裸電球からLEDへ

トイレの照明を裸電球からLEDに変えます。

本当に電球が裸で露出しています。

スイッチをOFFにすると

こんな感じです。

40ワットでもトイレならかなり明るいと思います。

今はすっかりLEDに移行しており、裸電球を見ることも少なくなっているのではないでしょうか。

仮の計算ですが、40Wの裸電球を1時間点けると1.08円ですが、これが40W相当のLEDの場合、0.13円。

約1/8の金額になります。

LEDを消し忘れて会社に行ったとしても10時間とすると1.3円です。

かたや裸電球だと10.8円なのでやはり金額差はかなりあります。

見た目もLEDだと昭和な感じにはなりません。

(個人的な意見ですが壁紙の貼替と同時に行うと照明の明るさがさらに増しますし、照明器具のみを替える時の費用よりも内装も含めた方が結果としてリーズナブルになります)

点灯しているLEDですが、電球色です。白ではありません。

写真を撮るとどうしても光度が高いので白っぽく写りますがかなりオレンジ色です。

ダウンライトに似た感じです。厚みは3cmです。

ダウンライトにするには天井に穴を開けなければならず工事費も大きくなりますがこの薄型シーリングライトは線を繋ぎ変えるだけなので交換も短時間で終わります。

これでメーカーで言う40,000時間切れないとなると、10年から18年は球切れはないでしょう。

点灯しなくなったら本体ごと交換が必要ですが、20年以上電球交換することはないかもしれません。

メーカー名や価格などご質問はこちらへどうぞ

ダウンライト

最近のダウンライトはLEDなので小さくなっています。

昔のダウンライトは直径が200mmはザラにあったのですが、今は100Φがメインです。

天井にデカイダウンライトがあるとかなり存在感を主張しているな!と思いますが100Φ位だと明るいのに存在感を感じさせないのです。

今回、廊下は200Φのダウンライトでボール球のタイプだったので、LEDの100Φのダウンライトに変更しました。

天井の石膏ボードの大きな穴は塞いで少し位置をずらして100Φの穴を開けました。

洗面室も同じ大きさだったので位置をずらしてやはり100Φの穴を開けようとしたのですが、配管が通っているのでダウンライトの取付が出来ません。

また、開口は100Φですが、LEDのユニットがあるので高さが80ミリ以上、ユニットの長さが150ミリあるので洗面とトイレはダウンライトに出来ません。

そこでダウンライトのような照明器具、薄型シーリングライトに変更してダウンライトのような雰囲気の物にしました。

なんとなくダウンライトのような感じに見えませんか。

廊下はダウンライトにしました。

ダウンライトで、100Φの開口寸法です。

トイレもダウンライトにすると天井裏に邪魔があるので薄型シーリングライトにしました。

照明器具は小型化されていますが、明るさはかなりあります。

大きなダウンライトよりも小さなダウンライトの方がインテリアとしては美しいのです。

天井裏の条件で使える器具と使えない器具もありますので、その時に判断するのが良いと思います。