寒い部屋は窓のせい?【手軽にできる対策もあります】

窓からの冷気が入ってくる

全ての原因が窓にあると言う訳ではありませんが、窓から冷気が入ることは壁に比べて大きいのは一目瞭然でしょう。

特にアルミサッシで一枚ガラスは外の冷気が直接部屋の中に入る入り口です。

アルミの熱伝導率は非常に高く真冬窓のアルミを触ると本当に冷たいことがわかります。

ついでにガラスも触ってみてください。ガラス1枚だとその熱伝導率が高いこともわかると思います。

部屋の暖かさは窓から出ている

熱伝導率が高いと言うことは部屋の暖かい温度は外に出て行っています。

「熱量保存の法則」を考えると寒さが入ってくる分暖かさが出ていくのは中学校の時に習った通りです。

せっかく温めた部屋も温度が上がらないのはどうやら窓が一番のロスポイントのようです。

暖かさを保つには

  • 市販の断熱材を貼る
  • ガラスを複層ガラス(ペアガラス)にする
  • 窓の内側にもう一つ窓を設置する

1. 市販の断熱材を貼る

● 市販の断熱材を貼るのは一番手っ取り早くて安価な方法です。

 ニトムズ 窓ガラス 断熱シ-ト フォ-ム 10M 水で貼れる 結露防止 幅90cm×長さ10m 1枚入 E1534などがありますので参考にしてみてください。

● 厚手のカーテンをつるす

 カーテンを吊るすのも1つの手です。メーカーではその設定はありませんが、窓とカーテンの間の隙間を出来るだけなくすことで空気層を作れれば多少解消すると思います。(厚手で裏地があり丈の長さが床で余る位、できればカーテンボックスがあるとなお良いと思います)

2. 複層ガラスにする

 複層ガラスにすると熱効率がかなり良いので外からの冷気も部屋からの暖気が逃げることが少なくなり、かなり低減できます。

既存のサッシのガラス(単板)を複層ガラス(ペアガラス)に交換すると言うやり方もあります。

サッシ枠だけ残してその上から新しく枠を取り付けて新しい窓を取り付ける工法があります。カバー工法と言いますが、この方が断熱をより意識した造りになっています。

いずれのメーカーも樹脂を採用していて部屋内には樹脂で断熱性を確保しています。

注意点として、戸建ての場合は全く問題ないのですが、マンションは窓は共有部なので管理組合の許可なく勝手に窓交換をすることはできません。

メリットとしては断熱性能がかなり上記3つのうち一番効果が高いことと見た目も綺麗です。ただし最も高額になります。

3. 窓の内側にもう一つ窓を設置する「二重サッシ」と言う考え方

今あるサッシ枠を利用して部屋側にもう一組窓を設置する工法です。

これらの製品はどのメーカーもアルミではなく樹脂サッシです。樹脂にすることによって熱伝導率を極端におさえます。

結論

1.安価で手軽に対策できる

ニトムズ 窓ガラス 断熱シ-ト フォ-ム 10M 水で貼れる 結露防止 幅90cm×長さ10m 1枚入 E1534や厚手のカーテン。

安価で出来ますが、断熱性は低いです。

2.二重サッシ

次に工事が必要になりますが二重サッシ。

断熱性はかなり高いですが、サッシが二重になるので開け閉めが面倒くさくなります。

3.カバー工法のサッシ

最後に一番美しく効果が高いものが窓ガラスとサッシを新しくするカバー工法のサッシ。冬に起きる結露もかなり防いでくれます。

価格は高いですが、断熱効果が高く美しいです。さらに面倒くささはありません。

上記「カバー工法」と「二重サッシ」は夏の酷暑の時の外の熱気を中に入れない効果もありますので、今や1年の大半を閉める夏と冬の光熱費を考えるとかなりの恩恵があると思います。

