いづらい
  • 安定性が悪く使い勝手が悪い
  • 美観を損ねる
  • 2口欲しい
  • ビルトインが良い

ガスコンロを撤去してIHクッキングヒーターに入れ替える工事はもちろんできます。

質問があればお気軽にお寄せください。

例えば、板はどの位の厚さで、どうやって置くのか?など何でもどうぞ。

IHコンロ、電磁波の人体への影響

電磁波が人体に及ぼす影響について考えてみたいと思います。

IHクッキングヒーターかガスコンロにするか悩んでいる方へ参考として読んで頂ければ幸です。

目に見えない体に悪影響のあるものの一つとして電磁波があります。

電子レンジやIHクッキングヒーターなどはその最たるものです。

電子レンジは鉄の箱の中で電磁波が出ますので、外部に漏れる電磁波はIHに比べると少ないかもしれません。

電子レンジは今や欠かせないキッチン家電の一つですね。

電子レンジに比べるとIHは上向きに電磁波が発せられます。

そこに蓋をするように鍋やフライパンを置くと電磁波は鍋とIHの隙間から電磁波は調理している人に向かうのです。

そこで、電磁波について調べてみると総務省のホームページには人体への悪影響はない、と謳っています。

しかし一方で人工的な電磁波は人体に悪影響を及ぼすと言う記述もあります。

私は素直ではないので、国の言うことはあまり信用していません。

と言うのも添加物で海外で禁止されているものが日本では「問題ない」とされていることも多く後に禁止になるともかなりあるからです。

本当はこんなことを言うと自分のビジネスとしてはやりにくくなるのですが、しかし電磁波の問題は深刻だと思っていますので敢えて書いています。(「電磁波 影響」で検索するとトップに総務省のサイトが出てきますが、スクロールしていくと人体の影響についての国とは違う考え方が記載されていますので、是非参考になさって下さい)

特に女性に関しては胎児に影響があると聞いていますので、出来ればIHコンロは避けてガスコンロをお勧めしています。

ガスコンロは今や空焚きの場合消化する機能が義務付けられていますので、火事の心配はかなり小さくなっています。

電磁波はすぐに人体に影響があるものではありませんが、日々浴びることで徐々に影響が及ぶのではないかと考えています。

これを証明は出来ませんが、少なからず悪影響があるものだと思っておりますので、このことを是非知っていただいた方が良いと思いました。

ではIHを取り付けたことがないかと言うと、付けたことはあります。

これはお客様次第で例えばオール電化の場合はガスがないのでガスコンロは取り付けられません。

またご高齢のお母様の事を思い火事にならないためにIHを選ばれる方もいらっしゃいました。

ガスコンロには消火機能がありますとお伝えしたらお母様が一人の時、袖に火が移ったりしたら大変だからと言う事でIHを選んだ方もいらっしゃいました。

ワンルームなどでガスが来ていないマンションではミニキッチンの電気コンロをIHコンロに変えたこともあります。

このようにIHコンロへの交換工事もしております。

IHを全否定しているわけではありませんが可能だったらと避けて欲しいと言う願いでお伝えしています。

 

SonettのIHクッキングヒーターを交換

SonettのIHクッキングヒーターは交換出来ない!?

現在ご使用のSonettのIHクッキングヒーターを新しいIHヒーターに交換の依頼がありました。

現地調査をしましたところ、同じサイズの代替品がありません。

Sonettは現行品より一回り大きく新しい機器がすっぽ抜けてしまうのです。

ミニキッチンごと交換するのがベストですがコンロだけの為に全部を取り替える予算も必要です。

そこで弊社ではSonettのIHを外した後の大きな開口を現在のIHが収まるための下地を作りました。

元々のIHがこれです。

大きな開口を新しく取り付けるIHヒーターのサイズに合わせて下地を組みます。

大きな穴が開くので化粧も必要です。

化粧には不燃材料でないと基準をクリアできません。

メラミン不燃化粧板を加工して設置します。

手前にあった操作パネルは不要なのでそちらもカバーをしました。

SonettはSONYトレーディングが且つて輸入し販売していたようです。(~1987年まで)

壊れると修理ができません。

結論:SonettのIHクッキングヒーターは早めの交換をお勧めします

ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。

電話:044-861-1126

解決工房 田辺まで