お風呂の追い焚き追加工事

昔は追い焚きがついていたお風呂を追い焚きなしになっています。

浴槽に追い焚き用の穴が開いているのでこれを利用すれば追い焚きは復活出来ます(元々追い焚きがないお風呂はできません)。

追い焚き専用の管を新設します。

それと同時に給湯器は追い焚きが出来る物にしないと追い焚きは出来ません。

新しい給湯器はリンナイのRUF-A1615SAW(B)です。

ガスは都市ガス仕様で、東京ガスライフバルで接続してもらいました。

追い焚きが出来るようになると冬場はお湯が冷めても温め直す事が出来ます。

今は暑い日が続くのでそれ程ありがたい機能に感じられないかもしれませんが、冬は身に染みると思いますよ。

新しい給湯器は自動でお湯張りをしてくれます。

例えばリモコンの設定で160リットル溜まったら止められます。

湯張りは手動だとうっかり忘れて溢れてしまう、そんな経験をした方は多いと思いますが、そんなうっかりミスはなくなります。

給湯器交換の時は機能を確認しましょう。

追い焚き、湯張り、給湯器に関するご質問はこちらまでお願いします。

給湯器交換

給湯器の交換です。

配管カバーを外します。

給水管、給湯管、ガス管を外します。

電気も外して、給湯器本体を外します。

新しい本体を取り付けます。

配管にカバーをします。

配管カバーを取り付けて完了です。

この配管カバーは既存の物をそのまま使いました。

一旦『給湯器が復活した』との連絡があったのですがその夜に『やっぱりダメ』と再度ご連絡があり、一度キャンセルした給湯器ですが、翌営業日に再度注文をしました。

どうも壊れたものが直ると言うのはなかなかないようです…

給湯器交換

給湯器の故障は突然に。

どこかで聞いたようなタイトルですが、御贔屓にして頂いているお客様からお電話を頂きました。

「お湯が出なくなった」と。。。

「少し前からリモコンの調子がおかしかった」と仰っていました。

その時にお知らせ頂ければ・・・

でも、毎日普通にお湯が出るので、急に悪くなるとは思わない、と言うのと、もう少し何とかなる、と思うのですね。

10年以上経過していて「何か調子がおかしいな?」と思ったら早めの交換をお勧めします。

とは言え、「まだ使える物を交換するのは抵抗がある」と思うのもごもっともです。

でも、壊れると本当に「突然」ですから、要注意です。

今回もお盆休み真っただ中の出来事。

メーカーは8月19日までお休みで問い合わせもできない状態。

タイミングが悪かったとしか言えません。。。

ただ、幸いにも子供さんご家族がお隣なので、交換するまではそちらでお世話になるとか…

配管や電源などを確認して帰りました。

心苦しいのですが、メーカーが休みの為、お盆休みが明けてからの見積もり提出になってしまいます。

皆様も「?」と思ったら早めの交換をお勧めいたします。