参考としてご覧ください

これらがどれくらいの効果があるのか数字として(2.と3.について)説明があります。

広告を含んでいますが数字などがありその効果がわかりやすくなっています。

寒さ他の原因

長年リフォームの仕事をしていますが以下のことが原因の場合もあります

  • 断熱材が少ない、もしくはない
  • 床下が空洞の場合は寒さが床から来ます
  • 隙間がある
  • など

私は経験として「二重サッシ」が価格的にも断熱効果もお勧めです。

断熱・防音にインプラス

ここのところ急に寒くなって暖かさが恋しくなっています。

これから冬に入ると外からの寒気は入ってきて欲しくない侵入者です。

そこで窓対策。

LIXILの「インプラス」なるものがあります。

内窓と言う考え方。

つまり窓の内側(イン)に窓を設置(プラス)する工法です。

インプラス

よく考えられたネーミングですねぇ。

窓枠に樹脂製のサッシを取り付けます。

窓と窓の間に空気層を作ります。

空気層を作ると2つのメリットがあります。

1つは断熱効果

もう一つは防音効果

先日の簡易防音室にも記しましたが、防音の為の内窓です。

熱量保存の法則を考えると部屋の暖かい空気がアルミサッシとガラスに触れると急激に温度が外に奪われます。

アルミは熱伝導率が高いのですぐに結露をする程です。

ところがその内側に樹脂サッシがあるので急激に熱が奪われる事がかなり減ります。

断熱、防音をお考えの方、是非ご検討ください。

断熱には二重サッシ

冬の寒さ。

夏は直射日光の暑さ。

冬は暖かく、夏は涼しく過ごしたいものです。

サッシの内側にもう一つサッシを設置する事でサッシが二重です。

LIXILでは「インプラス」と言うシリーズがあります。

これは既存のサッシと新しく手前に新設したサッシの間に空気層を作ることで熱の伝わり方を抑えることができます。

もう一つ二重サッシにはメリットがあります。

外からの騒音を低減するとともに、室内から外へ漏れる音量を低く抑えられます。

つまり防音が出来ます。

出来ればガラスを複層ガラスにすれば断熱効果や防音効果が高まります。

是非一度ご覧下さい。

※注意) 断熱効果が高まりますが、空気の移動が少なくなります。換気は行うようにしましょう。

夏、太陽光で暑い部屋を涼しくしたい!

夏の太陽光はかなりの熱エネルギーを放射します。

家の中に太陽光が入るのは、気持ちの良い反面、暑さをもたらす熱中症の危険性もはらんでいます。

これを簡単に、そして安価に解決する方法があります。

それは外断熱と言う考え方。

太陽の熱を窓に入る前に止めたいのです。

さて、一番簡単で安価な方法です。

それは「ぷちぷち」です。エアーパッキンなどとも言います。

正式名称は「気泡緩衝材」と言うのですね〜(知らなかった…)

これを窓の外側のガラスに貼ります。

両面テープで貼ればOKです。

これでかなり断熱効果が高まります。

昨年、お得意様から部屋が暑いので何とか出来ないか、と相談があったので晩夏に取り付けました。

これが私が思っていた以上に好評で「是非他のお客さんにも教えてあげて!」と言われました。

今年も引き続きかなり快適に過ごしているご様子ですのでこちらで紹介をしました。

ただし、デメリットもあり、中から外が見えなくなる。

逆を言えば外から中が見えないのでプライバシーは守れるかな、と思います。

暑くて熱中症が気になる方は是非お試し下さい。

何かご質問あればこちらまで

夏の窓を断熱したい

窓からの日差しはこれから夏本番になるとかなり熱いですね。

太陽からの熱を防ぐ方法で一番良いのは「簾(すだれ)」や「よしず」が良いとされています。

窓の外で熱線を遮るのが室内の温度上昇を抑えます。

外断熱と言う考え方です。

窓の内側で熱を遮ると室内の温度が上昇しますので効果はあまりないと思います。

ただ、簾やよしずは風の強い時(台風など)は片付ける必要がありますのでちょっと面倒くさいです。

そこでお手軽外断熱。

プチプチを窓ガラスの外に貼る。

実は去年装着したのですが「夏の室内温度が下がった」とお客様の言葉です。

ホームセンターで買ってDIYすればかなりリーズナブルにできますよ。

ただし、格好は良くないです。

ご質問はお気軽にどうぞ

防音、断熱に二重サッシ

マンションの最上階にお住いのお客様から夏、暑くて眠れない、と言うご相談がありました。

そのお部屋の一番日当たりの良い部屋はサウナ状態になると言うことで、何か良いアイデアはないでしょうか、と言われたので二重サッシを提案しました。

何しろ、エアコンの効きが悪いと言われるのですが、やはり太陽光の力は凄まじく、部屋の中が本当にサウナのような状態でした。

このサッシの内側に新たにサッシを取り付けます。

古いサッシと内側のサッシの間に空気層ができるため、ある程度は熱を遮断してくれます。

とは言え温度差は極端ではなく数度下がる程度であること、諸条件によって効果も違ってくると言うこともお伝えしています

既存のサッシのクレセントが干渉しない程度のスペースが必要ですので、場合によっては取り付けが出来ないこともあります。

内側のサッシは複層ガラスになっていますので、断熱も期待できます。

1窓の工事自体は1時間もかかりません。

ただ、採寸の日程が必要で、見積書を提出してお客様から承諾をご連絡頂きます。その後メーカーに発注をかけますが納品まで2週間程度掛かることもあります。

このお部屋は寝室のため夜私どもで確認することはできませんが、後日、良く眠れるようになった、とお喜びのお声を頂きましたので、私としても一安心です。

副産物的効果として外からの音も軽減されたことも眠りやすくなった要因だと言われました。

ただし、二重サッシの効果は断熱と防音と種類が違いますので、予めご了承ください。

ちなみに二重サッシは各社から出ています。

LIXILは「インプラス」(これは有名ですよね)YKKapは「プラマード」、旭硝子は「窓窓」などがあります。