防音室の扉2

防音室の扉は高ければ高いほど良いか?

前回「目的」と「環境」を考慮しましょう、とお伝えしましたので説明を致します。

目的

例えばピアノを防音する場合とフルートを防音する場合では周波数帯域が異なります。

ピアノの帯域は27.5Hzから4186Hzです。

これに対してフルートは250Hz~2000Hzです。

圧倒的にピアノの周波数帯域が広いですね。

ピアノは・・・

  • 周波数帯域が広い
  • ピアノは床に楽器が接している
  • 響板が内蔵されより大きな音が出せる(ダイナミックレンジも広い)
  • 一度に出せる音が多い(和音に限らず)
  • 鍵盤を叩くように発音することもあり床に振動が伝わる
  • 発音した音の方向性がある

ピアノを演奏するなら固体振動も含めて防音性能を高めなければなりませんがフルートなどの木管楽器ならそれほどの性能は必要ありません。

  • どれくらいの音量なのか
  • ダイナミックレンジは
  • 空気振動だけか
  • 固体振動を伴うか
  • 何人で使うか

これが防音の目的です

環境

  • 木造住宅なのか鉄筋コンクリート造か
  • 繁華街か住宅街か
  • 集合住宅か一軒家か
  • 防音室の隣に部屋や廊下はあるか(緩衝空間の有無)

防音室を考える時に環境によっても透過音の許容レベルが違いますので「目的」と「環境」を考慮した扉選びをすべきだと思います。

何が何でも鉄扉が良いとも言えないのはそんな事情も考慮する必要があるのです。

ただし、目的や環境を考慮して予算内に収まらないことも多々あります。

扉の種類

鉄扉

低周波数域から高周波数域を見てみるとG45は低周波数域の透過音減衰に優れていますのでまさにピアノや金管楽器に適しています。

Sシリーズはかなり優秀で全体的に高レベルな減衰です。

-35dB~-40dBと優秀ですし、遮音性能参考値を示すグラフもかなり良い数値だと思います。

これもピアノには適していると思います。

AシリーズはSシリーズに比べると減衰率が低いようです。

-30dB~-35dBと防音としては一般的だと思います。

しかしサックスフォンなど割と大きな音が出るものでも大丈夫ではないでしょうか。

カラオケ店に採用されているドアです。-25dB~-30dBと割と外に漏れ出る音が多いと思います。でも木管楽器で部屋の中に防音室と言う箱を設営するなら問題ないかと思います。

結論:現場の環境と予算と相談しながら決める

防音室は床や壁、そして天井にも防音を施さなくては防音出来ません。

壁などの箱が防音レベルが低いのにドアのみ高性能でも防音効果は期待できません。

逆に箱は防音性能が高いのにドアの性能が低くても漏れは大きくなります。

必ずしも鉄扉が良いとは限らないと言ったのそう言う訳です。

他の方法としては扉を二重にすると言う方法もありますのでぜひお問合せ下さい。問い合わせは無料ですから。

お問合せはお気軽に

電話:044-861-11126

解決工房 田辺まで

ローコスト防音室(フルート用)2

どのような間取りのどこを防音室にするか

簡易に防音と言ってもどんな間取りでどんな風に防音対策をしたのか、説明します。

防音と言ってもワンルームマンションや木造の2LDKでは施工方法が違いますし、そもそも設計が変わります。

私の住んでいる家は賃貸物件で、物件の形態は木造のテラスハウスです。

木造2階建ての1区切りが隣り合って並んでいると言うイメージで、区切っているのは(外壁で隔たっているのではなく)内壁ですので、隣戸とはアパートのような感じで隣り合っています。

私が住んでいるのは2LDKの1室、和室をフルートの練習場所にしようと企てました。一つメリットとしては畳は少なからず防音効果があるからです。

間取りをご覧下さい。2階です。階段を上がると各部屋に行ける廊下があります。一番奥の和室をローコスト防音室にします。

現況は・・・

この間取りを見ると分かる通り隣のお宅と内壁で仕切られています。

幸いなことにテレビの音、話し声などは一切聞こえませんので、隣戸との間仕切壁はしっかりと造作されていると思います。

唯一聞こえるのは階段を上がり下がりする時の足音か引き戸の開け閉めの音がかすかにする程度です。つまり固体振動音のみです。

階段や廊下で耳をそばだててもテレビや音楽、話声は一切聞こえません。

階段・廊下で一定以下の騒音であれば隣戸にはそれほど聞こえないと言う事です。

そこで、階段廊下で50dB以下を目標に防音対策をしました。

50dBは例えると静かな事務所、エアコンの室外機レベルです。(お隣から話し声や子供の声さえ聞こえてきませんのでこれ位なら大丈夫でしょう)

無料(ただ)の吸音材

なるべくコストをかけないようにと思い、遮音材は石膏ボード9.5mm、吸音材は段ボール(リフォーム工事で大量に出るので)を使用しました。

何故段ボールにしたかと言うと工事で出た段ボールを車に積んで持ち帰る時車の騒音がかなり下がっている事を以前から感じていたからです。「これは吸音材になるに違いない」と考えたのです。

しかし、測定すると最大で59dB前後までの音量がありました。概ね60dBと言うとトイレの洗浄音、普通の会話、静かな乗用車とあります。

ただ、これでは納得できず、さらに下の最大50dBまで下げたいと思います。可能ならその下の40dB台まで下げようと考えました。

段ボールの限界

段ボールの効果は多少なりともあったものの、やはり二重や三重では限界があるようでやるなら10枚重ね位までしないと効果が出ないようで断念します。

空気振動を極力遮断する

また、隙間もなるべくなくしたいと思い、その辺も考慮することにしました。

何故、隙間をなくのか、と言うと空気振動なので、小さな隙間からも音は伝達するのです。

この対策にはコーキング剤を利用します。

段ボールだとかなりの容積が必要になってしまいます。

今回の結果

ローコストにこだわり過ぎて段ボールをかなり用意したのですが良い結果は得られませんでした。

では吸音材は何にすれば良いだろうか、さらに遮音材の性能を上げるにはどうすれば良いだろうか?

これを次の回にお届けします。