窓の鍵が壊れたら

窓の鍵が壊れたら鍵を替える

当たり前のことだと思うかもしれませんが、実はなかなか簡単ではありません。

サッシメーカーを特定できない

YKKapとか不二サッシ、東洋エクステリア(トステム、新日軽)などのメーカーだと鍵が見つかりやすいのですが、それ以外だと鍵を探すだけで1週間や2週間は簡単にかかってしまいます。

メーカーが特定できないと鍵も特定できません。

サッシを新しくする

マンションは共有部なので交換には管理組合の許可が必要ですが、木造戸建て住宅であれば交換できます。

ただ、サッシを外そうとすると外壁を壊さなければならない、ちょっと厄介な工事になります。

カバー工法

サッシを壊さない。

サッシの枠はそのままにしてその枠に新しいサッシの枠をかぶせる工法があります。

これがカバー工法です。

外壁を壊すと、大工工事、防水工事、サイディング工事、塗装工事などさまざまな業種が登場しますし、都合数日間の工事になります。

その分費用もかさみますのであまり賢い選択とは言えません。

カバー工法のサッシならサッシのみ工事をすれば良いことと、1日で終わるので朝工事が始まれば夕方には終わっています。

カバー工法ビフォー
カバー工法でサッシをリフォーム(工事前)

外壁の補修などもないので外壁はきれいなまま。

カバー工法工事後
カバー工法でサッシをリフォーム(工事後)

内壁も同じくきれいなままでリフォームできます。

結論:サッシの鍵が見つからない時はサッシのリフォームをしましょう

鍵がどうしても見つからない時は

鍵の交換だけなら費用もそれほどかからないのに、サッシのリフォームまでの大事になってしまう?

と思うかもしれませんが、鍵がない窓は防犯上非常に脆弱です。

泥棒に入られる前に手を打つのが最善の策と思います。

玄関のリフォームはカバー工法がおすすめ

玄関のリフォーム【戸建て住宅】

2通りのリフォームの方法があります。

  • 玄関を解体して壁や床から造りなおす
  • 玄関扉を外して枠をはめ込むカバー工法

玄関を解体して壁や床から造りなおす方法

玄関の枠まで解体します。

枠を解体する時に外壁の一部や内壁の一部も壊れます。

玄関を据え付ける下地を木組みします。

翌日玄関扉を設置します。

3日目に外壁の補修工事をします。

4日目は床タイルなどの補修工事をします。

5日目は内壁の内装工事をします。

玄関リフォーム工事を玄関などを解体して行うと日数も去ることながら、工事の工程が複数あります。

  • 解体工事
  • 大工の下地工事
  • 玄関扉の取り付け工事
  • 外壁の補修左官工事
  • 床のタイル工事
  • 外壁の塗装工事
  • 内壁の内装工事

したがって費用もかかります。

玄関扉を外して枠をはめ込むカバー工法

まず玄関扉を外します。

欄間などは解体しますが既存の枠は残したままにします。

この枠を下地として新しい玄関の枠を取り付けます。

新しい扉を取り付けます。

コーキング処理をすれば完成です。

朝8:30に始めれば、夕方には終わります。

朝会社に行って帰ってきたら別の家のような感じのする玄関に仕上がっていると言う訳です。

結論:1日で工事が終わるカバー工法がおすすめ

解体工事から始めると5日間掛かりますので、防犯上の問題も出てきます。

もちろん、初日は玄関を合板で張り付けて外から入れないようにします。

その間は勝手口から出入りしていただく事になったり不便が生じます。

しかしカバー工法だと防犯の問題もなく、むしろ出来上がった玄関の鍵はかなり防犯性の高いので古い玄関よりも安全です。

ただし、1つだけデメリットがあります。

それは今ある玄関よりも数センチ狭くなってしまうと言う事です。右左の古い枠に新しい枠をはめ込むので左右合わせて数センチ幅が狭くなります。


LIXIL「リシェント」

※マンションの玄関は共有部と捉えられますので、マンションの管理組合で可決される「大規模修繕」で各戸同じデザインの玄関扉にリフォームするケースが一般的ですので勝手にリフォームはできません。

寒さ対策には窓をリフォーム【サッシカバー工法】

木造戸建て住宅は寒い

マンションのような集合住宅とは違い木造一戸建て住宅は実際寒いです。

マンションは隣接している住戸が上下左右と斜めにあります。

熱伝導により暖かさが伝わってくる反面、熱が逃げる面は玄関側とベランダ側だけなのでマンションは暖かいです。

木造一戸建ての寒さ対策。何があるでしょうか。

戸建てが寒い原因

実はマンションに住んでいて家族が増えたから一戸建てに移り住んだ、と言う方からの声が多いです。

戸建て住宅は屋根、壁の向こう側は「外」です。

四方八方が外気にさらされていますので熱が奪われます。

では戸建ては我慢するしかないのでしょうか?

窓は閉めておけば風の侵入がないので寒くはないはず。

それは認識不足です。

壁と窓の面積での割合は窓が圧倒的に小さい面積です。

しかし熱が逃げるのは窓からが8割なのです。

その一番の要因は窓ガラス、アルミ。

特にアルミの熱伝導率は金属の中でも一番です。

冬2月夜は0℃近く。

外の冷気を室内に伝えるのがアルミサッシ。

そして単板の薄いガラスです。

断熱効果の小さい窓
洗面脱衣場の窓サッシ(ジャロジー)
断熱効果の小さい窓
お風呂の窓サッシ(ジャロジー)

真冬にガラスやアルミサッシを触ってみると分かると思いますがとてつもなく冷たいです。

戸建ての寒さ対策「窓、カバー工法編」

では窓をどのようにリニューアルすれば良いでしょうか

  • 薄いガラスをやめて複層ガラス(ペアガラス)にする
  • アルミサッシを熱の伝わりにくい樹脂製にする

これでかなり熱効率は高くなります。

複層ガラスは中に乾燥した空気が入っているので熱の伝わりはかなり小さいです(空気の熱伝導率0.025W/m・K)

アルミサッシは雨風や衝撃に強いのですが樹脂は熱を伝わりにくくします。

この良いとこ取りをしたのが複層ガラス入りのカバー工法サッシです。

1窓あたり2〜3時間ほどで終わります。

断熱効果の高い窓
洗面脱衣場の窓サッシ(押し開き・複層ガラス)
断熱効果の高い窓
お風呂の窓サッシ(押し開き・複層ガラス)

お風呂や洗面脱衣室、寝室にお勧めです。