お風呂あがりのカビ対策

お風呂から上がる時、カビを極力発生させない為にシャワーで洗い流すと良いと聞きます。

では厚いお湯で洗い流すのか、冷たい水で洗い流す方が良いのか、どちらでしょうか。

どうやら石鹸カスや皮脂などを洗い流す為には熱いお湯で洗い流すのが良いようです。

しかし、この熱いお湯の蒸気が湿気を生みカビが発生する環境を作り出すようでもあるのです。

カビが好む環境は

  • 湿気
  • 温度
  • 酸素

の3つです。

お風呂場はカビにとって最適な環境なのです。

できれば水分はない方が良いのでスクイジー(車のワイパーの手動型みたいなもの)で水を切っておく方が良いでしょう。

それも面倒だと言う人はお風呂から出たら、温度を高めに設定して洗い流す。

その後に水をかけて蒸気が出ないようにすることが一番簡単だと思います。

私はその後、換気扇を90分間稼働させています(スイッチのタイマー付きで)。

カビの発生は夏場が一番活発になります。

この酷暑の日々が続いている時は上記の方法だけではカビの発生は抑えられませんでした。

カビキラーでカビを除去しました(防毒マスクを着用しています)。

それでも極端なカビではないので15分も掃除すれば終わります。

お風呂あがりのちょっとしたシャワーでの洗い流しでカビがつきにくいので是非お勧めします。

ちなみに、私は熱めのお湯で洗い流して換気扇を90分回しているだけです。

これでカビ取りは1年に1回で済んでいます。

室内のカビ

部屋の中にカビが出てくる。

例えば寝室の窓の木枠とか、リビングのサッシや窓の木枠が黒くなっていることがあります。

カビであることが多いです。

何故、お風呂場でもない所にカビが生えるのでしょうか?

結露が原因です。

冬場窓ガラスやアルミサッシに水滴が付着していることがあります。

部屋の暖かさと水分があることでカビが発生します。

カビがある場合はハウスクリーニングなどでキレイに取り除きましょう。

カビの量が多いと呼吸でかなりの量を吸い込むことになるので要注意です。

対策

一番簡単ですぐにできる対策は「換気」です。

窓を開けて室内の湿気を含んだ空気を外に排出し乾いた空気を中に取り入れることが一番良い方法です。部屋の空気を全て入れ替えることです。

冬、なかなかこういった換気は寒くてできません。

我慢することは避けて快適な状況で対策を打つなら換気扇で空気を逃す。

または暖房を石油ストーブ、ガスストーブではなくエアコンでする、などです。

これでも少し寒いかも知れませんが結露を抑えるにはある程度の我慢は仕方がないかも知れません。

その他、窓ガラスを複層ガラス(いわゆるペアガラス)にすることか、もしくは内側にもう1組窓を取り付ける「二重サッシ」にすると暖房効果も上がり、結露が少なくなります。

最近の建物は24時間換気が義務付けられていますので、結露はしにくい状況かも知れませんが、それでも料理や加湿器の使用、お風呂からの湿気などで部屋の湿度が高くなると冬は結露します。

木造や鉄筋コンクリートの場合や日光の当たり具合、生活スタイルで結露の場所や頻度がかなり違います。

ご自分の生活スタイルや建築方式、どこが結露しやすいか、などご質問をお寄せください。