ベランダに出る時、網戸が動かない

ベランダに出ようとした時、窓サッシはスッと開くのに、網戸が引っかかってなかなか開かない。

何が原因でしょうか?

  1. 滑車が破損した
  2. 滑車が奥に引っ込んで滑車の役目を果たしていない
  3. サッシのレールがゆがんで網戸と摩擦が生じて動きにくくなる
  4. 網戸の枠がゆがんでしまいレールと摩擦が生じて動きにくくなる
  5. 網戸枠が経年劣化で縦横の枠が固定されずグラグラになって動きにくい
  6. 網戸枠の変形が生じて動きにくくなる
  7. サッシ枠の上部が下に垂れてしまい動きにくくなる
  8. 鉄筋コンクリート造の場合コーキングが邪魔して動きが悪くなる

以上が考えられることです。

原因がサッシのレールが歪んだ場合は修正できる可能性は大です。

原因が滑車だった場合は滑車を交換すれば良いのですが、網戸に合う滑車がない場合もあります。

何故か?昭和から平成にかけて倒産した会社がかなりの数あるからです。

部品として滑車が入手できないケースもあります。

滑車がない、枠が変形した場合は網戸を新規で特注する方法を提案しております。

掃き出し窓用網戸(高さが概ね180cm、幅が概ね90cm以内のサイズ)だと1本15,000円位〜になります。

修理ができれば一番良いのですが、人件費や出張費や滑車を探す労力を考えると15,000円以上のコストになりますので、新規製作でお願いしております。

マルチエアコンから普通のエアコンに切替

マルチエアコンとは

エアコンは通常は室内機1台に対して室外機1台の1対1が普通ですが、室内機2台に対して室外機1台のタイプをマルチエアコンと言います。

マルチエアコンのメリットとデメリット

2部屋にそれぞれ室内機を設置しても室外機が1台ですので、ベランダを占領するスペースを小さく取れる、電源が1箇所で済む、などのメリットがあります。

ただどちらか1台が故障した時にもう一方の部屋のエアコンも動かなくなるという言う猛暑の夏には許されないような状況になってしまうデメリットもあります。

もう1つのデメリットは価格が高いと言うこと。

普通のエアコンをお勧めします

お客様には上記のポイントを説明し、マルチエアコンから普通のエアコンに切り替えることにしました。

現在エアコンの室内機を取り付けているところに電源がなければ新たに配線する必要があることと、室外機が2台になってしまう事を了承して頂きました。

コストパフォーマンス

結果的にはマルチエアコンよりも、普通のエアコン2台の方が安くなりました。

現在200Vですが、エアコンを新設時に100Vに切り替えます。

見積書がOKになれば早めに発注をし、工事の予定も早めに設定します。

それにしても暑い。エアコンは必需品ですね。

結論

マルチエアコンが壊れた時は普通のエアコンに切り替えることをお勧めしています。

マルチエアコン一番のデメリットは壊れると室内機の2台とも動かなくなることです。

普通のエアコンは一度に2台壊れることはまずありませんから。

木造と鉄筋コンクリート造ではエアコンの効率が違いますので、木造の場合は部屋の大きさより1つランクが上のエアコンを選ぶと冬も夏も快適ですよ。

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。