寒さ対策には二重窓(木造戸建て住宅)

寒さ対策には二重サッシが有効

冬、暖房の熱が逃げる場所は窓。

その割合は58%にも及びます。

壁から熱が逃げるよりも窓を閉めていても熱が逃げてしまうんですね。

なので二重サッシが寒さ対策の一つです。

窓から熱が逃げる訳

窓はアルミサッシが大半を占めています。

アルミの熱伝導率は220W/(m・K)です。鉄が80ちょっとなのでアルミの方が圧倒的に熱を伝える効率は良いことになります。

ちなみにガラスは1、空気は0.025などです。(数字が小さいほど熱を伝えにくい)

缶ビールはアルミ缶ですが、夏ぬるい缶ビールを早く冷やしたい時は氷水に横に寝かせて缶を指で車輪のようにぐるぐる回すと早く冷えますので「冷やすのを忘れた!」時は試してみてください(余談でした)。

窓が原因の理由の一つにはアルミサッシが外の冷気を部屋内に伝え部屋の暖かさはアルミによって失う(熱量保存の法則)からです。

空気層が断熱層になる

先ほど空気は熱伝導率が低いと書きました。

それなら空気層を作れば寒さ対策になると思った方、あなたは素晴らしい感覚の持ち主です。

窓の内側に空気層を作れば熱の伝導が小さくなる。

つまり暖かさが逃げづらくなると言う訳です。

内窓と言う解決策

空気と言う断熱材を層にすれば防寒対策になります。

これが『内窓』とか『二重窓』と言う考え方です。

内側の窓はアルミではなく樹脂製ですので熱伝導率は低いので心配は不要です。

高額な費用がかかるのでは?

リフォーム会社や工務店で価格はバラバラなので一概に言えませんが、サッシのカバー工法よりもかなり安く出来るはずです。

加えて工事時間は窓1箇所30分から1時間程と短いです。

(※事前の採寸やメーカーで製作する時間や日数は入っていません)


LIXIL「インプラス」

YKKap「プラマード」

寒さ対策は窓リフォーム

窓サッシはアルミから樹脂へ

昔、と言っても50年程前までは窓は木組みが主流でアルミはありませんでした。

その後団地がステイタスになった頃は窓は鉄枠でした。

つまり丈夫になった、と日本人は喜んでいたのです。

その後アルミサッシが主流になり現在までサッシと言えばアルミが殆どです。

密閉性はかなり高くなり外からの騒音防止や台風でも雨が浸入しない、衝撃にも強今割には軽く、鉄に比べて加工がしやすいなどメリットは多いです。

しかしデメリットもあります。

そのデメリットがあるのでヨーロッパ、特にドイツ、ではアルミサッシはないようです。

アルミは熱伝導率が高いので、冬場は外の気温をそのまま部屋うちに伝えてしまいます。

特に冬は部屋の中が暖かく湿度が高いとアルミサッシは簡単に結露します。

それを防ごうと不二サッシは内側が樹脂になっています。

分かり辛いかも知れませんが左側(部屋側)が色が違います。

この部分が樹脂になっています。

そのうちに窓は樹脂製が主流になるのではないでしょうか?

熱伝導率の低い樹脂なら結露も少なくなりカビの発生が抑えられるので健康にも優しいのです。

サッシに関するご質問はこちらまでお願いします。

日本の住居が暑い理由

日本の窓は世界でも取り残されているくらい遅れているようです。

先進国ドイツでは使用禁止の素材が日本の窓には使われています。

日本でも昭和の30年代までは窓は木で作られていました(もちろんガラス以外の部分です)

ドイツではかなり前から樹脂製の窓になっています。韓国は普及率が80%ほどあるそうです。

日本では当たり前のアルミサッシが実は遅れているのです。

https://gentosha-go.com/articles/-/28478

アルミは熱伝導率が非常に高いので夏は外の熱を部屋内に伝えてしまいます。

もちろん、冬の外の温度も中に伝えてしまいます。

冬、0度の時雑巾でアルミの手摺りを拭くと白くなります。これは瞬時に水分が氷結してしまうのです。

YKKap樹脂製のサッシは結露が出ないのでカビの発生は抑止できるなどのメリットを記載していますので確認して下さい。

デメリットは上記のYKKapのホームページには記載がないようなので記します。

  • アルミより強度が弱い
  • 紫外線に弱い
  • 高価

マンションは窓サッシは共有部になるので勝手にリフォームできません。

そんな環境で結露を防ぐ、断熱効果が欲しい場合は内窓を取り付けることが望ましいです。(内窓は樹脂製です)

YKKapはプラマード、LIXILはインプラスが主なブランドです。

内窓についてのご質問はこちらまで