ユニットバスリフォームの工程5日め

いよいよ最終日になりました。

最後はクロスの貼り替えと床の貼り替えです。

脱衣場イコール洗面室だと思いますが、1日めに壁を壊しています。

4日めに大工工事でユニットバスの扉用「枠」を組み込んで、壊れた壁は復旧しています。

5日めは内装工事です。

壁紙と床材は事前に選んで頂いた物を貼ります。

壁紙は白っぽい柄が主流ですが、落ち着いた雰囲気を出す為に淡いベージュなども好まれます。

床材のCF(クッションフロア)を選んで頂く時、良く言われる事があります。

汚れが取りやすい物が良い、と。

以前のCFは細かい穴が無数にあり、そこに汚れが入り込んで黒くなります。

すると全体的にうすよごれて見えるから真っ平な素材が良いと言われる事が多いです。

床材は石目調が多かったのですが最近は織物調の柄もあるので、冬は石目調は寒く感じる為、織物調も好まれるようになっています。

内装工事が終わるとユニットバスのリフォーム工事は完了です。

ちなみに、ユニットバスを交換する時、洗面化粧台や洗濯機パンを一緒に新しくする事が多くなってきています。

私たちもできる事なら新しくすることをお勧めしています。

何故かと言うと、もちろん予算もあるのですが、お風呂や脱衣場の内装が新品になります。

すると人間の目は古い物と比較するのです。

どうしても古い物の方が目立つと言いましょうか、気になるのです。

半分くらいのお客様は「やっぱり洗面もリフォームしておけば良かった」と言われるのです。

これは事前にお伝えしているのですが、聞くのと実際に目の当たりにするのはかなり違うようです。

特に洗濯機防水パンはリフォーム前にはさほど気にならなかったのがかなり古さが目立つのです。

出来れば洗面室内もご一緒にリフォームすることをお勧めします。

ユニットバス完成

ユニットバスの組み立てが終わっても、その日は入れません。

何故入れないかと言うと「コーキング」が硬化していないからです。

コーキングとは何ぞや?

コーキングは効果するとゴムのような性質になる、硬化前は半練り状の物です。

これがユニットバスの隙間を埋めて水漏れが起きないようにしてくれる役目を果たします。

硬化しないうちにお風呂を使うとコーキングが変形したり、最悪の場合部分的穴が開いてしまい水漏れの原因になるのでご注意下さい。

さて、ユニットバス、TOTOのサザナが完成しました。

コーキングは昨日行っているので、養生をはがして清掃をしたら入浴できます。

新しいお風呂に入るのは気持ち良いと思います。

TOTOの戸建て用ユニットバスは、ほっカラリ床と言い、床は断熱材が入っているので足が冷たく感じないようになっています。

また「カラリ」と言う言葉が入っているように水はけも良いのでお掃除が楽です。

オケを置く台があります。その上が水栓になっています。

オケが少し高い位置にあるので床に置いた時と違い屈まなくても良く姿勢が保てるのが特徴です。

浴室は2段構えの底面になっています。

が、特徴はこれではありません。

浴槽の縁の形状が少し高くなっています。

湯船に入る時頭を乗せても背中が浮く事なくリラックスして浸かっていられる為の形状です。

タイル張りの在来工法のお風呂でも、ユニットバスからユニットバスへのリフォームでもどちらでもご相談下さい。

質問だけでもこちらまでご連絡下さい。