INAXトイレの修理

トイレのタンクの水が止まらない時はボールタップの交換とゴムフロートの交換が必要です。

築年数約40年のマンションのトイレです。

INAXの3点式ユニットバス(お風呂の中に洗面とトイレがあるタイプ)のタンクの修理です。

ボールタップはタンクの中に水が注がれ水位が基準の位置まで高くなると水を止める装置です。

劣化して水が止まらない現象です。

既存のボールタップも同じINAXのボールタップでした。

ボールタップとゴムフロートも交換しました。

流れっぱなしになる事はないと思います。

40年近く経過しているのでユニットバスも交換の時期に来ています。

因みに事務所でご使用のお部屋なので、なかなか工事に踏み切れないご様子です。

事務所で使用する場合はトイレは分離し、浴槽などは必要ないのでそのスペースを洗面スペースにリフォームするのが良いかと思います。

これ何の為にあるの?1

これ何の為にあるの?

矢印で示した所なのですが、毎日使うトイレですが、一度も使ったことがないと言う人がかなりの人数いらっしゃるのではないでしょうか。

コレ「止水栓」と言います。

例えばタンクから便器に水が流れっぱなしになることがあります。

そんな時はここで水を止めてあげればタンクに溜まらないので流れっぱなしはなくなりますよね。

その他、タンクの上から水が出て手を洗いますが、その時水の量が多過ぎて周りに飛び散る、と言う時はこの止水栓で絞れば水の勢いを調節できます。

マイナスドライバーとかコインで回します。

ただし、何年もこの止水栓を使わないでいると固着してかなり硬い状態になります。

マイナスドライバーで右左に何度も回してみると動く事がありますが、10年以上そのままの場合で硬くて回らない場合は諦めた方が良いです。

無理に回すとその止水栓から水漏れが発生しますので…

出来れば水道関係の職人さんについでの時に見てもらうか、新しいものに替えるようにして下さい。

トイレのインテリア(アクセントクロス)

トイレは毎日使う所ですね。

壁紙を1面だけ替えることでアクセントになります。

古い便器のままですが、雰囲気が変わるので新しい感じになります。

周囲3面をタイル張りのデザインのクロスで1面がブルーです。

画像ではグリーンに近く見えるかも知れませんがブルーです。

床は最近、サンゲツが出しているわざと古い感じをデザインしたCFでフレンチアンティークタイル。(HM4116)

インテリアで雰囲気を変えることができます。