お風呂の追い焚き追加工事

昔は追い焚きがついていたお風呂を追い焚きなしになっています。

浴槽に追い焚き用の穴が開いているのでこれを利用すれば追い焚きは復活出来ます(元々追い焚きがないお風呂はできません)。

追い焚き専用の管を新設します。

それと同時に給湯器は追い焚きが出来る物にしないと追い焚きは出来ません。

新しい給湯器はリンナイのRUF-A1615SAW(B)です。

ガスは都市ガス仕様で、東京ガスライフバルで接続してもらいました。

追い焚きが出来るようになると冬場はお湯が冷めても温め直す事が出来ます。

今は暑い日が続くのでそれ程ありがたい機能に感じられないかもしれませんが、冬は身に染みると思いますよ。

新しい給湯器は自動でお湯張りをしてくれます。

例えばリモコンの設定で160リットル溜まったら止められます。

湯張りは手動だとうっかり忘れて溢れてしまう、そんな経験をした方は多いと思いますが、そんなうっかりミスはなくなります。

給湯器交換の時は機能を確認しましょう。

追い焚き、湯張り、給湯器に関するご質問はこちらまでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です