コンロはガスかIHか

高齢者がコンロを使うのは危ないと言われます。

その理由として空焚きをして火事を起こしてしまう料理をしている時袖に火がついて大火傷をしてしまうから

と言う声を聞く事があります。

事実、弊社でも高齢者を抱える娘さんからガスをやめてIHヒーターに交換した事例があります。

IHクッキングヒーターに替えるには新たに200Vの配線の電気工事が必要です。

費用は掛かりますが人命には代えられませんし、火事を出した事を考えればかなり安いと考えるべきでしょう。

IHも魚焼きグリルが進化しています。

鍋を置くところはIHは五徳がないのでスッキリ感はIHの方でしょうか。

ただ、ガスコンロもかなり進化しています。

全てのメーカー共に、空焚きすると自動消化の機能は標準装備です。

袖に火が着かないかどうか心配な方はセンサーで火が小さくなるコンロがあります。(※トップ面から11cm以内の高さの異物を感知した時)

パロマのコンロは手を近づけるとセンサーが反応して火を小さくしてくれるAIが備わっているものがあります。

必ずしもIHにしなくても安全性はガスでもかなり向上しています。

それでも火が怖いという方はIHが良いと思います。

高齢者の火事が怖いIHコンロに

IHクッキングヒーター

介護をしている方にとって恐怖なのが高齢者「火」の取り扱いです。

「火事になったら・・・」と思うとコンロを使ってほしくない。

私は、父親がヤカンの火に気付かず数時間「火」を点けっ放しだったことがあります。

私の帰宅が30分遅かったら火事になっていたかもしれない、と思うと本当に恐ろしいです。

最近のコンロは空焚き防止があるので、安全になっています。

以前、一人暮らしで料理もご自分で作る高齢者がいましたが、お勤めの娘さんからIHにしたいとのご希望がありました。

「火」のコンロだと、袖に火が移った時の事を考えると恐ろしい。

火事にもなる、まかり間違えば「死」に至ることもある。

すぐにIHにしたい、安くあげたい、と言う方

ガスコンロをIHに交換したい、と言う方もいらっしゃると思いますので、簡単に出来る案を一つ。

コンロ用のガス栓を閉めます。

ガスコンロの上に板を置きます。

その上にポータブルIHクッキングヒーターを置いて使えば即座にIHに変更できます。

もし、ガス栓を開けて使うかもしれないと思ったら、ガス会社に連絡をしてコンロが使えないようにプラグ止めをしてもらえばコンロは使えないようにできます。

上記のポータブルIHクッキングヒーターは1400Wあるので他の器具と一緒に使うとブレーカーが落ちる可能性があります。

デメリットとしては

  • コンロの上にIHを置いたら位置が高くなって使いづらい
  • 安定性が悪く使い勝手が悪い
  • 美観を損ねる
  • 2口欲しい
  • ビルトインが良い

ガスコンロを撤去してIHクッキングヒーターに入れ替える工事はもちろんできます。

質問があればお気軽にお寄せください。

例えば、板はどの位の厚さで、どうやって置くのか?など何でもどうぞ。