ユニットバスリフォームの工程5日め

いよいよ最終日になりました。

最後はクロスの貼り替えと床の貼り替えです。

脱衣場イコール洗面室だと思いますが、1日めに壁を壊しています。

4日めに大工工事でユニットバスの扉用「枠」を組み込んで、壊れた壁は復旧しています。

5日めは内装工事です。

壁紙と床材は事前に選んで頂いた物を貼ります。

壁紙は白っぽい柄が主流ですが、落ち着いた雰囲気を出す為に淡いベージュなども好まれます。

床材のCF(クッションフロア)を選んで頂く時、良く言われる事があります。

汚れが取りやすい物が良い、と。

以前のCFは細かい穴が無数にあり、そこに汚れが入り込んで黒くなります。

すると全体的にうすよごれて見えるから真っ平な素材が良いと言われる事が多いです。

床材は石目調が多かったのですが最近は織物調の柄もあるので、冬は石目調は寒く感じる為、織物調も好まれるようになっています。

内装工事が終わるとユニットバスのリフォーム工事は完了です。

ちなみに、ユニットバスを交換する時、洗面化粧台や洗濯機パンを一緒に新しくする事が多くなってきています。

私たちもできる事なら新しくすることをお勧めしています。

何故かと言うと、もちろん予算もあるのですが、お風呂や脱衣場の内装が新品になります。

すると人間の目は古い物と比較するのです。

どうしても古い物の方が目立つと言いましょうか、気になるのです。

半分くらいのお客様は「やっぱり洗面もリフォームしておけば良かった」と言われるのです。

これは事前にお伝えしているのですが、聞くのと実際に目の当たりにするのはかなり違うようです。

特に洗濯機防水パンはリフォーム前にはさほど気にならなかったのがかなり古さが目立つのです。

出来れば洗面室内もご一緒にリフォームすることをお勧めします。

お風呂のリフォーム「解体」

お風呂をリフォーム。

最新のユニットバスは冬でも床が冷たく無いTOTOのホッからり床があります。

従来のユニットバスの床はプラスティックそのものなので冬は足が冷たく感じます。

しかし「ホッカラリ床」は床に保温材を仕込んでいるので真冬に入っても冷たさが殆どありません。

浴槽も保温材が層で囲んでいるので4時間経っても約2.5度しか下がらないのです(ただし風呂フタも専用の断熱風呂フタを使用した場合)。

さて、今日は解体工事。

既存のユニットバスがバラバラになっていきます。

解体は午前中で終わりました。

何もなくなりました。

この後配管工事を行い、今日の工事は終了です。

浴室は冬が一番危険です。

真冬に裸になって寒さにさらされるのは体が防御反応を起こして血管が萎縮して瞬時に血圧が上がります。

その後暖かいお風呂に漬かるので欠陥が急激に広がります。

これがヒートショックです。(STOPヒートショック

この血圧の乱高下が脳梗塞や心筋梗塞などにつながるのです。

事故での死亡者数よりもこちらのヒートショックによる死亡者数の方が多いと統計が出ています。

ヒートショックによる死亡者数は19,000人と言われていますが、平成30年の交通事故による死亡者数は約3,500人。

いかに浴室内での事故が多いかがよく分かります。

実は15年前、母親が倒れたのも浴室で救急車で運ばれ脳梗塞で右半分が動かなくなっていました。(その後リハビリをしてある程度までは回復しましたが後遺症は残りました)

それを経験しているので他人事では無いので注意喚起をしています。

是非新しくリフォームする場合は翌日暖房をつけることをお勧めします。

お風呂のリフォームに関するご質問はこちらまでお願いします。

ユニットバス工事

今日はユニットバスの工事です。

マンションの4階なのですが、エレベーター無しなので、階段で一つ一つ荷揚げをしました。

さすがに4階までの階段で登ったり降りたりはシンドイです。

ユニットバス屋さんはユニットバスも荷揚げをして、道具も上げるのでかなり大変だったと思います。

古いユニットバスは先日解体撤去しているので今日は組み立てです。

ただ、前もって水道屋さんが配管を移設しているのですがユニットバスの排水管を接続する為に来なければならないのです。

ユニットバスの組み立て業務と水道管などの接続は別業者なのです。

前段階の水道工事はここまで。(横たわっている青とピンクの管が水とお湯。左の上から降りている2本のピンクの管は追い炊きの管。黒い2本の管は浴槽とピンクの追い炊きの管を延長接続するための管です。排水管はここでは見えません。上から2本の白い線が垂れさがっているのは換気扇の電線です。)

ユニットバスを組み立てながら、水道屋さんは配管の工事。同時に進みます。

この後ユニットバスの床を設置したら排水の接続。

このお互いの工事が終わると着々とユニットバスが組み上がっていきます。

そして

完成です。

手前の壁とユニットバスの壁のズレがあります。

今度は大工さんが壁を延長し、ユニットバスの扉に枠を取り付けるとある程度まで出来上がります。

見積書に大工工事があるのはもう一つ上の画像を見ても分かる通り扉の両サイドと上、床下の隙間などに壁を作っていきます。

つまり古いユニットバスと新しいユニットバスは扉の位置が違うのです。

それなら入り口を同じ位置に持ってくれば良いんじゃない?

とお思いでしょうが、新旧のユニットバスの設計が違うこと。仮に同じだったとしても1ミリも違わず同じ位置にはできない、と言うこと。さらには解体時に扉枠も壊すので、どうしても壁が壊れてしまうのです。

ユニットバスが組み上がった後、大工工事の他に換気扇と照明器具の電気の接続、換気扇の配管ダクトの工事、給湯器からのリモコンの接続工事が必要です。

ユニットバスの工事には様々なく業種が関わっています。