扉の面材がヨレヨレに…

扉がらこんな風になってしまうことは…

正直なところあまり見かけません。

ある特定のアパートで使われた建具で同じような現象があるのは見たことがあります。

経年劣化と言うのもありますが、それなら全ての建具で同じようになるはず。

普通ならこのような状態になると扉のリフォームを提案します。

しかし、リフォームにはそれなりの工期が必要で「では明日お願いします」と言われても出来ません。

建具の納期もあります。職人のスケジュールもあります。

ましてや建具のリフォームとなると、解体,大工、内装(壁紙)と清掃が必要になります。

そこで長持ちはしませんが表面を張り替える方法をお教えします。

3Mの「ダイノック」です。

木目の種類から選んで(必ずしも同じ柄があるわけではありません)表面を平滑化して貼ります。

色は微妙に違いますが、上の画像のようなヨレヨレは隠せます。

このダイノックシートの値段はは木目柄でⅠ平方メートルあたり6千円〜、です。

扉の延命措置として考えていただければと思います。

扉のキズ

扉の木口の剥がれ。

全ての建具に当てはまるわけではありませんが、木口を貼り替えることが出来ます。

メーカー品(大建工業、Panasonic、ノダなど)は貼り替えることはできません。

木口の面材を剥がしているところ。

した時を傷つけないように丁寧にはがします。

その後新しい面材を貼ると完成です。

建具は特注する事も出来ますが、全く同じ面材やデザインを作るのはなかなか簡単ではありません。

建具は

修復扉の新規作成扉と枠の既製品へ交換

があり修復より新規作成より既製品への交換が高くなります。

内装をリフォームすると建具が古臭く見えるので出来ればデザインを考えて建具を交換した方が良いと思います。

建具(扉)のリフォーム

賃貸物件ではなかなかリフォームしない物の一つに扉があります。

内装がキレイになっても扉が元のままだと何となく新しく見えないような気がします(私自身の職業病かも…)

扉を新しくするにはどんな種類があるかと言うと

①枠から外して枠と扉の交換

②枠は残して扉だけ交換

③扉の上からシートを貼ってキレイにし、枠は塗装する

などがあります。

枠を解体して新しくする場合、壁も壊れる事も多々ありますので、内装工事(壁紙の貼替)も含めるのが一般的ですので、費用は①が一番かかります。

後は順番通りです。

アイボリー色、単色の扉は古い感じがしますが、昔はそれが普通で、木目だと本物の木を使っているのでかなり高価な扉です。

今は殆どが木目調ですがプリントです。

撮影の角度が悪いので分かり辛いかもしれませんが木目の扉に交換しました。

スリット2本で高さは2mありますので、身長180センチ以上の人でも頭をぶつけることなく通れます。

(私は178センチなのですが、低い扉だと頭をぶつけることがあります)

単色だと無機質ですが木目だと暖かく感じますよね。

扉のリフォームは、出来ればお部屋全体のフルリフォームの時に交換する事をお勧めします。

前述の通り扉枠の周囲の壁も修復しなければならなくなるので壁紙を貼り替えなければ格好悪くなる為です。