ユニットバス完成

ユニットバスの組み立てが終わっても、その日は入れません。

何故入れないかと言うと「コーキング」が硬化していないからです。

コーキングとは何ぞや?

コーキングは効果するとゴムのような性質になる、硬化前は半練り状の物です。

これがユニットバスの隙間を埋めて水漏れが起きないようにしてくれる役目を果たします。

硬化しないうちにお風呂を使うとコーキングが変形したり、最悪の場合部分的穴が開いてしまい水漏れの原因になるのでご注意下さい。

さて、ユニットバス、TOTOのサザナが完成しました。

コーキングは昨日行っているので、養生をはがして清掃をしたら入浴できます。

新しいお風呂に入るのは気持ち良いと思います。

TOTOの戸建て用ユニットバスは、ほっカラリ床と言い、床は断熱材が入っているので足が冷たく感じないようになっています。

また「カラリ」と言う言葉が入っているように水はけも良いのでお掃除が楽です。

オケを置く台があります。その上が水栓になっています。

オケが少し高い位置にあるので床に置いた時と違い屈まなくても良く姿勢が保てるのが特徴です。

浴室は2段構えの底面になっています。

が、特徴はこれではありません。

浴槽の縁の形状が少し高くなっています。

湯船に入る時頭を乗せても背中が浮く事なくリラックスして浸かっていられる為の形状です。

タイル張りの在来工法のお風呂でも、ユニットバスからユニットバスへのリフォームでもどちらでもご相談下さい。

質問だけでもこちらまでご連絡下さい。

TOTOサザナのシャワー水栓

今日はお客様をTOTO厚木ショールームにご案内しました。

今月いっぱいは予約のみの案内で、時間通りに入館すると鍵を締めて予約なしのお客様は入れないようになっていました。

今日はサザナのシャワー水栓について2種類説明します。

カタログに詳しい説明がないので今日ショールームに行った時に撮影した画像で説明します。

標準グレードのシャワー水栓はこちら

本体右側にあるハンドル(ダイヤル)はシャワーとこの本体の下から出るいわゆる蛇口、手前の方に回すと蛇口、向こう側に回すとシャワーが出ます。真ん中が停止です。

停止から手前に回すほど蛇口から出る量が多くなり、奥へ回すほどシャワーの量が増えます。

左側は温度調整のハンドル。

上の画像はハイグレードの水栓です。

左側の四角いボタンはシャワーと蛇口で左側がシャワー右側が蛇口。

その右の丸いハンドルのうち右側が温度調節、左側は水の出る量の調整ハンドル。

ハイグレードの水栓の方がワンタッチでオンオフが出来るので楽だと思いました。

こんな説明がカタログにないのはTOTOさん、分かりづらいと思いますよ。説明のページを設けて下さい。

質問、もしあればこちらへお願いします(TOTOに質問してお応えします)

お風呂のリフォーム(打合せ)の様子

戸建てのユニットバスのリフォームの説明をしています。

新しく入れ替えるユニットバスは、TOTOの戸建て用ユニットバスルーム「サザナ」です。

私が普段どのような感じでお客様とお話をさせて頂いているかをご覧頂ければと思います。

自分の姿を見せるのは恥ずかしいことでもあり、また心苦しく、世間様に晒すのは如何なものかとも思ったのですが、意を決して撮影しました。

雰囲気だけでも分かって頂ければ幸いです。

7分ちょっとありますので、お時間のある方のみご覧下さい。

なお、お客様に撮影の趣旨を説明しご了解を頂いた上で撮影させて頂いております。

今回お邪魔しましたのは小田原市の大野様のお宅です。

ご質問などはこちらへお願い致します。