蛇口のパッキンの交換をやってみる【DIY】

蛇口から水漏れが起きたらパッキンの交換をしましょう

お湯と水の2つのハンドルがある蛇口(画像)でのパッキン交換です。

用意するもの

  • コマパッキン
  • 三角パッキン
  • パイプ用パッキン

用意する道具

  • プラスドライバー
  • モンキー
  • プライヤー
  • ピンセットかラジオペンチ

パッキンの交換手順

  1. 元栓を閉める
  2. ハンドルのふた(青と赤のキャップ)を取り外す
  3. 利き手でプラスドライバーを持ち反対の手でハンドルを固く握りネジを取り外しハンドルも外します
  4. スピンドルを固定しているキャップナットをプライヤーで外します(六角ナットになっている場合はモンキーで外します)
  5. キャップナットを外す時スピンドルも緩めておきます
  6. キャップナットが外れたらスピンドルも外します
  7. スピンドルの上に丸いドーナツ状の金属(座金)も外します
  8. コマパッキンをピンセットかラジオペンチで取り除きます(スピンドルに固着している場合はコマパッキンを外しますが、スピンドルと一体になっている物がありますがこれはコマパッキンは交換できません
  9. コマパッキンは新しい物を本体に差し込みます
  10. キャップナットの裏側にもパッキン(これが三角パッキン)があるので外します(簡単に撮れない場合はラジオペンチかマイナスドライバーで)(力を入れすぎて反対側に突き刺すようになるので怪我に注意!)
  11. 三角パッキンを新しくします。
  12. コマパッキンにうまく刺さるように真上からスピンドルをねじりながら差し込みます(お湯も水も)
  13. 7.で外した座金(できれば新しいもの)をスピンドルの上から差し込みます
  14. 三角パッキンを入れ替えたキャップナットを取り付けます
  15. キャップナットは手で締められるところまで硬めに手で締め付けます
  16. プライヤーで軽めに締め込みます(だいたい90度から180度以内)締め込み過ぎるとハンドルの開け閉めがすごく固くなりますし損傷するので、ちょっと締め込む程度と考えてください
  17. ハンドルを取り付けネジを締め込みます3.の逆です(こちらは固く締めてください)
  18. ハンドルのふたを取り付けます
  19. ハンドルで軽く水が出ない程度に閉めます
  20. パイプの付け根の六角ナットをモンキーで緩めて外します
  21. パイプを外します
  22. パイプが付いていた受け側(本体)にO形のパッキンが残ったままになっていると思いますので取り外します(パッキンに溝が付いている方がパイプとは逆の方になっていることを確認しておいてください)
  23. 新しいO形のパッキンを溝をパイプと逆方向に向けて差し込みます
  24. 新しいパイプを取り付け六角ナットを固く締めます
  25. 元栓を開け、水、お湯を出したり閉めたりして確認し漏水がないかも確認して終わりです。

※上記の名称と部品や位置がわからない時はこちら(TOTOの解説)をご覧ください

簡単なので自分でやってみましょう。

ただし自信のない方は無理せず水道業者に依頼しましょう。

最初の元栓を閉め忘れて分解を始めると、あたり一面水浸しになり、マンションでは階下に水漏れ事故を起こしてしまい、多大な被害を及ぼすこともあり得ます。

ちょっとの費用を惜しんだ為に高額な弁償をすることにならないように十分考えて自己責任でDIYをしてください。

日立化成のユニットバス

ユニットバスの中にある洗面ボウルの排水管から水漏れが発生。

洗面ボウルからでた排水は一度下がってそれから上がって浴槽の方に流れていきます。

排水が直線か、あるいはL型で排水すれば良いのにわざわざ曲がっているのはなぜなのか?

それは排水トラップと申しまして管の中に水を溜める事で臭いや虫が上がってこないようにする装置なのです。

それはともかく、水漏れの原因は配管をつなぐパッキンの劣化。

ではこのパッキンは簡単に手に入るか?

と言えば、答えはNO。

日立化成で作っているユニットバスなので、このメーカーの物でないと合いません。

では日立化成に連絡しようとしても既に日立化成は既になくなっています。

昭和電工の子会社となり昭和電工マテリアルズになっています。

しかし!

ここに連絡しても何も解決出来ません。

ユニットバスの修理などに関しては、ハウステックが引き継いでいます。

ややこしいですね。

今回はハウステックに修理まで依頼しました。

日立化成のユニットバスの修理に関してはこちらから連絡をしてみてください。

ちなみに水栓メーカーでMYMがありましたが、これはKVKに引き継がれています。

このように今はないメーカーの修理に関して調べるのは少々面倒くさいですが、引き継いでいる会社があればラッキーだと思いますので根気よく調べてみてください。

パッキンの交換

お風呂のシャワー水栓から水漏れがある、とのことでパツキンの交換をしました。

ユニッバスでもシャワー水栓は回して開け閉めするお湯と水の2つハンドルがあるタイプとレバーを前後に回して開け閉めするタイプ。

さらにレバーを上下に動かして開け閉めするタイプなどがあります。

今回の水栓は昔からあるタイプの2つハンドルがあるタイプ。

これは単純にパツキンを交換するだけです。

ハンドルを外した時の画像。水栓はKVK製です。品番はおそらくKF30N2だと推測します。(止水付きだとKF100N2ですが)

劣化したコマと三角パツキン。

シングルレバータイプはメーカーのメンテナンスに依頼した方が良いです。

単に中にあるバルブを替えるだけとは言え専門工具がないと分解できない物もあるのでプロに任せるべきです。

今日は劣化したパツキンを交換して終了。

ハンドルを回して締めても1日でバケツ2杯分(おおよそ20リットル)ほど溜まったそうです。

となると放っておくと月に600リットルもの水を捨てることになるので非常にもったいないし不経済ですよね。

パツキンを交換して部品を取り付けて、元栓を開けチェックして問題なければ完了です。

ただ、パッキンの交換はここ2年で2回したと言う事なので、器具本体の劣化が考えられます。

今回はピタッと止まりましたが、お湯側から水漏れが始まることは多いですね。

つまりお湯でパツキンのゴムが膨張し冷えると収縮するので水側のパッキンよりも劣化は早いです。

それとハンドル式はクルクル回すのでネジ山がすり減る事があるので、その時はパッキンを交換しても漏れは直りません。

シングルレバータイプは中にサーモスタットを内蔵しているので温度設定しておくとそれ以上の温度にはならないので安心です。