鉄管の錆

水漏れの原因

鉄管の水道管。

真っ直ぐなところよりも継手から老朽化が始まり漏れが起きるのです。

今回のこの鉄管は給湯器に送っている給水管ですがかなり劣化が進んでいました。

築年数30年以上(昭和に竣工した建物)はこのような鉄管が壁内、床下にありますので要注意です。

建物の中にあると漏水の原因になります。

過去やった工事で分かりやすい記事では排水管から水漏れが発生しましたが、排水は圧が掛かっていませんが給水管にはかなりの圧があるので漏れ始めると止まりません。

マンションの管理組合では『リフォームの時には配管も交換』を推奨しているところはかなりあります。

この管の状態を見ると納得していただけると思います。

配管リフォームの提案

配管のみのリフォームをするケースとリフォームの時に配管のリフォームも同時に行うケースで考えてみます。

配管のみのリフォームの場合は床下の配管を入れ替えるので床を剥がします。

その他、洗面化粧台は一旦外します。

キッチンまでの配管経路も交換したいのでキッチンも一旦外します(ガス工事も伴います)。

ユニットバスは床下まで手が入らないので途中までになります。

洗濯機用蛇口は壁の一部を解体しなければなりません。

水道工事だけではなく、大工工事、壁紙の工事などが必要になります。

水回りのリフォームの時に配管交換をする時は殆ど外されているので、プラスするのは床の工事位です。

リフォームの時は配管交換工事のみが加算されるだけです。

配管のみの場合はフローリング工事、壁の復旧、内装の工事が加算されます。

加えてユニットバスの付近は配管は入れ替えが出来ない。

などのデメリットを考えるとリフォームの時に配管の入れ替えを行う方がかなり安く出来ます。

便器から水漏れ?

トイレに入ると床が濡れている。

トイレ内の水漏れの主な原因

  • タンクにつながっている給水管から漏る
  • 便器とロータンクの継ぎ目から漏る
  • 便器と排水管の継ぎ目から漏る
  • タンクに亀裂が入っていて漏る
  • 洗浄便座の本体から漏る
  • 洗浄便座の給水管から漏る

などが考えられます。

今回は温水洗浄便座本体からの水漏れでした。

洗浄便座を交換すれば良いだけですがお客様のご要望で便器本体も交換します。

INAX社製の便器ですがINAXではなく、「INA」と記されているので、かなり古い便器です。

排水管の位置を考えるとリフォーム専用の便器(TOTOの場合はリモデル便器と言います)が使用できません。

どうするかと言うと。。。

床を開口し、排水管を切り回して位置をずらします。

したがって、床の面材(今回はクッションフロア)も貼り替えます。

戸建ての1階のトイレの水漏れでしたから、下の階はありませんので被害もなく無事でした。(階下への実際の水漏れ

水漏れの時は必ずし水栓で水を止めましょう

トイレのタンクの右か左に給水管があると思います。

そこに止水栓がありますので、トイレで水漏れが発生したら使用後に水を止めるようにして下さい。

水漏れの原因は前述した箇条書きのどれかだと思います。

原因がわかればその下に洗面器などをあてがって水で床を濡らさなようにしましょう。

トイレの床は板張りの場合が多いので床を腐らせないように注意して下さい。

原因が分かれば修理なりリフォームなりが進められます。

使用年数が30年以上の場合は、可能であれば便器も取り替えた方が心配が少なくなりますのでお勧めです。

もうそろそろ便器を新しくするべきか悩んでいる方、質問はこちらへどうぞ

水漏れ調査の費用はいくら?

水漏れが発生した場合、いくらくらいかかるのかが分からないと頼むにも頼めませんよね。

出張費、そしてすぐ原因が突き止められるような調査であれば1万円~1万5千円位と考えてください。

ただし、ここに色々と問題が出てきます。

例えば、階上で水漏れが起きた場合は上の階の人が在宅していれば良いのですが、そうでない場合調査が出来ません。

仮に階上の方がいる場合、調査をする上で例えば天井を開口しなければならない場合は別途費用が掛かってきます。

もちろん、修復にも費用が掛かります。

以前のブログで上げましたが、仮にダウンライトがあった場合で且つ穴が大きい場合ダウンライトの器具を外せば何とか天井裏が見えるので調査も出来ましたが、必ずしもそうでない場合があるので、その場に合わせた調査が必要になります。

また、階下に水漏れを起こした場合は階下の方が在宅しているか否かでまた階下の方の予定に合わせて調査の予定を取り決めなければなりませんので、別途の出張費や調査費が発生することもあります。

このように価格を明記しないのは諸々の付帯工事が別途発生するからです。

ただし、このような水漏れ事故は火災保険で支払いができる場合がありますが、共済とかだと意外と支払ってくれないケースは多く見られますのでご注意ください。

必ず保険を見直しておかないと保険料は支払っているのにいざと言うときに保険適用外になることがあるので、是非今一度見直しをお勧めします。

特に賃貸で済んでいる方は「借家人賠償保険」の中身を良く吟味してください。支払いができません、と言われることもあります。

階下への水漏れがあった場合、最悪なのは汚水管や雑排水の排水管からの水漏れです。この場合、後々臭いが残ることもあり部屋が臭いと言われると内装工事費用がかなりの金額になる場合もあるのです。

内装材だけならまだしも、建具とか、壁のボードとかの交換になるとかなりの規模になります。

まずは漏水の原因を突き止めることが第一。

そして、漏水を止めることが第二。

その後被害の箇所を復旧することとなります。(他人のお部屋の復旧工事や家財道具の被害補償、自宅の復旧工事などなど)

※水漏れと雨漏りは状況が異なります。雨漏りの場合は原因を調査するのに数日~数か月掛かる場合もあるので、なかなか費用がお伝え出来ません