キッチン交換

キッチンのリフォームと言うとかなり勇気のいる大仕事になりそうだと思っている方も多いのではないでしょうか?

でもそれ程気が重いと言うほどでもないのです。

ただ、お料理を作れなくなるのですが、それも1日です。

換気扇の汚れを見てコンロにこびりついた汚れを見て、少し水漏れのある蛇口をひねりながらお料理を作るよりスッキリとしたキッチンで作ると何故か効率的になる筈。

雑然としたキッチンの交換には、不要な物を処分。いわゆる断捨離もやって頂く方が気持ちも切り替えられます。

キッチンに立った時、腰が痛くなる事が多いと言う人は流し台の高さが合っていません。

高さはショールに行って確かめた方が良いでしょう。

さて、交換の前、何もない状態になりました。

こうなると少し寂しい気持ちもありますが、明るい明日に向かうのです。

後ろ向きの気持ちは捨てましょう。

画像はキッチンの交換だけでなく、壁や床の内装も新しくなり、照明や扉が新しくなっているので同じ現場かどうか分かりづらいかも知れませんが同じ場所です。

これだけキレイになると毎日のお料理も楽しくなるとは思いませんか?

ただ、このリフォームにはかなりの変化があり、以前のキッチンにはあった瞬間湯沸かし器がなくなっています。

また、蛇口の取り出し位置も変わっています。以前はシンクが真ん中だったので中程に位置しており、且つ壁から出ていましたが、給水管の位置を変更、給湯や排水管の位置も変更しています。

新しいキッチンはシングルレバー水栓になり、且つシンクのすぐ脇から立ち上がっています。

給湯器は別に設置して、その給湯器からお湯の配管をキッチンまで繋いだのです。

床の張替え工事も行ったので床下に配管出来たのです。

リフォームの難しいところはキッチンの交換だけでなく、給湯器からの配管、ガスの配管、電気配線なども絡んでくるのでキッチン業者に加えて水道業者、ガス業者、大工、電気配線なども絡んでくる事です。

キッチン交換

アパートのキッチンを交換しました。

以前のキッチンは瞬間湯沸かし器が流しの前に取り付けられており、蛇口は水しか出ない。

ガスコンロは、ホームセンターなどで売っているガステーブルを買ってきて自分で設置するタイプ。

キッチン廻りは不燃材であるステンレス板が貼ってあり、ステンレス特有の錆びも出ています。

キッチンの扉は裏側がベニヤで、少し安っぽいかな、と。。。

換気扇はプロペラファンです。

実はプロペラファンは排気効率は一番良いのですが、見た目があまりよろしくないのでレンジフードが選ばれます。

新しいキッチンは、扉の面材もキレイ。

ガスコンロはビルトイン型。

水栓は新たに配管をしなおして、混合水栓。

不燃材はキッチンパネルを使い、明るさも演出。

そして苦労したのはレンジフード。

既存の穴を利用しての当世はやりの「薄型レンジフード」に変更。

手元灯はLEDへ。

以前とは全く違う部屋に見えます。

良い入居者が見つかると良いな、と思いました。