壁紙は何を選ぶ?

壁紙(クロス)をどう選ぶか、かなり難しい問題です。

以前は白い壁紙で貼り替えれば「明るくなる」と言われていました。

事実、賃貸物件では内見時に印象を良くする為に「白」が好まれます。

しかし人間工学的に言うと「白」は人を落ち着かせる色ではないとのこと。

ではどんな色を選べば良いでしょうか?

私達がお勧めするのは少しベージュとか少しグレーのクロス。

(サンゲツのクロス『Fine』のデザイン案はこちら

また一面だけ柄(や色)を変える「アクセントクロス」もお勧めです。

ただこのアクセントクロスをあまり多用するとアクセントではなくなるのでご注意下さい(かなりしつこくなります)。

他業者さんの事例ですが色を多用し過ぎて全く落ち着きのない空間が出来上がっていました。

一見するとにぎやかなのですが、いざ生活を始めると「うるさい」と感じ、帰宅した後心が休まらなくなると思います。

花柄が好き、とかピンクが好き、イタリア系のインテリアが好きなど好みは様々ですが、凝り過ぎると不自然になってしまいます。

床の色が既に決まっている場合、床に合わせ同系統の色を濃淡で組み合わせるのが良いと思います。

なお無地ではなく「柄」を選ぶと柄合わせの為必要なクロスのメーター数が必要なので割高になることを覚えておきましょう。

どう言うことかと言うと、まずクロスを貼ります。その隣にも同じ柄のクロスを貼ります。この時柄を合わせなければnなりません。

柄合わせのポイントが60cm毎にあるクロスを選ぶと、無地のクロスより3割〜4割費用が高くなります。

ピンクが好きな方は天井も壁もピンクにしたいと思うようですが、ピンクだけで統一するのではなく天井は白とか逆に淡いグレー(出来ればブルーグレー)などを合わせるとピンクが活きると思います。

床や扉の色やお好みの色や素材感などがさりげなく反映されると、それはあなたにとって一番のお部屋になると思います。

リフォームの時はクロス選びも時間をかけて選びましょう。

殆どの方が壁紙を貼り終わった後を見ると「新築みたい」とおっしゃいます。

たかだかクロスなのですが、それだけ心に響くと言うことなのだと思います。

反射角度によって色が違って見えるクロス

クロス(壁紙)も遊び心のあるものがあるのだなあと思いました。

ちょっと面白い印象になると思ったのでお知らせします。

LBX-9195

白地のブロック状のデザインです。

細かい線がブロックで分けられていて、縦横斜めの線がそれぞれのブロックの中にあります。

電球色のライトで照らすと、元々の白に電球色が反射します。

視線によってですが、縦や横のブロックではなく斜めのブロックが電球色を反射して白とオレンジがブロック毎に色を変えます。

またところどころ、青い色も混ざって私が思っていたよりも面白いクロスだな、と感じました。

1箇所照明を消すと…

模様の雰囲気や色合いが変わって見えます。

リリカラのホームページでこのクロスを検索すると、あまりインパクトのないイメージが出て来ますが、今回私が撮影した画像がわかりやすいかと思います。

メーカーの写真では、ほぼ真っ白ですが、光の当て方によって模様のブロックが浮き出て、且つ色も変化して楽しめます。

例えば間接照明を効果的に使うとか、スポットライトで強く光が当たる所と弱い所のグラデーションなども面白いと思います。

ご質問はこちらまで