ユニットバスリフォームの工程5日め

いよいよ最終日になりました。

最後はクロスの貼り替えと床の貼り替えです。

脱衣場イコール洗面室だと思いますが、1日めに壁を壊しています。

4日めに大工工事でユニットバスの扉用「枠」を組み込んで、壊れた壁は復旧しています。

5日めは内装工事です。

壁紙と床材は事前に選んで頂いた物を貼ります。

壁紙は白っぽい柄が主流ですが、落ち着いた雰囲気を出す為に淡いベージュなども好まれます。

床材のCF(クッションフロア)を選んで頂く時、良く言われる事があります。

汚れが取りやすい物が良い、と。

以前のCFは細かい穴が無数にあり、そこに汚れが入り込んで黒くなります。

すると全体的にうすよごれて見えるから真っ平な素材が良いと言われる事が多いです。

床材は石目調が多かったのですが最近は織物調の柄もあるので、冬は石目調は寒く感じる為、織物調も好まれるようになっています。

内装工事が終わるとユニットバスのリフォーム工事は完了です。

ちなみに、ユニットバスを交換する時、洗面化粧台や洗濯機パンを一緒に新しくする事が多くなってきています。

私たちもできる事なら新しくすることをお勧めしています。

何故かと言うと、もちろん予算もあるのですが、お風呂や脱衣場の内装が新品になります。

すると人間の目は古い物と比較するのです。

どうしても古い物の方が目立つと言いましょうか、気になるのです。

半分くらいのお客様は「やっぱり洗面もリフォームしておけば良かった」と言われるのです。

これは事前にお伝えしているのですが、聞くのと実際に目の当たりにするのはかなり違うようです。

特に洗濯機防水パンはリフォーム前にはさほど気にならなかったのがかなり古さが目立つのです。

出来れば洗面室内もご一緒にリフォームすることをお勧めします。

お風呂リフォームの依頼から工事まで

お風呂のリフォームと言っても、どうすれば良いか、を説明します。

例えば弊社に連絡を頂くと、まず

1. 今のお風呂のサイズや設置場所、天井裏の状況などを確認に伺う日程を決めます。

2. 実際にお邪魔して現状を確認調査します。

3. これを元にどう言うお風呂が収まるかを判断し見積書を作成し、後日お渡しします。

4. 見積書が概ねご了解頂けたら、是非ショールームに行って頂きたいです。

何の為かと言うと、例えば浴槽の入り具合、床の状況(例えばカラリ床)とか、壁の色やデザイン、手すりを付けるとか、照明の種類、換気扇を浴室暖房乾燥機にするなど。

5. ショールームに行って頂きメーカーの見積書を作成するとそれを基に再度見積書を提出します。

6. 見積書をご了解頂ければ契約を致します。(この時手付金をご入金頂きます)

7. ユニットバスをメーカーに対して発注をします。(本体の納期は約2週間ほどですが、職人の混み具合などを勘案してお客様と日程を決めていきます)

8. マンションの場合は工事届出書を管理組合に提出します。(この書類の中には必要に応じて平面図、仕様書、工程表、工事のお知らせが含まれます。また管理組合によっては工事の許諾を得るのに数週間かかる場合があります)

9. 近隣にお知らせをします。(戸建ての場合はこれを省略させて頂く場合もあります)

10. 工事初日 養生をし、解体を行います。

11. 2日目 今までのお風呂の給水管、給湯管、排水管の移設工事を行います。

12. 3日目 ユニットバスが現場に届けられ、現場の階まで搬入し、組み立てをします。

13. 4日目 給水給湯管をシャワー水栓に接続したり、ユニットバスの排水を接続したり、電気の配線、ダクト管の接続、給湯器リモコンの設置、そして解体した壁の復旧と浴室扉の枠を取り付ける大工工事を行います。(これでお風呂に入ることができますが、まだ完成ではありません)

14. 5日目 壁紙や脱衣室の床(ビニールシート)の貼り替を行うと完了です。

15. 引き渡し後残金をご入金頂きます。

以外と手続きが多いと思うかもしれませんが、安い買い物ではありませんので、私たちも緊張感を持って臨みますのでご了解頂きたいと思います。