家財道具を処分する

家財道具の廃棄処分。

今まで使っていた家具、電化製品、洋服、ふとん、写真、テーブル、食器などの廃棄処分。

家具をそのままトラックに積むと「かさ張る」ので解体します。

四角い家具の中は空気ですから、空気も容量として換算されると費用ばかり掛かってしまいます。

例えば洋服ダンスが4竿、本棚が6本、チェストが3竿、カラーボックスが5本などをそのままトラックに積むとこれだけで2t車が満載になります。

これを解体して板状にすればカサはかなり減ります。

ガラスは危ないので、解体時に慎重に別にします。

引き出しもかさ張りますので、解体します。

下の画像は2階の家具もおろして解体したところです。(引き出しはまだですが)

座卓も脚をバラします。

何しろコンパクトにして積むようにします。

なお、液体は別途料金が掛かります。特に廃油はそれぞれ廃棄処分するところに相談しますので、割高になります。

例えば、てんぷら油などはまだ良いのですが、塗料は塗料の廃棄処分、可燃物の第3石油類などはまた別の廃棄処分が必要となりますので、調査費、運搬費、処分費などが別にかかってきます。

消火器は国産のみで、サイズによって廃棄する価格も変わってきます。

畳は別料金で1帖の処分費が3000円です(㎥数には換算されません)。

全ての物が廃棄出来るわけではありませんが、遺品整理や断捨離、引っ越しの時の不要物などご相談下さい。

また、物置の解体も行います(別途費用が掛かる場合がございます)。

解体に1時間半ほど要しました。

ネジが錆びていてインパクトドライバーでも回らず、グラインダーで切断する箇所がかなりあったのでどうしても時間を取られました。

解体すると鉄の板と鉄の角材になりましたので、何とか積むことが出来ました。

これで施主様も喜んで頂けると思います。

断捨離

断捨離。

何度か書いてきましたが、やはり長年の積み重ねはなかなか手強いもので、1台のトラックでは積みきれません。

また明日お越し願うことに。

ただ、家具の解体が功を奏したと思われ10竿以上あった家具もただの板切れになったのでかなり凝縮されたとおもっております。

 

トラックに積み込むだけで2時間以上かかりました。

あいにくの台風模様の中、雨も降りましたが運良く土砂降りにはならず積み込み終了後トラックは帰っていきました。

明日、残りを積み込み断捨離を終了します。

断捨離後、プチリフォームをし、その後入居のご予定です。

断捨離(廃棄処分)

昨日に続いて断捨離の現場です。

家具を解体して出来るだけコンパクトにしてきました。

全て板状にしました。

すると

かなり圧縮されました。

箪笥を2tトラックに積むと6竿位で一杯になるはずで、かさばってしまいます。

それが10本以上の家具やスチール棚が積めるようにしました。

今日も暑くてヘトヘトですが、かなりの家具を解体しました。

この現場とは関係ありませんが、遺品整理もやっております。

ただ、遺品整理はご家族の方の立会いの下で行いたいです。形見であるとか、思い出のお品などはご家族しか分からないものです。廃棄した後で『何故捨てた』などの行き違いのないようにしたいと考えております。

遺品であっても、普段使っていたものであっても大切な物は変わらないので必ず打ち合わせをした上で行います。

断捨離は必要です

長年ご贔屓にして頂いているお客様より、引越しをするから引越し先を見て欲しいと。

お母様が最近老人ホームに移られたそうで、家具などを処分したいとのこと。

家具やお荷物が占拠しているので、引っ越すにも引っ越せないとのこと。

処分するのはできますが、家具は中にものが入っていない場合は空気が入っています。

廃棄処分は立米計算になるので、空気を運んでも仕方がないので、家具を解体し少しでも嵩を減らさなくてはならないのです。

明日、コンパクトにする為に伺います。

長年蓄積した家具や様々な物はなかなか捨てられないですよね。

でも、断捨離がキーワードです。

私も介護をした側の者です。

親が溜め込んだ(私にとっての)不要物を処理するのはかなり大変です。

アルバムは親の若い頃が分かる貴重な資料ですが、割り箸が束になっていたいり食器も使わない物が多いし、父親は日曜大工に必要な(中には不必要な物も多々)道具があったり…

それはさておき、整理整頓はかなりの労力が必要です。

できれば、年に1回は整理をしたいものですね(それが出来れば苦労はしないのですが…)。