キッチンパネル

キッチンパネルをご存知ですか?

キッチンを交換する時に必ず出てくる建材です。

下の写真のピンク色の部分は磁器タイルです。

一辺が10センチの正方形のタイルが並んでいます。

キッチンですので、火を使います。

必ず不燃の材料で壁を保護しなければなりません。

磁器タイルは火が点きませんので不燃材です。

ただし、タイルには目地があります。

目地は磁器タイルより凹んでいます。

そこに油が溜まっていくのです。

まめに掃除をして油を取り除いていれば全く問題ありませんが、掃除が苦手な人は掃除をする間隔が長くなってしまい、そのうちに油が除去し辛くなってしまいます。

油が熱で硬くなっていくとかなり強い洗剤でなければ落とせなくなります。

さらに放置をしておくと油が層になり上層部が垂れ始めます。

そうなると掃除が苦手な人はさらに放置してしまうのです。

ましてやタイルの表面のようにツルツルではなくザラザラした目地に油の層が出来てしまうとなかなか取れないのです。

さらにそのままにしておくと目地が油の酸化と共に変色してきます。

こうなるともう掃除のプロでも落とせなくなるのです。

そんな訳で最近はキッチンパネルにするのです。

キッチンパネルは表面がツルツルで、目地はありません。

スポンジなど柔らかい素材で全体を綺麗にできるのです。

もっともやはりお掃除が苦手で油を層にした場合はプロに依頼すれば変色はないので、綺麗になります。

上の写真はキッチンパネルを貼る前です。

貼るのが意外と難しいのです。

少したわんで置いているのがキッチンパネルですがこれでも加工(カット)していますが、天井までの高さに合わせているので天井に傷つけないように運ばなければなりません。

壁は石膏ボード(不燃材)です。

その上にキッチンパネル(やはり不燃材)を貼ります。

熱に強く汚れを落としやすいのでお手入れが楽なこと、前のピンクのタイルも悪くはないのですが、なんと言っても明るくなります。

キッチンパネルにするもう一つの理由。

古い流し台などを撤去しタイルがそのままだとします。

新しいキッチンを入れるとタイルとキッチンの間に隙間が出来てしまいます。

では古いタイルと同じタイルで隙間を埋めれば良いと思うかもしれません。

タイルの種類が少なく同じ種類はもはや手に入らなくなっている。

タイル職人が減ったことで人件費が高くなる。

などの理由から、キッチンパネルに貼り替えることをお勧めしています。

明るく使いやすいキッチンになりました。

キッチンパネルが明るさを引き立てています。

キッチンのプチリフォーム

リフォームと言っても大仰なものではありません。

レンジフードから異音が出る(つまり故障してしまった)ことと、タイル張りをキッチンパネルにする、と言う2点です。

レンジフードは浅型、深型、シロッコファン、ターボファンなど種類がいろいろとあります。

レンジフードのみを替える場合は排気管の位置によって自ずと同じ既存と同じ形式にならざるを得ないのです。

吊り戸棚の高さが50cmの場合、レンジフードのトータルの高さが50cmになり、本体の厚み(高さ)が20cmあるとダクトを配置する空間のクリアランスは30cm。

しかし、ダクトを接続する為のジョイントが本体にある為ダクトの有効寸法は20cm以下になります。

ダクトの径はΦ150ですので、殆ど振り回せない状況にあります。(細かい話はこれくらいにします)

まずは元の状態をごらんください。

レンジフードの幕板を外した後の状態です。

シルバーに見えるのがダクトで不燃材を巻いていてその表面が銀色です。

レンジフードを取り替えるだけなら何と言うこともないのですが、ここにキッチンパネルを貼ります。

レンジフードを取り替えて左の面にキッチンパネルを貼った状態。

水切りがあるので、システムキッチンではありませんが、タイルの状態から比べると明るくなりました。

出来ればシステムキッチンに交換した方がデザインも機能も既存の物とは格段に違うのですが。。。

例えばこの状態からシステムキッチンに交換する場合は、キッチンパネルは解体しなければなりません。

つまりこのキッチンパネルを残したままシステムキッチンには交換できないのです。

既存のキッチンはそのままにしてキッチンパネルをカットして貼っています。

水切りから上はパネルがありますが、水切りを撤去するとパネルはない。

新しいシステムキッチンの天板の位置はもっと低いので、パネルではない部分がむき出しになってしまう。

従って新たにシステムキッチンにする場合はこのキッチンパネルは撤去せざるを得ないのです。

部分的なリフォームは全体をリフォームするよりもコスト高になってしまう傾向があります。

十分検討の上リフォームをした方が良いと思います。